藤本  結衣

藤本 結衣

1654503300

Gitリストリモートブランチ

コマンドラインに入力してリポジトリのすべてのリモートブランチを一覧表示できる4つの異なるGitコマンドがあります。これらのそれぞれのコマンドラインコードの例を示します。

これらすべての例では、freeCodeCampのオープンソースリポジトリを使用します。

コマンド#1:git branch -r

このGitコマンドは、リモートブランチを表示します。ここでの-rフラグはの略です--remotes

freecodecamp➜~/web/freeCodeCamp(main)» git branch -r

Output: 
  origin/HEAD -> origin/main
  origin/i18n-sync-client
  origin/main
  origin/prod-current
  origin/prod-staging
  origin/renovate/react-i18next-11.x
  origin/renovate/typescript-eslint-monorepo

これは私が個人的に使用するコマンドです。したがって、必要に応じて、ここで読むのをやめて、git branch -rリモートgitブランチを一覧表示するときにいつでも使用できます。

ただし、完全を期すために、使用できる他の3つのコマンドを含めました。これらのコマンドは、さまざまなリストを返します。

コマンド#2:git ls-remote --heads

このGitコマンドは同じ情報を返しますが、これらのリモートのハッシュも含まれています。

freecodecamp➜~/web/freeCodeCamp(main)» git ls-remote --heads

Output: 
From git@github.com:freeCodeCamp/freeCodeCamp
12d742a4f0dfdcfae25d1b71aa738b4e91bfcb61	refs/heads/i18n-sync-client
f05262b823f5a578787e5387357383f09df9c5c1	refs/heads/main
6d89576b6c588e3e3daa90bdaf226a6f5cc3d9c5	refs/heads/prod-current
6d89576b6c588e3e3daa90bdaf226a6f5cc3d9c5	refs/heads/prod-staging
750af5a018008c9a7eac683b064adc016b990659	refs/heads/renovate/react-i18next-11.x
08e06f10363ab1d33156b83b2b01cad005c3a2cf	refs/heads/renovate/typescript-eslint-monorepo

コマンド#3:git ls-remote

このGitコマンドは、リモートリポジトリの名前だけでなく、Gitコミットハッシュを含むそれらの参照情報を表示します。

freecodecamp➜~/web/freeCodeCamp(main)» git ls-remote

Output:

! [origin/HEAD] chore(deps): update dependency @types/validator to v13.7.3
 ! [origin/i18n-sync-client] fix(client): prevent lower jaw breaking on code evaluation (#46154)
  ! [origin/main] chore(deps): update dependency @types/validator to v13.7.3
   ! [origin/prod-current] fix(curriculum): don't block fragment links (#46246)
    ! [origin/prod-staging] fix(curriculum): don't block fragment links (#46246)
     ! [origin/renovate/react-i18next-11.x] fix(deps): update dependency react-i18next to v11.17.0
      ! [origin/renovate/typescript-eslint-monorepo] chore(deps): update typescript-eslint monorepo to v5.27.0
-------

特別にフォーマットされた出力がたくさんあるので、私はあなたにアイデアを与えるためにスクリーンショットを含めるだけです:

freeCodeCamp _-_ freecodecamp_MacBook-Pro _-____ freeCodeCamp _-_- zsh _-_ 136-36-2

ここで端末に色分けとタイムスタンプが必要な場合は、OhMyZSHを使用することをお勧めします。

コマンド#4:git show-branch -r

このGitコマンドを使用する主な理由は、ほとんどすべてが表示されるため、+fを制御して特定のハッシュを見つけることができるためです。

自分の前でこれを使ったことは覚えていません。

freecodecamp➜~/web/freeCodeCamp(main)» git show-branch -r

Output:

From git@github.com:freeCodeCamp/freeCodeCamp
f05262b823f5a578787e5387357383f09df9c5c1	HEAD
12d742a4f0dfdcfae25d1b71aa738b4e91bfcb61	refs/heads/i18n-sync-client
f05262b823f5a578787e5387357383f09df9c5c1	refs/heads/main
6d89576b6c588e3e3daa90bdaf226a6f5cc3d9c5	refs/heads/prod-current
6d89576b6c588e3e3daa90bdaf226a6f5cc3d9c5	refs/heads/prod-staging
750af5a018008c9a7eac683b064adc016b990659	refs/heads/renovate/react-i18next-11.x
08e06f10363ab1d33156b83b2b01cad005c3a2cf	refs/heads/renovate/typescript-eslint-monorepo
36380c5a67938de35d7011e33855d45bb545300b	refs/pull/10/head
d12e25f250b91afc01a43af0067d7026c39473fa	refs/pull/100/head
56ff814f24385e5f76dc29bc4276c84e38ca9c5f	refs/pull/10006/head
f84bb9a94ea33e0994e2d40c779416f3caa3aa04	refs/pull/10007/head
7193b9c725ed97cd8cc99aba72ceffa40a79c8f8	refs/pull/10008/head

[30,000 more lines]

9656d9030eb472341eebf5e0fb46a3538740701b	refs/pull/9991/head
0545010ab9e1dac4aedca071669b6a86b35cabdc	refs/pull/9995/head
b5365d3106e188fa6782388221b1184dfb2ffc88	refs/pull/9995/merge
0545010ab9e1dac4aedca071669b6a86b35cabdc	refs/pull/9996/head
b5365d3106e188fa6782388221b1184dfb2ffc88	refs/pull/9996/merge
7e35af7b67c22b502cdfdf4663fafc788e75eeec	refs/pull/9997/head
d8f3a9cb2e6d41a95f610ac72efae30ca9952d6f	refs/remotes/origin/pr-39112-with-my-additional-commits-for-tests
d3aaa5a11e09f5996cfd5eb2f8b55f63785b4947	refs/remotes/upstream/master
56d78a11198a0d244bd131a8b9386b247212c5a1	refs/remotes/upstream/production-current
b73c7eac62d30fdc5e533f617dcd1b5e95306984	refs/remotes/upstream/staging

freeCodeCampリポジトリの場合、このコマンドは30,000行を超えるブランチを返しました。したがって、絶対にすべてを表示する必要がない限り、このコマンドを使用することはお勧めしません。😅

それで全部です。素晴らしい一日を過ごし、コーディングを楽しんでいただければ幸いです。

このストーリーは、もともとhttps://www.freecodecamp.org/news/git-list-remote-branches/で公開されました 

#git 

What is GEEK

Buddha Community

Gitリストリモートブランチ
藤本  結衣

藤本 結衣

1654503300

Gitリストリモートブランチ

コマンドラインに入力してリポジトリのすべてのリモートブランチを一覧表示できる4つの異なるGitコマンドがあります。これらのそれぞれのコマンドラインコードの例を示します。

これらすべての例では、freeCodeCampのオープンソースリポジトリを使用します。

コマンド#1:git branch -r

このGitコマンドは、リモートブランチを表示します。ここでの-rフラグはの略です--remotes

freecodecamp➜~/web/freeCodeCamp(main)» git branch -r

Output: 
  origin/HEAD -> origin/main
  origin/i18n-sync-client
  origin/main
  origin/prod-current
  origin/prod-staging
  origin/renovate/react-i18next-11.x
  origin/renovate/typescript-eslint-monorepo

これは私が個人的に使用するコマンドです。したがって、必要に応じて、ここで読むのをやめて、git branch -rリモートgitブランチを一覧表示するときにいつでも使用できます。

ただし、完全を期すために、使用できる他の3つのコマンドを含めました。これらのコマンドは、さまざまなリストを返します。

コマンド#2:git ls-remote --heads

このGitコマンドは同じ情報を返しますが、これらのリモートのハッシュも含まれています。

freecodecamp➜~/web/freeCodeCamp(main)» git ls-remote --heads

Output: 
From git@github.com:freeCodeCamp/freeCodeCamp
12d742a4f0dfdcfae25d1b71aa738b4e91bfcb61	refs/heads/i18n-sync-client
f05262b823f5a578787e5387357383f09df9c5c1	refs/heads/main
6d89576b6c588e3e3daa90bdaf226a6f5cc3d9c5	refs/heads/prod-current
6d89576b6c588e3e3daa90bdaf226a6f5cc3d9c5	refs/heads/prod-staging
750af5a018008c9a7eac683b064adc016b990659	refs/heads/renovate/react-i18next-11.x
08e06f10363ab1d33156b83b2b01cad005c3a2cf	refs/heads/renovate/typescript-eslint-monorepo

コマンド#3:git ls-remote

このGitコマンドは、リモートリポジトリの名前だけでなく、Gitコミットハッシュを含むそれらの参照情報を表示します。

freecodecamp➜~/web/freeCodeCamp(main)» git ls-remote

Output:

! [origin/HEAD] chore(deps): update dependency @types/validator to v13.7.3
 ! [origin/i18n-sync-client] fix(client): prevent lower jaw breaking on code evaluation (#46154)
  ! [origin/main] chore(deps): update dependency @types/validator to v13.7.3
   ! [origin/prod-current] fix(curriculum): don't block fragment links (#46246)
    ! [origin/prod-staging] fix(curriculum): don't block fragment links (#46246)
     ! [origin/renovate/react-i18next-11.x] fix(deps): update dependency react-i18next to v11.17.0
      ! [origin/renovate/typescript-eslint-monorepo] chore(deps): update typescript-eslint monorepo to v5.27.0
-------

特別にフォーマットされた出力がたくさんあるので、私はあなたにアイデアを与えるためにスクリーンショットを含めるだけです:

freeCodeCamp _-_ freecodecamp_MacBook-Pro _-____ freeCodeCamp _-_- zsh _-_ 136-36-2

ここで端末に色分けとタイムスタンプが必要な場合は、OhMyZSHを使用することをお勧めします。

コマンド#4:git show-branch -r

このGitコマンドを使用する主な理由は、ほとんどすべてが表示されるため、+fを制御して特定のハッシュを見つけることができるためです。

自分の前でこれを使ったことは覚えていません。

freecodecamp➜~/web/freeCodeCamp(main)» git show-branch -r

Output:

From git@github.com:freeCodeCamp/freeCodeCamp
f05262b823f5a578787e5387357383f09df9c5c1	HEAD
12d742a4f0dfdcfae25d1b71aa738b4e91bfcb61	refs/heads/i18n-sync-client
f05262b823f5a578787e5387357383f09df9c5c1	refs/heads/main
6d89576b6c588e3e3daa90bdaf226a6f5cc3d9c5	refs/heads/prod-current
6d89576b6c588e3e3daa90bdaf226a6f5cc3d9c5	refs/heads/prod-staging
750af5a018008c9a7eac683b064adc016b990659	refs/heads/renovate/react-i18next-11.x
08e06f10363ab1d33156b83b2b01cad005c3a2cf	refs/heads/renovate/typescript-eslint-monorepo
36380c5a67938de35d7011e33855d45bb545300b	refs/pull/10/head
d12e25f250b91afc01a43af0067d7026c39473fa	refs/pull/100/head
56ff814f24385e5f76dc29bc4276c84e38ca9c5f	refs/pull/10006/head
f84bb9a94ea33e0994e2d40c779416f3caa3aa04	refs/pull/10007/head
7193b9c725ed97cd8cc99aba72ceffa40a79c8f8	refs/pull/10008/head

[30,000 more lines]

9656d9030eb472341eebf5e0fb46a3538740701b	refs/pull/9991/head
0545010ab9e1dac4aedca071669b6a86b35cabdc	refs/pull/9995/head
b5365d3106e188fa6782388221b1184dfb2ffc88	refs/pull/9995/merge
0545010ab9e1dac4aedca071669b6a86b35cabdc	refs/pull/9996/head
b5365d3106e188fa6782388221b1184dfb2ffc88	refs/pull/9996/merge
7e35af7b67c22b502cdfdf4663fafc788e75eeec	refs/pull/9997/head
d8f3a9cb2e6d41a95f610ac72efae30ca9952d6f	refs/remotes/origin/pr-39112-with-my-additional-commits-for-tests
d3aaa5a11e09f5996cfd5eb2f8b55f63785b4947	refs/remotes/upstream/master
56d78a11198a0d244bd131a8b9386b247212c5a1	refs/remotes/upstream/production-current
b73c7eac62d30fdc5e533f617dcd1b5e95306984	refs/remotes/upstream/staging

freeCodeCampリポジトリの場合、このコマンドは30,000行を超えるブランチを返しました。したがって、絶対にすべてを表示する必要がない限り、このコマンドを使用することはお勧めしません。😅

それで全部です。素晴らしい一日を過ごし、コーディングを楽しんでいただければ幸いです。

このストーリーは、もともとhttps://www.freecodecamp.org/news/git-list-remote-branches/で公開されました 

#git