山岸  英樹

山岸 英樹

1633756980

ASP.Netでの3層アーキテクチャの作成と実装

この記事では、ASP.Netでプロジェクトの3層アーキテクチャを作成および実装する方法について説明します。

3層アーキテクチャ
3層アーキテクチャ
 
 

レイヤーとは何ですか?


レイヤーは、特定の機能を実行するコードの再利用可能な部分です。

.NET環境では、レイヤーは通常、この特定の機能を表すプロジェクトとして設定されます。この特定のレイヤーは、特定の目標を実行するために他のレイヤーと連携することを担当します。
 
最初に後者の状況を簡単に見てみましょう。
 
 

データ層


DALには、ビジネスレイヤーがデータを接続し、データを返すかデータを操作するか(挿入、更新、削除など)に必要なアクションを実行するのに役立つメソッドが含まれています。
 
 

ビジネスレイヤー


BALには、データに関連するビジネスロジック、検証、または計算が含まれます。

Webサイトはデータアクセス層と直接通信できますが、通常はビジネス層と呼ばれる別の層を経由します。ビジネス層は、データ層からメソッドを呼び出す前に入力条件を検証するという点で非常に重要です。これにより、先に進む前にデータ入力が正しいことが保証され、多くの場合、出力も正しいことが保証されます。この入力の検証はビジネスルールと呼ばれ、ビジネスレイヤーがデータに関する「判断」を行うために使用するルールを意味します。
 
 

プレゼンテーション層


プレゼンテーション層には、.aspxやWindowsフォームフォームなどのページが含まれており、データがユーザーに提示されるか、ユーザーから入力が取得されます。ASP.NET WebサイトまたはWindowsフォームアプリケーション(プロジェクトのUI)は、プレゼンテーション層と呼ばれます。プレゼンテーション層は、誰もが見て使用する層であるという理由だけで、最も重要な層です。適切に構造化されたビジネス層とデータ層がある場合でも、プレゼンテーション層の設計が不十分だと、ユーザーはシステムをよく見ることができなくなります。
 
 

3層アーキテクチャの利点


ホストアーキテクチャの主な特徴は、アプリケーションとデータベースが同じホストコンピュータ上にあり、ユーザーが使いにくいダム端末を使用してホストと対話することです。このアーキテクチャは分散コンピューティングをサポートしていません(ホストアプリケーションは戦略的に提携しているパートナーのデータベースに接続できません)。一部の管理者は、ホストアプリケーションの開発に時間がかかりすぎ、費用がかかることに気付きます。その結果、これらの欠点がクライアントサーバーアーキテクチャにつながりました。

クライアントサーバーアーキテクチャは、クライアントがプレゼンテーション層とビジネス層を区別しないため、2層アーキテクチャです。GUIコントロールに対する需要の高まりにより、GUIからのソースコードとビジネスロジック(スパゲッティコード)の混合を管理することが困難になりました。さらに、クライアントサーバーアーキテクチャは変更管理を十分にサポートしていません。政府がエンターテインメント税率を4%から8%に引き上げるとします。その後、クライアントサーバーの場合、各クライアントに更新を送信する必要があり、特定の時間に同期的に更新する必要があります。そうしないと、無効または誤った情報。クライアントサーバーアーキテクチャは、ネットワークトラフィックとリソースへの負担でもあります。約500のクライアントがデータサーバーで作業していると仮定します。次に、500個のODBC接続といくつかのラフなレコードセットがあり、サーバーからクライアントに転送する必要があります(ビジネスレイヤーはクライアント側に残っているため)。Client-ServerにASP.NETのようなキャッシュ機能がないという事実により、ネットワークに追加のトラフィックが発生します。通常、サーバーはクライアントよりも優れたハードウェアを備えているため、クライアントよりも高速にアルゴリズムを計算できます。したがって、この事実は、3層アーキテクチャを支持する追加の議論でもあります。このアプリケーションの分類により、関数の再利用が容易になり、以前に作成された関数を見つけるのが簡単になりすぎます。プログラマーがアプリケーションをさらに更新したい場合は、以前に記述されたコードを簡単に理解し、簡単に更新できます。これはサーバーからクライアントに転送する必要があります(ビジネスレイヤーはクライアント側に残っているため)。Client-ServerにASP.NETのようなキャッシュ機能がないという事実により、ネットワークに追加のトラフィックが発生します。通常、サーバーはクライアントよりも優れたハードウェアを備えているため、クライアントよりも高速にアルゴリズムを計算できます。したがって、この事実は、3層アーキテクチャを支持する追加の議論でもあります。このアプリケーションの分類により、関数の再利用が容易になり、以前に作成された関数を見つけるのが簡単になりすぎます。プログラマーがアプリケーションをさらに更新したい場合は、以前に記述されたコードを簡単に理解し、簡単に更新できます。これはサーバーからクライアントに転送する必要があります(ビジネスレイヤーはクライアント側に残っているため)。Client-ServerにASP.NETのようなキャッシュ機能がないという事実により、ネットワークに追加のトラフィックが発生します。通常、サーバーはクライアントよりも優れたハードウェアを備えているため、クライアントよりも高速にアルゴリズムを計算できます。したがって、この事実は、3層アーキテクチャを支持する追加の議論でもあります。このアプリケーションの分類により、関数の再利用が容易になり、以前に作成された関数を見つけるのが簡単になりすぎます。プログラマーがアプリケーションをさらに更新したい場合は、以前に記述されたコードを簡単に理解し、簡単に更新できます。Client-ServerにASP.NETのようなキャッシュ機能がないという事実により、ネットワークに追加のトラフィックが発生します。通常、サーバーはクライアントよりも優れたハードウェアを備えているため、クライアントよりも高速にアルゴリズムを計算できます。したがって、この事実は、3層アーキテクチャを支持する追加の議論でもあります。このアプリケーションの分類により、関数の再利用が容易になり、以前に作成された関数を見つけるのが簡単になりすぎます。プログラマーがアプリケーションをさらに更新したい場合は、以前に記述されたコードを簡単に理解し、簡単に更新できます。Client-ServerにASP.NETのようなキャッシュ機能がないという事実により、ネットワークに追加のトラフィックが発生します。通常、サーバーはクライアントよりも優れたハードウェアを備えているため、クライアントよりも高速にアルゴリズムを計算できます。したがって、この事実は、3層アーキテクチャを支持する追加の議論でもあります。このアプリケーションの分類により、関数の再利用が容易になり、以前に作成された関数を見つけるのが簡単になりすぎます。プログラマーがアプリケーションをさらに更新したい場合は、以前に記述されたコードを簡単に理解し、簡単に更新できます。したがって、クライアントよりも高速にアルゴリズムを計算できるため、この事実は3層アーキテクチャを支持する追加の議論でもあります。このアプリケーションの分類により、関数の再利用が容易になり、以前に作成された関数を見つけるのが簡単になりすぎます。プログラマーがアプリケーションをさらに更新したい場合は、以前に記述されたコードを簡単に理解し、簡単に更新できます。したがって、クライアントよりも高速にアルゴリズムを計算できるため、この事実は3層アーキテクチャを支持する追加の議論でもあります。このアプリケーションの分類により、関数の再利用が容易になり、以前に作成された関数を見つけるのが簡単になりすぎます。プログラマーがアプリケーションをさらに更新したい場合は、以前に記述されたコードを簡単に理解し、簡単に更新できます。
 
3層アーキテクチャアプリケーションの作成を始めましょう。

 

1.「ファイル」->「新規」->「プロジェクト...」を使用して新しいプロジェクトを作成します。

新たなプロジェクト
 

2. Visual C#で[Web]を選択します。

([ASP.NET Webアプリケーション]を選択し、次のように名前を付けます:ThreeTierApp)

ASPNETWebアプリケーション
3。ソリューションにクラスライブラリを追加する方法:

クラスライブラリを追加する
新しいプロジェクトをクリックすると、次の画面が表示されます。

  • これから「クラスライブラリ」を選択し、「BussinessObject」という名前を付けます。

    クラスライブラリを選択

     
  • クラスライブラリの名前を「BussinessObject」として指定します。

    BussinessObjectとしてのクラスライブラリ

     
  • プロジェクトに別のクラスライブラリを追加します。
     
    (BussinessObjectを追加したのと同じ方法です。)
     
  • クラスライブラリに「Bussinesslogic」という名前を付けます。
  • 追加すると、このビューのように表示されます。

    ソリューションの追加

     
  • 「データアクセス層」と呼ばれるプロジェクトに最後のクラスライブラリを追加します。
  • BussinessObjectを追加したのと同じ方法で。
  • クラスライブラリに「DataAccess」という名前を付けます。

DataAccessへのクラスライブラリ

追加すると、ソリューションは次のようになります。
 

ソリューションの追加
 
これで完了です。プロジェクトにすべてのレイヤーを追加します。
 
以下の画像で3つの層を見ることができます。

3層
 
基本的に、3層アーキテクチャには、次の3つの層が含まれます。

  1. アプリケーション層またはプレゼンテーション層(当社のWebフォームとUIパーツ)
  2. ビジネスロジック層(Bussinesslogic) 
  3. データアクセス層(DataAccess)

ここでは、ユーザー登録フォームという簡単な例を使用して、各レイヤーについて説明します。
 

プレゼンテーション層
 
ここでは、プレゼンテーション層のユーザーインターフェイスを設計しました。

ユーザーインターフェース
「Userregistration.aspx」のデザインは次のとおりです。

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">  
<head id="Head1" runat="server">  
    <title></title>  
</head>  
<body>  
    <form id="form1" runat="server">  
    <div style="margin: 0px auto; padding-left: 370px; padding-right: 30px;overflow: auto;">  
        <div>  
            <table width="50%">  
                <tr>  
                    <td colspan="2" style="background-color: Green; height: 30px;color: White;" align="center">  
                        User Registration  
                    </td>  
                </tr>  
                <tr>  
                    <td> Name </td>  
                    <td>  
           <asp:TextBox ID="txtname" Width="150px" runat="server"></asp:TextBox>  
                    </td>  
                </tr>  
                <tr>  
                    <td>  
                        Address </td>  
                    <td>  
            <asp:TextBox ID="txAddress" Width="150px" runat="server"></asp:TextBox>  
                    </td>  
                </tr>  
                <tr>  
                    <td> EmailID </td>  
             <td>  
            <asp:TextBox ID="txtEmailid" Width="150px" runat="server"></asp:TextBox>  
             </td>  
                </tr>  
                <tr>  
                    <td> Mobile Number   </td>  
                    <td>  
            <asp:TextBox ID="txtmobile" Width="150px" runat="server"></asp:TextBox>  
                    </td>  
                </tr>  
                <tr>  
                    <td align="center" colspan="2">  
         <asp:Button ID="BtnSave" runat="server" Width="100px" Text="Save" OnClick="BtnSave_Click" />  
                    </td>  
                </tr>  
            </table>  
        </div>  
    </div>  
    </form>  
</body>  
</html>  

それでは、3層アーキテクチャを使用してこのデータを保存するためのテーブルの作成を始めましょう。

CREATE table Userinfo  
business
id bigint primary key not null identity(1,1),  
Name Nvarchar(50),  
Address Nvarchar(100),  
EmailID Nvarchar(50),  
Mobilenumber varchar(10)  
) 

次のように、最初にビジネスオブジェクトから始めましょう。
 
クラスClass1の削除
 
新しいクラス名「UserBO」を作成します。

新しいクラスを作成する
 
UserBO.csの作成
 
次に、次のようにUserBOで変数を宣言します。

using System;  
using System.Collections.Generic;  
using System.Linq;  
using System.Text;  
namespace BussinessObject  
{  
   Public class UserBO // Declare Class Public to Access any where  
    {  
        //Declaring User Registration Variables  
        private string _Name;  
        private string _Address;  
        private string _EmailID;  
        private string _Mobilenumber;  
        // Get and set values  
        public string Name  
        {  
            get  
            {  
                return _Name;  
            }  
            set  
            {  
                _Name = value;  
            }  
        }  
        public string address  
        {  
            get  
            {  
               return _Address;  
            }  
            set  
            {  
                _Address = value;  
            }  
        }  
        public string EmailID  
        {  
            get  
            {  
                return _EmailID;  
            }  
            set  
            {  
                _EmailID = value;  
            }  
        }  
        public string Mobilenumber  
        {  
            get  
            {  
               return _Mobilenumber;  
            }  
            set  
            {  
                _Mobilenumber = value;  
            }  
        }  
    }  
}  

UserBOを作成したのと同じ方法で、DataAccessに新しいクラスUserDAを作成します。

新しいクラスUserDAを作成する
 

  • Dataaccessで
  • このレイヤーを使用してデータベースと通信します
  • データベースのすべての操作(レコードの挿入、更新、削除、および選択)は、このレイヤーで実行されます。

UserDAを作成したのと同じ方法で:

(Bussinesslogic)に新しいクラスを作成しますUserBL.cs

新しいクラスUserBLを作成する
 
行うための主なもの
 
巣を行うことを主なものは、三つの層を追加することです:

  • UserBO.cs
  • UserBL.cs 
  • UserDA.cs

しかし、それらは相互に接続されていません。

それらを接続しましょう。

DataAccess接続

最初にDataAccessを右クリックしてから、次の操作を行います。

  • [参照の追加]タブをクリックします
  • 「プロジェクト」を選択します
  • その中にはすべてのレイヤー名が表示されます
  • その中からBussinessObjectを選択し、「OK」をクリックします

Bussinesslogic接続

次に、Bussinesslogicを右クリックして次の手順を実行します。

  • [参照の追加]タブをクリックします
  • 「プロジェクト」を選択します
  • その中には、すべてのレイヤー名が表示されます。
  • その中からDataAccessを選択し、[OK]をクリックします

新しいすべてのレイヤーを再構築します。
 
最後のステップ

  • プロジェクトを右クリックして、[参照の追加]を選択します
  • [参照の追加]タブをクリックします
  • 「プロジェクト」を選択します
  • その中には、すべてのレイヤー名が表示されます。
  • すべて選択して追加し、[OK]をクリックします

次に、プロジェクトをビルドします。

UserDA.cs(レコードの追加)

using System;  
using System.Collections.Generic;  
using System.Linq;  
using System.Text;  
using System.Data; // Required for using Dataset , Datatable and Sql  
using System.Data.SqlClient; // Required for Using Sql  
using System.Configuration; // for Using Connection From Web.config   
using BussinessObject;  // for acessing bussiness object class  
namespace DataAccess  
{   
    public class UserDA  
    {  
          SqlConnection con = new SqlConnection(ConfigurationManager.ConnectionStrings["Myconstr"].ToString());    
        public int AddUserDetails(UserBO ObjBO) // passing Bussiness object Here  
        {  
            try  
            {  
                /* Because We will put all out values from our (UserRegistration.aspx) To in Bussiness object and then Pass it to Bussiness logic and then to DataAcess  this way the flow carry on*/  
             SqlCommand cmd = new SqlCommand("sprocUserinfoInsertUpdateSingleItem", con);  
                cmd.CommandType = CommandType.StoredProcedure;  
                cmd.Parameters.AddWithValue("@Name", ObjBO.Name);  
                cmd.Parameters.AddWithValue("@Address", ObjBO.address);  
                cmd.Parameters.AddWithValue("@EmailID", ObjBO.EmailID);  
                cmd.Parameters.AddWithValue("@Mobilenumber", ObjBO.Mobilenumber);   
             con.Open();  
             int Result = cmd.ExecuteNonQuery();   
             cmd.Dispose();  
            return Result;   
            }  
            catch  
            {  
                throw;  
            }  
        }  
    }  
}  

UserBL.cs

using System;  
using System.Collections.Generic;  
using System.Linq;  
using System.Text;  
using DataAccess; // for acessing DataAccess class  
using BussinessObject; // for acessing bussiness object class  
namespace Bussinesslogic  
{  
    public class UserBL  
    {  
      public int SaveUserregisrationBL(UserBO objUserBL) // passing Bussiness object Here  
        {  
            try  
            {  
                UserDA objUserda = new UserDA(); // Creating object of Dataccess  
              return objUserda.AddUserDetails(objUserBL); // calling Method of DataAccess  
            }  
            catch  
            {  
                throw;  
            }  
        }  
    }  
} 

Final Output 

Output
 

SELECT * FROM Userinfo

Database Table

リンク: https://www.c-sharpcorner.com/UploadFile/4d9083/create-and-implement-3-tier-architecture-in-Asp-Net/

#aspdotnet 

What is GEEK

Buddha Community

ASP.Netでの3層アーキテクチャの作成と実装
Einar  Hintz

Einar Hintz

1602560783

jQuery Ajax CRUD in ASP.NET Core MVC with Modal Popup

In this article, we’ll discuss how to use jQuery Ajax for ASP.NET Core MVC CRUD Operations using Bootstrap Modal. With jQuery Ajax, we can make HTTP request to controller action methods without reloading the entire page, like a single page application.

To demonstrate CRUD operations – insert, update, delete and retrieve, the project will be dealing with details of a normal bank transaction. GitHub repository for this demo project : https://bit.ly/33KTJAu.

Sub-topics discussed :

  • Form design for insert and update operation.
  • Display forms in modal popup dialog.
  • Form post using jQuery Ajax.
  • Implement MVC CRUD operations with jQuery Ajax.
  • Loading spinner in .NET Core MVC.
  • Prevent direct access to MVC action method.

Create ASP.NET Core MVC Project

In Visual Studio 2019, Go to File > New > Project (Ctrl + Shift + N).

From new project window, Select Asp.Net Core Web Application_._

Image showing how to create ASP.NET Core Web API project in Visual Studio.

Once you provide the project name and location. Select Web Application(Model-View-Controller) and uncheck HTTPS Configuration. Above steps will create a brand new ASP.NET Core MVC project.

Showing project template selection for .NET Core MVC.

Setup a Database

Let’s create a database for this application using Entity Framework Core. For that we’ve to install corresponding NuGet Packages. Right click on project from solution explorer, select Manage NuGet Packages_,_ From browse tab, install following 3 packages.

Showing list of NuGet Packages for Entity Framework Core

Now let’s define DB model class file – /Models/TransactionModel.cs.

public class TransactionModel
{
    [Key]
    public int TransactionId { get; set; }

    [Column(TypeName ="nvarchar(12)")]
    [DisplayName("Account Number")]
    [Required(ErrorMessage ="This Field is required.")]
    [MaxLength(12,ErrorMessage ="Maximum 12 characters only")]
    public string AccountNumber { get; set; }

    [Column(TypeName ="nvarchar(100)")]
    [DisplayName("Beneficiary Name")]
    [Required(ErrorMessage = "This Field is required.")]
    public string BeneficiaryName { get; set; }

    [Column(TypeName ="nvarchar(100)")]
    [DisplayName("Bank Name")]
    [Required(ErrorMessage = "This Field is required.")]
    public string BankName { get; set; }

    [Column(TypeName ="nvarchar(11)")]
    [DisplayName("SWIFT Code")]
    [Required(ErrorMessage = "This Field is required.")]
    [MaxLength(11)]
    public string SWIFTCode { get; set; }

    [DisplayName("Amount")]
    [Required(ErrorMessage = "This Field is required.")]
    public int Amount { get; set; }

    [DisplayFormat(DataFormatString = "{0:MM/dd/yyyy}")]
    public DateTime Date { get; set; }
}

C#Copy

Here we’ve defined model properties for the transaction with proper validation. Now let’s define  DbContextclass for EF Core.

#asp.net core article #asp.net core #add loading spinner in asp.net core #asp.net core crud without reloading #asp.net core jquery ajax form #asp.net core modal dialog #asp.net core mvc crud using jquery ajax #asp.net core mvc with jquery and ajax #asp.net core popup window #bootstrap modal popup in asp.net core mvc. bootstrap modal popup in asp.net core #delete and viewall in asp.net core #jquery ajax - insert #jquery ajax form post #modal popup dialog in asp.net core #no direct access action method #update #validation in modal popup

Hire ASP.Net Developers

Looking to outsource your asp dot net development requirement?

ASP.Net is a special feature of the DOT Net framework created by Microsoft. At HourlyDeveloper.io, we have a team of experienced ASP.Net developers who are experts in delivering custom solutions based on your business requirements. Hire ASP.Net Developers who will provide tailored solutions to facilitate your business growth.

Consult with experts: https://bit.ly/3fNpVqr

#hire asp.net developers #asp.net development company #asp.net development services #asp.net development #asp.net developer #asp.net

Einar  Hintz

Einar Hintz

1602564619

MVC User Registration & Login with ASP.NET Core Identity

User registration and authentication are mandatory in any application when you have little concern about privacy. Hence all most all application development starts with an authentication module. In this article, we will discuss the quickest way to use **ASP.NET Core Identity for User Login and Registration **in a new or existing MVC application.

Sub-topics discussed :

  • How to add ASP.NET Core Identity to MVC application.
  • Customize ASP.NET Core Identity.
  • Identity.UI Design Customization.
  • Next step.

Background

ASP.NET Core Identity is an API, which provides both user interface(UI) and functions for user authentication, registration, authorization, etc. Modules/ APIs like this will really be helpful and fasten the development process. It comes with ASP.NET Core Framework and used in many applications before. Which makes the API more dependable and trustworthy.

ASP.NET Core MVC with user authentication can easily be accomplished using Identity.UI. While creating the MVC project, you just need to select Authentication as Individual User Accounts.

Showing how to create an MVC application with ASP.NET Core Identity API

The rest will be handled by ASP.NET Core Identity UI. It already contains razor view pages and backend codes for an authentication system. But that’s not what we want in most of the cases. we want to customize ASP.NET Core Identity as per our requirement. That’s what we do here.

Create an ASP.NET Core MVC Project

First of all, I will create a brand new ASP.NET Core MVC application without any authentication selected. We could add ASP.NET Core Identity later into the project.

In Visual Studio 2019, Go to File > New > Project (Ctrl + Shift + N). From new project window, select ASP.NET Core Web Application.

Create an ASP.NET Core Web application

Once you provide the project name and location. A new window will be opened as follows, Select _Web Application(Model-View-Controller), _uncheck _HTTPS Configuration _and DO NOT select any authentication method. Above steps will create a brand new ASP.NET Core MVC project.

Select Model View Controller templet under .NET Core

#asp.net core article #asp.net core #add asp.net core identity to existing project #asp.net core identity in mvc #asp.net core mvc login and registration #login and logout in asp.net core

ASP.Net Web development Company USA | WebClues Infotech

A versatile Web & Mobile App Development framework technology that is fast, reliable, and easy to use is ASP.NET. ASP.NET gives the developer complete control over development and can be used on any project big or small.

Want to develop a website or mobile app with ASP.NET?

WebClues Infotech with years of experience and a highly skilled development team can be your go-to agency for your Web & Mobile App Development requirements. With an expert developer team of more than 150+ members, WebClues Infotech has successfully delivered more than 1500 projects worldwide.

Want to know more about the ASP.NET framework?

Visit: https://www.webcluesinfotech.com/asp-net-web-development/

Share your requirements https://www.webcluesinfotech.com/contact-us/

View Portfolio https://www.webcluesinfotech.com/portfolio/

#asp.net web development company #asp.net web development company usa #asp.net development company in india #asp.net development company #.net software development company #hire asp.net developer

Routing in MVC - ASP.NET Core Demystified

ASP.NET Core MVC has introduced quite a few concepts that new (or new-to-ASP.NET) web developers might have some difficulty getting caught up with. My ASP.NET Core Demystified series is designed to help these developers get started building their own custom, full-fledged, working AASP.NET Core applications. In

#asp.net core demystified #mvc - asp.net core #asp.net core #asp.net #programming