JavaScriptでArray.Some()メソッドを使用して配列アイテムをチェックする

Javascript配列some()関数は、配列内の一部の項目が、提供された関数によって実装されたテストに合格するかどうかをテストします。some()メソッドは、ECMA-262標準のJavaScript拡張です。したがって、標準の他の実装には存在しない可能性があります。

JavaScript array.some()

JavaScript配列some()は、配列内の少なくとも1つの項目が、提供された関数によって実装されたテストに合格するかどうかをテストする組み込みメソッドです。ブール値を返します。

JavaScriptのsome()メソッドは、配列に存在する要素ごとに関数を1回実行します。

  1. 関数がtrue値を返す配列要素が見つかった場合、some()関数はtrueを返します(残りの値はチェックしません)。
  2. それ以外の場合は、falseを返します。

構文

array.some(function(currentValue, index, arr), thisValue)

パラメーター

JavaScript some()関数は、最初のパラメーターを次のパラメーターを受け取る関数として受け取ります。

 

  1. currentValue:必須です。現在の要素の値。
  2. index:オプションです。現在の要素の配列インデックス。
  3. arr:オプションです。現在の要素が属する配列オブジェクト。

関数は必須パラメーターです。

thisValue を2番目のパラメーターとして受け取り ますが、これはオプションです。これは、「this」値として使用される関数に渡される値です。場合thisValueパラメータが空である、「値未定義は、」その「として与えられます。この」値。

 

戻り値

Javascript some()メソッドは、コールバック関数が配列内の少なくとも1つの要素に対して真の値を返す場合にtrueを返します。それ以外の場合は、falseを返します

新しいファイル内に次のコードを記述します。それをapp.jsファイルと呼びましょう。

// app.js

let dark = [
  100,
  90,
  80,
];

console.log(dark.some(x => x > 90));

出力

true

この例では、配列を定義してから、その配列に条件を満たす単一の項目が含まれているかどうかを確認し、含まれている場合はtrue を返し、含まれていない場合はfalseを返し ます。

some()関数は、コールバックが真の値(ブール値に変換されるとtrueになる値)を返すアイテムが見つかるまで、配列に存在するアイテムごとに1回コールバック関数を実行します。

そのような項目が見つかった場合、some()メソッドはすぐにtrueを返します。それ以外の場合は、falseを返します

コールバックは、値が割り当てられた配列のインデックスに対してのみ呼び出されます。削除されたインデックス、または値が割り当てられたことがないインデックスに対しては呼び出されません。

コールバックは、次の3つの引数で呼び出されます。 

  1. アイテムの価値、
  2. アイテムのインデックス、
  3. トラバースされるArrayオブジェクト。

場合thisArgのパラメータは、その後、いくつかの()関数に提供され、それがコールバックのこの値として使用されます。それ以外の場合、未定義の値がこの値として使用されます。

コールバックによって最終的に観察可能なこの値は、関数によって見られるこれを決定するための通常の規則に従って定義されます。

some()関数は、呼び出された配列を変更しません。

some()メソッドによって処理される要素の範囲は、コールバックの最初の呼び出しの前に設定されます。

some()の呼び出しが開始された後、コールバックは配列に追加されたアイテムにアクセスしません。

配列の既存の未訪問アイテムがコールバックによって変更された場合、訪問コールバックに渡されるその値は、some()がそのアイテムのインデックスにアクセスしたときの値になります。削除されたアイテムは訪問されません。

値が配列に存在するかどうかの確認

指定された値が配列に存在するかどうかを確認するには、array.some()関数を使用します。その方法を見てみましょう。

// app.js

const horcruxes = ['diary', 'ring', 'locket', 'nagini', 'harry'];

function remainingHorcruxes(arr, val) {
  return arr.some(function (arrVal) {
    return val === arrVal;
  });
}

console.log(remainingHorcruxes(horcruxes, 'harry'));
console.log(remainingHorcruxes(horcruxes, 'diadem'));

出力

true
false

この例では、配列を定義してから、渡された値が指定された配列に存在するかどうかをチェックする関数を定義しました。存在する場合はtrue を返し、存在しない場合はfalseを返し ます。

配列に範囲内の要素が1つあるかどうかを確認します

配列内の数値が範囲内にあるかどうかを確認するには、array.some()メソッドを使用します。

// app.js

let data = [11, 18, 19, 21, 29];

const range = {
  min: 10,
  max: 30
};

let result = data.some(function (e) {
  return e >= this.min && e <= this.max;
}, range);

console.log(result);

出力

true

この例では、各要素を最小数と最大数に対してチェックしています。条件を満たす場合はtrueを返し、それ以外の場合は falseを返します 。

まず、minプロパティとmaxプロパティを使用して範囲オブジェクトを定義しました。

次に、marks配列オブジェクトでsome()関数を呼び出し、コールバックと範囲オブジェクトを渡します。範囲オブジェクトを2番目の引数(thisArg)として渡すため、この値を介してコールバック内で参照できます。

サポートされているブラウザ

JavaScript Array some() メソッドでサポートされているブラウザを以下に示します。

  1. グーグルクローム
  2. Mozilla Firefox
  3. インターネットエクスプローラ
  4. オペラ
  5. サファリ

これで、Javascript配列のsome()メソッドについて説明します。

リンク: https://appdividend.com/2020/07/28/javascript-array-some-example-array-prototype-some/

#javascript 

What is GEEK

Buddha Community

JavaScriptでArray.Some()メソッドを使用して配列アイテムをチェックする
宇野  和也

宇野 和也

1636728549

JavaScriptでArray.Some()メソッドを使用して配列アイテムをチェックする

Javascript配列some()関数は、配列内の一部の項目が、提供された関数によって実装されたテストに合格するかどうかをテストします。some()メソッドは、ECMA-262標準のJavaScript拡張です。したがって、標準の他の実装には存在しない可能性があります。

JavaScript array.some()

JavaScript配列some()は、配列内の少なくとも1つの項目が、提供された関数によって実装されたテストに合格するかどうかをテストする組み込みメソッドです。ブール値を返します。

JavaScriptのsome()メソッドは、配列に存在する要素ごとに関数を1回実行します。

  1. 関数がtrue値を返す配列要素が見つかった場合、some()関数はtrueを返します(残りの値はチェックしません)。
  2. それ以外の場合は、falseを返します。

構文

array.some(function(currentValue, index, arr), thisValue)

パラメーター

JavaScript some()関数は、最初のパラメーターを次のパラメーターを受け取る関数として受け取ります。

 

  1. currentValue:必須です。現在の要素の値。
  2. index:オプションです。現在の要素の配列インデックス。
  3. arr:オプションです。現在の要素が属する配列オブジェクト。

関数は必須パラメーターです。

thisValue を2番目のパラメーターとして受け取り ますが、これはオプションです。これは、「this」値として使用される関数に渡される値です。場合thisValueパラメータが空である、「値未定義は、」その「として与えられます。この」値。

 

戻り値

Javascript some()メソッドは、コールバック関数が配列内の少なくとも1つの要素に対して真の値を返す場合にtrueを返します。それ以外の場合は、falseを返します

新しいファイル内に次のコードを記述します。それをapp.jsファイルと呼びましょう。

// app.js

let dark = [
  100,
  90,
  80,
];

console.log(dark.some(x => x > 90));

出力

true

この例では、配列を定義してから、その配列に条件を満たす単一の項目が含まれているかどうかを確認し、含まれている場合はtrue を返し、含まれていない場合はfalseを返し ます。

some()関数は、コールバックが真の値(ブール値に変換されるとtrueになる値)を返すアイテムが見つかるまで、配列に存在するアイテムごとに1回コールバック関数を実行します。

そのような項目が見つかった場合、some()メソッドはすぐにtrueを返します。それ以外の場合は、falseを返します

コールバックは、値が割り当てられた配列のインデックスに対してのみ呼び出されます。削除されたインデックス、または値が割り当てられたことがないインデックスに対しては呼び出されません。

コールバックは、次の3つの引数で呼び出されます。 

  1. アイテムの価値、
  2. アイテムのインデックス、
  3. トラバースされるArrayオブジェクト。

場合thisArgのパラメータは、その後、いくつかの()関数に提供され、それがコールバックのこの値として使用されます。それ以外の場合、未定義の値がこの値として使用されます。

コールバックによって最終的に観察可能なこの値は、関数によって見られるこれを決定するための通常の規則に従って定義されます。

some()関数は、呼び出された配列を変更しません。

some()メソッドによって処理される要素の範囲は、コールバックの最初の呼び出しの前に設定されます。

some()の呼び出しが開始された後、コールバックは配列に追加されたアイテムにアクセスしません。

配列の既存の未訪問アイテムがコールバックによって変更された場合、訪問コールバックに渡されるその値は、some()がそのアイテムのインデックスにアクセスしたときの値になります。削除されたアイテムは訪問されません。

値が配列に存在するかどうかの確認

指定された値が配列に存在するかどうかを確認するには、array.some()関数を使用します。その方法を見てみましょう。

// app.js

const horcruxes = ['diary', 'ring', 'locket', 'nagini', 'harry'];

function remainingHorcruxes(arr, val) {
  return arr.some(function (arrVal) {
    return val === arrVal;
  });
}

console.log(remainingHorcruxes(horcruxes, 'harry'));
console.log(remainingHorcruxes(horcruxes, 'diadem'));

出力

true
false

この例では、配列を定義してから、渡された値が指定された配列に存在するかどうかをチェックする関数を定義しました。存在する場合はtrue を返し、存在しない場合はfalseを返し ます。

配列に範囲内の要素が1つあるかどうかを確認します

配列内の数値が範囲内にあるかどうかを確認するには、array.some()メソッドを使用します。

// app.js

let data = [11, 18, 19, 21, 29];

const range = {
  min: 10,
  max: 30
};

let result = data.some(function (e) {
  return e >= this.min && e <= this.max;
}, range);

console.log(result);

出力

true

この例では、各要素を最小数と最大数に対してチェックしています。条件を満たす場合はtrueを返し、それ以外の場合は falseを返します 。

まず、minプロパティとmaxプロパティを使用して範囲オブジェクトを定義しました。

次に、marks配列オブジェクトでsome()関数を呼び出し、コールバックと範囲オブジェクトを渡します。範囲オブジェクトを2番目の引数(thisArg)として渡すため、この値を介してコールバック内で参照できます。

サポートされているブラウザ

JavaScript Array some() メソッドでサポートされているブラウザを以下に示します。

  1. グーグルクローム
  2. Mozilla Firefox
  3. インターネットエクスプローラ
  4. オペラ
  5. サファリ

これで、Javascript配列のsome()メソッドについて説明します。

リンク: https://appdividend.com/2020/07/28/javascript-array-some-example-array-prototype-some/

#javascript 

JavaScriptでArray.Some()メソッドを使用して配列アイテムをチェックする

Javascript配列some()関数は、配列内の一部の項目が、提供された関数によって実装されたテストに合格するかどうかをテストします。some()メソッドは、ECMA-262標準のJavaScript拡張です。したがって、標準の他の実装には存在しない可能性があります。

JavaScript array.some()

JavaScript配列some()は、配列内の少なくとも1つの項目が、提供された関数によって実装されたテストに合格するかどうかをテストする組み込みメソッドです。ブール値を返します。

JavaScriptのsome()メソッドは、配列に存在する要素ごとに関数を1回実行します。

  1. 関数がtrue値を返す配列要素が見つかった場合、some()関数はtrueを返します(残りの値はチェックしません)。
  2. それ以外の場合は、falseを返します。

構文

array.some(function(currentValue, index, arr), thisValue)

パラメーター

JavaScript some()関数は、最初のパラメーターを次のパラメーターを受け取る関数として受け取ります。

 

  1. currentValue:必須です。現在の要素の値。
  2. index:オプションです。現在の要素の配列インデックス。
  3. arr:オプションです。現在の要素が属する配列オブジェクト。

関数は必須パラメーターです。

thisValue を2番目のパラメーターとして受け取り ますが、これはオプションです。これは、「this」値として使用される関数に渡される値です。場合thisValueパラメータが空である、「値未定義は、」その「として与えられます。この」値。

 

戻り値

Javascript some()メソッドは、コールバック関数が配列内の少なくとも1つの要素に対して真の値を返す場合にtrueを返します。それ以外の場合は、falseを返します

新しいファイル内に次のコードを記述します。それをapp.jsファイルと呼びましょう。

// app.js

let dark = [
  100,
  90,
  80,
];

console.log(dark.some(x => x > 90));

出力

true

この例では、配列を定義してから、その配列に条件を満たす単一の項目が含まれているかどうかを確認し、含まれている場合はtrue を返し、含まれていない場合はfalseを返し ます。

some()関数は、コールバックが真の値(ブール値に変換されるとtrueになる値)を返すアイテムが見つかるまで、配列に存在するアイテムごとに1回コールバック関数を実行します。

そのような項目が見つかった場合、some()メソッドはすぐにtrueを返します。それ以外の場合は、falseを返します

コールバックは、値が割り当てられた配列のインデックスに対してのみ呼び出されます。削除されたインデックス、または値が割り当てられたことがないインデックスに対しては呼び出されません。

コールバックは、次の3つの引数で呼び出されます。 

  1. アイテムの価値、
  2. アイテムのインデックス、
  3. トラバースされるArrayオブジェクト。

場合thisArgのパラメータは、その後、いくつかの()関数に提供され、それがコールバックのこの値として使用されます。それ以外の場合、未定義の値がこの値として使用されます。

コールバックによって最終的に観察可能なこの値は、関数によって見られるこれを決定するための通常の規則に従って定義されます。

some()関数は、呼び出された配列を変更しません。

some()メソッドによって処理される要素の範囲は、コールバックの最初の呼び出しの前に設定されます。

some()の呼び出しが開始された後、コールバックは配列に追加されたアイテムにアクセスしません。

配列の既存の未訪問アイテムがコールバックによって変更された場合、訪問コールバックに渡されるその値は、some()がそのアイテムのインデックスにアクセスしたときの値になります。削除されたアイテムは訪問されません。

値が配列に存在するかどうかの確認

指定された値が配列に存在するかどうかを確認するには、array.some()関数を使用します。その方法を見てみましょう。

// app.js

const horcruxes = ['diary', 'ring', 'locket', 'nagini', 'harry'];

function remainingHorcruxes(arr, val) {
  return arr.some(function (arrVal) {
    return val === arrVal;
  });
}

console.log(remainingHorcruxes(horcruxes, 'harry'));
console.log(remainingHorcruxes(horcruxes, 'diadem'));

出力

true
false

この例では、配列を定義してから、渡された値が指定された配列に存在するかどうかをチェックする関数を定義しました。存在する場合はtrue を返し、存在しない場合はfalseを返し ます。

配列に範囲内の要素が1つあるかどうかを確認します

配列内の数値が範囲内にあるかどうかを確認するには、array.some()メソッドを使用します。

// app.js

let data = [11, 18, 19, 21, 29];

const range = {
  min: 10,
  max: 30
};

let result = data.some(function (e) {
  return e >= this.min && e <= this.max;
}, range);

console.log(result);

出力

true

この例では、各要素を最小数と最大数に対してチェックしています。条件を満たす場合はtrueを返し、それ以外の場合は falseを返します 。

まず、minプロパティとmaxプロパティを使用して範囲オブジェクトを定義しました。

次に、marks配列オブジェクトでsome()関数を呼び出し、コールバックと範囲オブジェクトを渡します。範囲オブジェクトを2番目の引数(thisArg)として渡すため、この値を介してコールバック内で参照できます。

サポートされているブラウザ

JavaScript Array some() メソッドでサポートされているブラウザを以下に示します。

  1. グーグルクローム
  2. Mozilla Firefox
  3. インターネットエクスプローラ
  4. オペラ
  5. サファリ

これで、Javascript配列のsome()メソッドについて説明します。

リンク: https://appdividend.com/2020/07/28/javascript-array-some-example-array-prototype-some/

#javascript