Setting Up Multi-Region YugabyteDB on Kubernetes

In this article, we will explore setting up a synchronously replicated multi-region YugabyteDB cluster on Kubernetes. To explore other multi-region deployment topologies supported by YugabyteDB, refer to the Multi-Region Deployments section of YugabyteDB docs.

#kubernetes 

What is GEEK

Buddha Community

Setting Up Multi-Region YugabyteDB  on Kubernetes
Christa  Stehr

Christa Stehr

1602964260

50+ Useful Kubernetes Tools for 2020 - Part 2

Introduction

Last year, we provided a list of Kubernetes tools that proved so popular we have decided to curate another list of some useful additions for working with the platform—among which are many tools that we personally use here at Caylent. Check out the original tools list here in case you missed it.

According to a recent survey done by Stackrox, the dominance Kubernetes enjoys in the market continues to be reinforced, with 86% of respondents using it for container orchestration.

(State of Kubernetes and Container Security, 2020)

And as you can see below, more and more companies are jumping into containerization for their apps. If you’re among them, here are some tools to aid you going forward as Kubernetes continues its rapid growth.

(State of Kubernetes and Container Security, 2020)

#blog #tools #amazon elastic kubernetes service #application security #aws kms #botkube #caylent #cli #container monitoring #container orchestration tools #container security #containers #continuous delivery #continuous deployment #continuous integration #contour #developers #development #developments #draft #eksctl #firewall #gcp #github #harbor #helm #helm charts #helm-2to3 #helm-aws-secret-plugin #helm-docs #helm-operator-get-started #helm-secrets #iam #json #k-rail #k3s #k3sup #k8s #keel.sh #keycloak #kiali #kiam #klum #knative #krew #ksniff #kube #kube-prod-runtime #kube-ps1 #kube-scan #kube-state-metrics #kube2iam #kubeapps #kubebuilder #kubeconfig #kubectl #kubectl-aws-secrets #kubefwd #kubernetes #kubernetes command line tool #kubernetes configuration #kubernetes deployment #kubernetes in development #kubernetes in production #kubernetes ingress #kubernetes interfaces #kubernetes monitoring #kubernetes networking #kubernetes observability #kubernetes plugins #kubernetes secrets #kubernetes security #kubernetes security best practices #kubernetes security vendors #kubernetes service discovery #kubernetic #kubesec #kubeterminal #kubeval #kudo #kuma #microsoft azure key vault #mozilla sops #octant #octarine #open source #palo alto kubernetes security #permission-manager #pgp #rafay #rakess #rancher #rook #secrets operations #serverless function #service mesh #shell-operator #snyk #snyk container #sonobuoy #strongdm #tcpdump #tenkai #testing #tigera #tilt #vert.x #wireshark #yaml

藤本  結衣

藤本 結衣

1633367280

単純な挿入MYSQLデータベースを使用したASP.NETでの更新と削除の選択

この記事では、ASP.NET WebアプリケーションからMySQLデータベースにデータの選択、更新、および削除を挿入する方法について説明します。

それでは、次の手順に進みましょう。

  • ASP.NETWebページ
  • グリッドビューデータコントロールとMySQLデータベース

次に、MySQLAdminページを開き、[Create A New Table]-> [View]-> [Table Structure for Table`student`]を選択します。

CREATE TABLE IF NOT EXISTS `student` (  
 `SID` int(100) NOT NULL AUTO_INCREMENT,  
 `Name` varchar(100) NOT NULL,  
 `Address` varchar(500) NOT NULL,  
 `Email` varchar(100) NOT NULL,  
 `Mobile` varchar(25) NOT NULL,  
 PRIMARY KEY (`SID`)  
) ENGINE=InnoDB DEFAULT CHARSET=latin1 AUTO_INCREMENT=31 ; 



Visual Studio 2012のインスタンスを開き、新しいASP.NETWebアプリケーションを作成します。次の図に示すように、プロジェクトに「MYSQLCRUDApplication」という名前を付け



ます。コードビハインドファイル(Student.aspx.cs)に、次のようにコードを記述します

Student.aspx 

<%@ Page Title="" Language="C#" MasterPageFile="~/Site.Master" AutoEventWireup="true"  
CodeBehind="Student.aspx.cs" Inherits="MYSQLCRUDApplication.Student" %>  
  
<asp:Content ID="Content1" ContentPlaceHolderID="titleContent" runat="server">  
    Simple Insert Select Update and Delete in ASP.NET using MySQL Database   
</asp:Content>  
<asp:Content ID="Content2" ContentPlaceHolderID="head" runat="server">  
</asp:Content>  
<asp:Content ID="Content3" ContentPlaceHolderID="MainContent" runat="server">  
    <table>  
        <tr>  
            <td class="td">Name:</td>  
            <td>  
                <asp:TextBox ID="txtName" runat="server"></asp:TextBox></td>  
            <td>  
                <asp:Label ID="lblSID" runat="server" Visible="false"></asp:Label> </td>  
        </tr>  
        <tr>  
            <td class="td">Address:</td>  
            <td>  
                <asp:TextBox ID="txtAddress" runat="server"></asp:TextBox></td>  
            <td> </td>  
        </tr>  
        <tr>  
            <td class="td">Mobile:</td>  
            <td>  
                <asp:TextBox ID="txtMobile" runat="server"></asp:TextBox></td>  
            <td> </td>  
        </tr>  
        <tr>  
            <td class="td">Email ID:</td>  
            <td>  
                <asp:TextBox ID="txtEmail" runat="server"></asp:TextBox></td>  
            <td> </td>  
        </tr>  
        <tr>  
            <td></td>  
            <td>  
                <asp:Button ID="btnSubmit" runat="server" Text="Submit" OnClick="btnSubmit_Click" />  
                <asp:Button ID="btnUpdate" runat="server" Text="Update" Visible="false"  
OnClick="btnUpdate_Click" />  
                <asp:Button ID="btnCancel" runat="server" Text="Cancel" OnClick="btnCancel_Click" /></td>  
            <td></td>  
        </tr>  
    </table>  
  
    <div style="padding: 10px; margin: 0px; width: 100%;">  
        <p>  
            Total Student:<asp:Label ID="lbltotalcount" runat="server" Font-Bold="true"></asp:Label>  
        </p>  
        <asp:GridView ID="GridViewStudent" runat="server" DataKeyNames="SID"   
            OnSelectedIndexChanged="GridViewStudent_SelectedIndexChanged"  
OnRowDeleting="GridViewStudent_RowDeleting">  
            <Columns>  
                <asp:CommandField HeaderText="Update" ShowSelectButton="True" />  
                <asp:CommandField HeaderText="Delete" ShowDeleteButton="True" />  
            </Columns>  
        </asp:GridView>  
    </div>  
</asp:Content>  

Web.configファイルで、次のように接続文字列を作成します。

Web.config 

<connectionStrings>  
    <add name="ConnectionString"  
connectionString="Server=localhost;userid=root;password=;Database=Testdb"  
providerName="MySql.Data.MySqlClient"/>  
 </connectionStrings>  

ここで、コードビハインドファイル「Student.aspx.cs」で次のコードを使用します。

Student.aspx.cs 

using System;  
using System.Collections.Generic;  
using System.Configuration;  
using System.Data;  
using System.Linq;  
using System.Web;  
using System.Web.UI;  
using System.Web.UI.WebControls;  
using MySql.Data.MySqlClient;  
  
  
namespace MYSQLCRUDApplication  
{  
    public partial class Student : System.Web.UI.Page  
    {  
        #region MySqlConnection Connection and Page Lode  
        MySqlConnection conn = new  
MySqlConnection(ConfigurationManager.ConnectionStrings["ConnectionString"].ConnectionString);          
        protected void Page_Load(object sender, EventArgs e)  
        {  
            Try  
            {  
                if (!Page.IsPostBack)  
                {  
                    BindGridView();  
                      
                }  
            }  
            catch (Exception ex)  
            {  
                ShowMessage(ex.Message);  
            }  
        }  
        #endregion  
        #region show message  
        /// <summary>  
        /// This function is used for show message.  
        /// </summary>  
        /// <param name="msg"></param>  
        void ShowMessage(string msg)  
        {  
            ClientScript.RegisterStartupScript(Page.GetType(), "validation", "<script  
language='javascript'>alert('" + msg + "');</script>");  
        }  
        /// <summary>  
        /// This Function is used TextBox Empty.  
        /// </summary>  
        void clear()  
        {  
            txtName.Text = string.Empty; txtAddress.Text = string.Empty; txtMobile.Text = string.Empty;  
txtEmail.Text = string.Empty;  
            txtName.Focus();  
        }  
        #endregion  
        #region bind data to GridViewStudent  
        private void BindGridView()  
        {   
            Try  
            {  
                if (conn.State == ConnectionState.Closed)  
                {  
                    conn.Open();  
                }  
                MySqlCommand cmd = new MySqlCommand("Select * from Student ORDER BY SID DESC;",  
conn);  
                MySqlDataAdapter adp = new MySqlDataAdapter(cmd);  
                DataSet ds = new DataSet();  
                adp.Fill(ds);  
                GridViewStudent.DataSource = ds;  
                GridViewStudent.DataBind();  
                lbltotalcount.Text = GridViewStudent.Rows.Count.ToString();  
            }  
            catch (MySqlException ex)  
            {  
                ShowMessage(ex.Message);  
            }  
            Finally  
            {  
                if (conn.State == ConnectionState.Open)  
                {  
                   conn.Close();  
                }  
            }  
        }  
        #endregion  
        #region Insert Data  
        /// <summary>  
        /// this code used to Student Data insert in MYSQL Database  
        /// </summary>  
        /// <param name="sender"></param>  
        /// <param name="e"></param>  
        protected void btnSubmit_Click(object sender, EventArgs e)  
        {  
            Try  
            {  
                conn.Open();  
                MySqlCommand cmd = new MySqlCommand("Insert into student (Name,Address,Mobile,Email )  
values (@Name,@Address,@Mobile,@Email)", conn);  
                cmd.Parameters.AddWithValue("@Name",txtName.Text);  
                cmd.Parameters.AddWithValue("@Address", txtAddress.Text);  
                cmd.Parameters.AddWithValue("@Mobile",txtMobile.Text);  
                cmd.Parameters.AddWithValue("@Email",txtEmail.Text);  
                cmd.ExecuteNonQuery();                 
                cmd.Dispose();   
                ShowMessage("Registered successfully......!");               
                clear();  
                BindGridView();  
            }  
            catch (MySqlException ex)  
            {  
                ShowMessage(ex.Message);  
            }  
            Finally  
            {  
                conn.Close();  
            }  
        }  
          
        #endregion   
        #region SelectedIndexChanged  
        /// <summary>  
        /// this code used to GridViewRow SelectedIndexChanged value show textbox  
        /// </summary>  
        /// <param name="sender"></param>  
        /// <param name="e"></param>  
        protected void GridViewStudent_SelectedIndexChanged(object sender, EventArgs e)  
        {  
            GridViewRow row = GridViewStudent.SelectedRow;  
            lblSID.Text = row.Cells[2].Text;  
            txtName.Text = row.Cells[3].Text;  
            txtAddress.Text = row.Cells[4].Text;  
            txtEmail.Text = row.Cells[5].Text;  
            txtMobile.Text = row.Cells[6].Text;  
            btnSubmit.Visible = false;  
            btnUpdate.Visible = true;  
        }  
        #endregion  
        #region Delete Student Data  
        /// <summary>  
        /// This code used to GridViewStudent_RowDeleting Student Data Delete  
        /// </summary>  
        /// <param name="sender"></param>  
        /// <param name="e"></param>  
        protected void GridViewStudent_RowDeleting(object sender, GridViewDeleteEventArgs e)  
        {  
            Try  
            {  
                conn.Open();  
                int SID = Convert.ToInt32(GridViewStudent.DataKeys[e.RowIndex].Value);  
                MySqlCommand cmd = new MySqlCommand("Delete From student where SID='" + SID + "'",  
conn);  
                cmd.ExecuteNonQuery();  
                cmd.Dispose();  
                ShowMessage("Student Data Delete Successfully......!");  
                GridViewStudent.EditIndex = -1;  
                BindGridView();  
            }  
            catch (MySqlException ex)  
            {  
                ShowMessage(ex.Message);  
            }  
            Finally  
            {  
                conn.Close();  
            }  
        }  
        #endregion  
        #region student data update  
        /// <summary>  
        /// This code used to student data update  
        /// </summary>  
        /// <param name="sender"></param>  
       /// <param name="e"></param>  
        protected void btnUpdate_Click(object sender, EventArgs e)  
        {  
            Try  
            {  
                conn.Open();  
                string SID = lblSID.Text;                
                MySqlCommand cmd = new MySqlCommand("update student Set  
Name=@Name,Address=@Address,Mobile=@Mobile,Email=@Email where SID=@SID", conn);  
                cmd.Parameters.AddWithValue("@Name", txtName.Text);  
                cmd.Parameters.AddWithValue("@Address", txtAddress.Text);  
                cmd.Parameters.AddWithValue("@Mobile", txtMobile.Text);  
                cmd.Parameters.AddWithValue("@Email", txtEmail.Text);  
                cmd.Parameters.AddWithValue("SID",SID);  
                cmd.ExecuteNonQuery();  
                cmd.Dispose();  
                ShowMessage("Student Data update Successfully......!");  
                GridViewStudent.EditIndex = -1;  
                BindGridView(); btnUpdate.Visible = false;  
            }  
            catch (MySqlException ex)  
            {  
                ShowMessage(ex.Message);  
            }  
            Finally  
            {  
                conn.Close();  
            }  
        }  
        #endregion  
        #region textbox clear  
        protected void btnCancel_Click(object sender, EventArgs e)  
        {  
            clear();  
        }  
        #endregion  
    }  
}   

ページを実行すると、次のようになります。



次に、学生データの挿入とグリッドビューのデータの表示を入力します。メッセージボックス「正常に登録されました」。



次に、Studentを選択し、データTextBoxを表示して、メッセージボックス「StudentDataupdatesuccessfully」に表示されているデータを更新します。



ここで、メッセージボックス「StudentDataDeleteSuccessfully」に表示されているStudentデータを削除します。



この記事がお役に立てば幸いです。他にご不明な点がございましたら、以下にコメントをお寄せください。

リンク: https://www.c-sharpcorner.com/

#aspdotnet #sql 

Ruth  Nabimanya

Ruth Nabimanya

1623169620

Multi-Region Database Deployments

Modern applications and services demand an always-on, low-latency experience for users no matter where they are on the planet. To meet these requirements, many deploy multiple instances of their applications and services across multiple cloud regions. This legacy approach leaves room for downtime and, even worse, inconsistencies in data. In this Refcard, we explore patterns and anti-patterns to multi-region database deployments — allowing your applications to survive a region failure without downtime while also ensuring consistent and low latency access to data no matter where you do business.

Table of Contents

► Introduction

► What Is a Multi-Region Application?

► Common Patterns and Anti-Patterns

► Final Thoughts

Section 1

Introduction

Deployed in the cloud, our modern applications and services demand an always-on, low latency experience for users no matter where they are on the planet. Whether you’re building a startup from the ground up or you are a member of a massive Fortune 500 development organization, these demands are typically the same.

To meet these requirements, many deploy multiple instances of their applications and services across multiple cloud regions. Some will deploy a database and synchronize it across multiple regions so that they can survive a regional outage as well. It’s not enough. This legacy approach leaves room for downtime and even worse, inconsistencies in data.

Deployment of an active-active database with multi-region capabilities that can be applied down to the table and row level of your data will allow you to not only survive a region failure without downtime, but also ensure consistent and low latency access to data no matter where you do business.

#database deployments #multi-region #multi-region application #multi-region database #multi-region database deployments #cross-​region

藤本  結衣

藤本 結衣

1633175520

C#のTreeViewコントロール

TreeViewの紹介

これは、TreeViewコントロールの操作の基本のいくつかを取り上げた短い記事です。この記事では、TreeNodeをTreeViewコントロールに動的に追加し、ノードを検索して、TreeNodeのタグ、テキスト、または名前のプロパティに対して検索語に一致する単一のノードまたはノードのコレクションを見つけて強調表示し、手動またはプログラムでノードを選択する方法について説明します。

Image1.jpg

図1:TextプロパティによるTreeViewコントロールの検索。

Image2.jpg

図2:NameプロパティによるTreeViewコントロールの検索。

Image3.jpg

図3:NameプロパティによるTreeViewコントロールの検索。

Image4.jpg

図4:特定のプロパティを持つノードの作成。

TreeViewアプリケーション

アプリケーションソリューションには、単一のWindowsアプリケーションプロジェクトが含まれています。このプロジェクトをサポートするために提供されるすべてのコードは、2つのフォームクラスに含まれています。1つは、TreeViewと、ノード情報を表示し(図1、2、および3)、ユーザー指定の検索用語に基づいて特定のノードまたはノードのグループの検索を実行するために使用されるいくつかのコントロールを含むメインフォームです。もう1つのフォームクラス(図4)は、新しいノードを作成するために使用されます。アプリケーション内では、TreeViewからノードを選択し、コンテキストメニューから[ノードの追加]オプションを選択すると、このフォームが表示されます。

このアプリケーションのTreeView関連コンポーネントのいずれかで行われるカスタムまたは派手なことは何もありません。これは、Windowsフォームアプリケーションのコンテキスト内でTreeViewを操作する方法のデモンストレーションにすぎません。

コード:フォーム1-メインフォーム

メインフォームクラスは、いくつかのコントロールが追加された標準のウィンドウフォームです。フォームには分割コンテナコントロールが含まれています。コントロールの左側にはTreeViewコントロールがあり、スプリッターの右側には4つのグループボックスがあります。最初のグループボックスには、選択したノードに関する情報を表示するために使用されるラベルとテキストボックスのセットが含まれ、残りのグループボックスには、ノードのテキスト、名前に基づいてTreeViewのノードコレクションのさまざまな検索を実行するために使用されるラベル、テキストボックス、およびボタンが含まれます。 、またはタグ値。

クラスに含まれる機能は、いくつかの領域に分割されています。クラスは、デフォルトのインポート、名前空間宣言、およびクラス宣言で始まります。

 システムを使用する;  
 System.Collections.Genericを使用する;  
 System.ComponentModelを使用します。  
 System.Dataを使用します。  
 System.Drawingを使用する;  
 System.Textを使用します。  
 System.Windows.Formsを使用する;  
名前空間 EasyTreeView {  
    パブリック 部分 クラス Form1:フォーム{  
        public  Form1(){  
            InitializeComponent();  
            //ベースツリービューノードを追加することから始めます  
            TreeNode mainNode =  new  TreeNode();  
            mainNode.Name =  "mainNode" ;  
            mainNode.Text =  "Main" ;  
            this .treeView1.Nodes.Add(mainNode);  
        }  
    }  
}   

フォームクラスコンストラクターは、TreeViewコントロールにメインノードを作成します。実行時に、ユーザーはこのノード(またはこのノードから発生する任意の子ノード)を選択して、TreeViewにノードを追加できます。フォームクラスにはコンテキストメニューも含まれています。このコンテキストメニューには2つのオプションがあります。1つは新しいノードを追加するためのもので、もう1つは既存のノードを削除するためのものです。新しいノードが要求されると、アプリケーションは[新しいノード]ダイアログのインスタンスを開きます。このダイアログでは、ユーザーに新しいノードの名前、テキスト、およびタグの値を設定するように強制します。タグ値は任意のオブジェクトにすることができますが、この例では、タグは追加の文字列値を保持するように制限されています。ダイアログから値が収集されると、新しいノードに情報が入力され、TreeViewの選択されたノードに追加されます。

ノードが削除されると、選択されたノードとそのすべての子がTreeViewから削除されます。ここで注意すべきことの1つは、タグを介してオブジェクトをノードに関連付ける場合です。選択したノードを削除する前に、そのオブジェクトを破棄するハンドラーを作成する必要があります。

#regionノードの追加と削除  
/// <概要>  
    ///ダイアログボックスを使用してTreeviewノードを追加します  
    ///ユーザーに名前とテキストのプロパティを設定するように強制する  
    ///ノードの  
    /// </ summary>  
///  
<param name = "送信者" >  
</ param>  
///  
<param name = "e" >  
</ param>  
private void  cmnuAddNode_Click(object  sender、EventArgs e)   
{{  
    NewNode n =  new  NewNode();  
    n.ShowDialog();  
    TreeNode nod =  new  TreeNode();  
    nod.Name = n.NewNodeName.ToString();  
    nod.Text = n.NewNodeText.ToString();  
    nod.Tag = n.NewNodeTag.ToString();  
    n.Close();  
    treeView1.SelectedNode.Nodes.Add(nod);  
    treeView1.SelectedNode.ExpandAll();  
}  
/// <概要>  
    ///選択したノードとその子を削除します  
    /// </ summary>  
///  
<param name = "送信者" >  
</ param>  
///  
<param name = "e" >  
</ param>  
private void  cmnuRemoveNode_Click(object  sender、EventArgs e)   
{{  
    treeView1.SelectedNode.Remove();  
}  
#endregion  

コードの次の領域は、TreeViewイベントを処理するために使用されます。このセクションで処理されるイベントは2つだけです。TreeViewのAfterSelectイベントとTreeViewのclickイベント。After Selectイベントハンドラーは、選択したノードからの情報(名前、テキスト、タグ、および親テキストのプロパティ)を表示するために使用されるテキストボックスにデータを入力するために使用されます。後で説明する検索機能は、一致する各ノードの背景色を黄色に設定することにより、検索に応答して見つかったすべてのノードを強調表示します。TreeViewのクリックイベントハンドラーは、そのような強調表示をすべて削除するために使用されます。

#regionTreeviewイベントハンドラー  
/// <概要>  
///選択したノードに関する情報を表示します  
/// </ summary>  
/// <param name = "sender"> </ param>  
/// <param name = "e"> </ param>  
private void  treeView1_AfterSelect(object  sender、TreeViewEventArgs e)   
{{  
    試す  
    {{  
        txtName.Text =  "" ;  
        txtParentName.Text =  "" ;  
        txtText.Text =  "" ;  
        txtTag.Text =  "" ;  
        txtName.Text = treeView1.SelectedNode.Name.ToString();  
        txtText.Text = treeView1.SelectedNode.Text.ToString();  
        txtTag.Text = treeView1.SelectedNode.Tag.ToString();  
        txtParentName.Text = treeView1.SelectedNode.Parent.Text.ToString();  
    }  
    キャッチ {}  
}  
/// <概要>  
///検索関数でマークされたノードをクリアします  
/// </ summary>  
/// <param name = "sender"> </ param>  
/// <param name = "e"> </ param>  
private void  treeView1_Click(object  sender、EventArgs e)   
{{  
    ClearBackColor();  
}  
#endregion   

クラス内の次の領域は、nameプロパティでノードを検索するために使用されます。名前でノードを検索する方法は、TreeViewで直接サポートされている唯一の検索機能です。名前以外の名前でノードを検索する場合は、独自のメソッドを作成する必要があります。このクリックイベントハンドラーは、一致する名前でノードの配列にデータを入力します。findメソッドは2つの引数を受け入れます。最初の引数は検索語で、2番目の引数は子ノードも検索に含めるかどうかを決定するために使用されるブール値です。この場合、検索語はフォームのテキストボックスから収集され、子ノードを検索するオプションは、2番目の引数をtrueに設定することで有効になります。

ノードのコレクションが作成されると、一致する各ノードの背景色が黄色に設定され、TreeViewでノードが強調表示されます。一致するノードの背景色を設定する前に、Clear Back Colorメソッドを呼び出すことにより、TreeView内の他のすべてのノードが白い背景に戻されます。

#region名前で検索  
/// <概要>  
///ツリービューの組み込みの検索関数を使用します  
///ノードを検索する  
/// </ summary>  
/// <param name = "sender"> </ param>  
/// <param name = "e"> </ param>  
private void  btnFindNode_Click(object  sender、EventArgs e)   
{{  
    ClearBackColor();  
    試す  
    {{  
        TreeNode [] tn = treeView1.Nodes [0] .Nodes.Find(txtNodeSearch.Text、  true );  
        for  (int  i = 0; i <tn.Length; i ++)  
        {{  
            treeView1.SelectedNode = tn [i];  
            treeView1.SelectedNode.BackColor = Color.Yellow;  
        }  
    }  
    キャッチ {}  
}  
#endregion  

コードの次の領域は、以前の検索で強調表示されたノードから背景色を削除するために使用されます。このプロセスは、2つの別々の方法に依存しています。最初のメソッドは、フォームのTreeViewコントロール内のすべてのノードを含むツリーノードコレクションのインスタンスを作成します。コレクション内の各ノードは、2番目のメソッド(Clear Recursive)に渡されます。この2番目のメソッドには、現在のノードが渡されます。Clear Recursiveメソッドは、渡されたノードノードコレクション内に含まれるすべてのノードをループし、それらの各ノードの背景色を白に設定します。次に、各ノードは同じClear Recursiveメソッドに再帰的に戻され、処理するノードがなくなるまで、各ノードのノードコレクションが処理されます。このようにして、ツリー全体の各ノードと子ノードが処理されます。

このプロセスは、各ノードの背景色を白に設定するためだけに使用されますが、ツリー全体を処理する必要がある場合は常に同じアプローチを使用できます。実際、残りの検索方法はまさにそれを行います。

#regionBackColorを削除します  
//ツリービューノードを再帰的に移動します  
//そして背景色を白にリセットします  
private void  ClearBackColor()   
{{  
    TreeNodeCollectionノード= treeView1.Nodes;  
    foreachの (ツリーノードN における ノード)  
    {{  
        ClearRecursive(n);  
    }  
}  
// ClearBackColor関数によって呼び出されます  
private void  ClearRecursive(TreeNode treeNode)   
{{  
    foreachの (ツリーノードTN で treeNode.Nodes)  
    {{  
        tn.BackColor = Color.White;  
        ClearRecursive(tn);  
    }  
}  
#endregion   

コードの次の領域は、検索式に一致するテキストプロパティを持つ1つまたは複数のノードを見つけるために使用されます。フォームには、テキスト検索用語を設定し、ボタンクリックイベントハンドラーからメソッドを呼び出すために使用されるグループボックスが含まれています。ボタンをクリックすると、最初にClear Back Colorメソッドを呼び出して、強調表示されているすべてのノードがクリアされます。ノードがすべて白い背景に復元された後、ハンドラーはFind ByTextメソッドを呼び出します。この方法は、背景色をクリアするために説明した方法とほとんど同じように機能します。このメソッドは、ツリービューノードのコレクションをアセンブルしてから、各ノードを再帰メソッドに渡します。find recursiveメソッドは、検索式に一致するテキストプロパティを持つノードを検索し、一致するものが見つかると、背景色を黄色に設定します。

#regionテキストで検索  
/// <概要>  
///テキストによるノードの検索には特別な機能が必要です  
///この関数はツリービューを再帰的にスキャンし、  
///一致するアイテムをマークします。  
/// </ summary>  
/// <param name = "sender"> </ param>  
/// <param name = "e"> </ param>  
private void  btnNodeTextSearch_Click(object  sender、EventArgs e)   
{{  
    ClearBackColor();  
    FindByText();  
}  
private void  FindByText()   
{{  
    TreeNodeCollectionノード= treeView1.Nodes;  
    foreachの (ツリーノードN における ノード)  
    {{  
        FindRecursive(n);  
    }  
}  
private void  FindRecursive(TreeNode treeNode)   
{{  
    foreachの (ツリーノードTN で treeNode.Nodes)  
    {{  
        //テキストのプロパティが一致する場合は、アイテムに色を付けます  
        if  (tn.Text ==  this .txtNodeTextSearch.Text)  
            tn.BackColor = Color.Yellow;  
        FindRecursive(tn);  
    }  
}  
#endregion  

次の領域は、タグ値(この場合は文字列)によってノードを検索するために使用されるメソッドを含むために使用されます。一致するノードを黄色で強調表示します。これらのメソッドは、一致がテキスト値ではなくタグ値によって決定されることを除いて、最後のメソッドとほとんど同じように機能します。

#regionタグで検索  
/// <概要>  
///タグでノードを検索するには特別な機能が必要です  
///この関数はツリービューを再帰的にスキャンし、  
///一致するアイテムをマークします。タグはオブジェクトにすることができます。これで  
///文字列を含めるためだけに使用される場合  
/// </ summary>  
/// <param name = "sender"> </ param>  
/// <param name = "e"> </ param>  
private void  btnNodeTagSearch_Click(object  sender、EventArgs e)   
{{  
    ClearBackColor();  
    FindByTag();  
}  
private void  FindByTag()   
{{  
    TreeNodeCollectionノード= treeView1.Nodes;  
    foreachの (ツリーノードN における ノード)  
    {{  
        FindRecursiveTag(n);  
    }  
}  
private void  FindRecursiveTag(TreeNode treeNode)   
{{  
    foreachの (ツリーノードTN で treeNode.Nodes)  
    {{  
    //テキストのプロパティが一致する場合は、アイテムに色を付けます  
        if  (tn.Tag.ToString()==  this .txtTagSearch.Text)  
            tn.BackColor = Color.Yellow;  
        FindRecursiveTag(tn);  
    }  
}  
#endregion  

これで、ノードを追加および削除したり、名前、テキスト、またはタグの値に基づいて特定のノードを検索したりするために必要なすべてのコードがまとめられます。

コード:フォーム2-新しいノードフォーム

New Nodeフォームで提供されるコードは、新しく作成されたノードの名前、テキスト、およびタグのプロパティを設定するために使用されるユーザー指定の値をキャプチャするためにのみ使用されます。フォームはダイアログとして表示され、ユーザーがアプリケーションのメインフォームから新しいノードの追加を要求したことに応答して表示されます。インポート、名前空間宣言、およびクラス宣言はすべて、フォームクラスのデフォルト構成にあります。

 システムを使用する;  
 System.Collections.Genericを使用する;  
 System.ComponentModelを使用します。  
 System.Dataを使用します。  
 System.Drawingを使用する;  
 System.Textを使用します。  
 System.Windows.Formsを使用する;  
名前空間 EasyTreeView  
{{  
    パブリック 部分 クラス NewNode:フォーム  
    {{  

クラス宣言に続いて、3つのローカルメンバー変数が定義されます。それぞれが、ユーザー指定の名前、テキスト、およびタグのプロパティを格納するために使用されます。

#regionローカル変数  
プライベート文字列 mNewNodeName;   
プライベート文字列 mNewNodeText;   
プライベート文字列 mNewNodeTag;   
#endregion  

フォームコンストラクターはデフォルト構成です。

/// <概要>  
///デフォルトのコンストラクタ  
/// </ summary>  
public  NewNode()  
{{  
     InitializeComponent();  
}  

コードの次の領域は、新しいノード名、テキスト、およびタグ値を保持するために使用される3つのパブリックプロパティを定義するために使用されます。ユーザーがこのフォームにこれらの値を設定すると、メインフォームはこれらのプロパティを収集し、新しいノードの名前、テキスト、およびタグのプロパティに割り当てます。

#regionクラスのプロパティ  
パブリック文字列 NewNodeName {   
    取得 {  
         mNewNodeNameを返します。  
    }  
    セット {  
        mNewNodeName =値;  
    }  
}  
パブリック文字列 NewNodeText {   
    取得 {  
         mNewNodeTextを返します。  
    }  
    セット {  
        mNewNodeText =値;  
    }  
}  
パブリック文字列 NewNodeTag {   
    取得 {  
         mNewNodeTagを返します。  
    }  
    セット {  
        mNewNodeTag =値;  
    }  
}  
#endregion  

このボタンクリックイベントハンドラーは、ユーザーに3つの値すべてを設定するように強制することを目的としています。それぞれが設定されると、関連するプロパティに正しい値が渡され、フォームが閉じられます。

private void  btnSubmit_Click(object  sender、EventArgs e){   
    if  (txtNewNodeName.Text!=  string .Empty){  
        NewNodeName = txtNewNodeName.Text;  
    }   
    else  {  
        MessageBox.Show("ノードに名前を付けます。" );  
        戻る;  
    }  
    if  (txtNewNodeText.Text!=  string .Empty){  
        NewNodeText = txtNewNodeText.Text;  
    }   
    else  {  
        MessageBox.Show("新しいノードのテキストを提供する" );  
        戻る;  
    }  
    if  (txtTag.Text!=  string .Empty){  
        NewNodeTag = txtTag.Text;  
    }   
    else  {  
        MessageBox.Show("新しいノードのテキストを提供する" );  
        戻る;  
    }  
    this .Close();  
}  

これですべてです。このコードが実行されると、ユーザーはメインノードを右クリックして、適切と思われる数のノードと子ノードを追加できます。ユーザーは、有効な検索式を任意の検索オプションに入力して、一致するノードを強調表示するか、ツリーからノードを選択して、選択したノードから関連する名前、テキスト、タグ、および親の値を読み取ることができます。

  

概要

当然、TreeViewコントロールを使用する方法は無数にあり、この簡単なデモンストレーションでは、利用可能なさまざまなオプションの調査を開始していません。デモンストレーションの唯一の目的は、ノードを追加および削除する方法、選択したノードから情報を取得する方法、およびノー​​ドの名前、テキスト、およびタグ値に基づいて特定のノードを検索する方法の説明を提供することでした。

リンク:https://www.c-sharpcorner.com/

#csharp 

Adaline  Kulas

Adaline Kulas

1594162500

Multi-cloud Spending: 8 Tips To Lower Cost

A multi-cloud approach is nothing but leveraging two or more cloud platforms for meeting the various business requirements of an enterprise. The multi-cloud IT environment incorporates different clouds from multiple vendors and negates the dependence on a single public cloud service provider. Thus enterprises can choose specific services from multiple public clouds and reap the benefits of each.

Given its affordability and agility, most enterprises opt for a multi-cloud approach in cloud computing now. A 2018 survey on the public cloud services market points out that 81% of the respondents use services from two or more providers. Subsequently, the cloud computing services market has reported incredible growth in recent times. The worldwide public cloud services market is all set to reach $500 billion in the next four years, according to IDC.

By choosing multi-cloud solutions strategically, enterprises can optimize the benefits of cloud computing and aim for some key competitive advantages. They can avoid the lengthy and cumbersome processes involved in buying, installing and testing high-priced systems. The IaaS and PaaS solutions have become a windfall for the enterprise’s budget as it does not incur huge up-front capital expenditure.

However, cost optimization is still a challenge while facilitating a multi-cloud environment and a large number of enterprises end up overpaying with or without realizing it. The below-mentioned tips would help you ensure the money is spent wisely on cloud computing services.

  • Deactivate underused or unattached resources

Most organizations tend to get wrong with simple things which turn out to be the root cause for needless spending and resource wastage. The first step to cost optimization in your cloud strategy is to identify underutilized resources that you have been paying for.

Enterprises often continue to pay for resources that have been purchased earlier but are no longer useful. Identifying such unused and unattached resources and deactivating it on a regular basis brings you one step closer to cost optimization. If needed, you can deploy automated cloud management tools that are largely helpful in providing the analytics needed to optimize the cloud spending and cut costs on an ongoing basis.

  • Figure out idle instances

Another key cost optimization strategy is to identify the idle computing instances and consolidate them into fewer instances. An idle computing instance may require a CPU utilization level of 1-5%, but you may be billed by the service provider for 100% for the same instance.

Every enterprise will have such non-production instances that constitute unnecessary storage space and lead to overpaying. Re-evaluating your resource allocations regularly and removing unnecessary storage may help you save money significantly. Resource allocation is not only a matter of CPU and memory but also it is linked to the storage, network, and various other factors.

  • Deploy monitoring mechanisms

The key to efficient cost reduction in cloud computing technology lies in proactive monitoring. A comprehensive view of the cloud usage helps enterprises to monitor and minimize unnecessary spending. You can make use of various mechanisms for monitoring computing demand.

For instance, you can use a heatmap to understand the highs and lows in computing visually. This heat map indicates the start and stop times which in turn lead to reduced costs. You can also deploy automated tools that help organizations to schedule instances to start and stop. By following a heatmap, you can understand whether it is safe to shut down servers on holidays or weekends.

#cloud computing services #all #hybrid cloud #cloud #multi-cloud strategy #cloud spend #multi-cloud spending #multi cloud adoption #why multi cloud #multi cloud trends #multi cloud companies #multi cloud research #multi cloud market