EC2の揮発性ブロックストレージ「インスタンスストア」を使ってみよう!

EC2の揮発性ブロックストレージ「インスタンスストア」を使ってみよう!

EBSのようにデータが永続化されない一方で、EBSより高IOPS、高スループット、低レイテンシーのため、高いI/Oパフォーマンスが必要な一時ストレージに最適です。

インスタンスストアはEC2の揮発性ブロックストレージです。EBSのようにデータが永続化されない一方で、EBSより高IOPS、高スループット、低レイテンシーのため、高いI/Oパフォーマンスが必要な一時ストレージに最適です。

EC2のブロックストレージには、Amazon Elastic Block Store(EBS)以外にも、インスタンスストアという揮発性の個性的なストレージも存在します。

EC2のリリース当初のブロックストレージはインスタンスストア一択でしたが、現在は特定のインスタンスタイプでしか利用できないため、触れる機会が減っているようです。

今回は、この特徴的なブロックストレージ「インスタンスストア」について簡単に紹介します。

インスタンスストアとは

インスタンスストアは揮発性のため、一時ストレージにしか利用できませんが、そのトレードオフとして、高いパフォーマンスを発揮します。

公式ドキュメントから引用します。

インスタンスストアは、インスタンス用のブロックレベルの一時ストレージを提供します。このストレージは、ホストコンピュータに物理的にアタッチされたディスク上にあります。インスタンスストアは、頻繁に変更される情報 (バッファ、キャッシュ、スクラッチデータ、その他の一時コンテンツなど) の一時ストレージに最適です。また、インスタンスのフリート全体でレプリケートされるデータ (負荷分散されたウェブサーバープールなど) にも適しています。

インスタンスストアはすべてのEC2インスタンスタイプに付属するわけでは有りません。

  • 第5・6世代ではC5d, M6gdのように「d」がつくインスタンスタイプ
  • I3、F1

など一部のインスタンスタイプでのみ利用できます。

aws nitro system amazon ebs nvme instance store

Bootstrap 5 Complete Course with Examples

Bootstrap 5 Tutorial - Bootstrap 5 Crash Course for Beginners

Nest.JS Tutorial for Beginners

Hello Vue 3: A First Look at Vue 3 and the Composition API

Building a simple Applications with Vue 3

Deno Crash Course: Explore Deno and Create a full REST API with Deno

How to Build a Real-time Chat App with Deno and WebSockets

Convert HTML to Markdown Online

HTML entity encoder decoder Online

Amazon EC2 evolution— How Nitro changed everything and Instance type deep dive

The evolution of EC2 over the years and instance type mappings for your workloads. For those new to EC2, EC2 offers auto-scalable instances with compute, memory, storage and networking, deployable in multiple Availability zones/Regions while targetable by a load balancer along with management / administration tools such as AWS Systems Manager and AWS License Manager. EC2 instances are available under multiple purchase options such as Spot, On-Demand, Reserved and Savings Plan. It offers a broad choice of processors such as Intel, AMD and Amazon’s very own ARM-based Graviton processors.

New – Create Amazon RDS DB Instances on AWS Outposts

Late last year I told you about AWS Outposts and invited you to Order Yours Today. As I told you at the time, this is a comprehensive, single-vendor compute and storage offering that is designed to meet the needs of customers who need local processing and very low latency in their data centers and on factory floors. Outposts uses the hardware that we use in AWS public regions.

Amazon Announces Elastic File System (EFS) Support for AWS Lambda

Recently Amazon announced that AWS Lambda customers can now enable functions to access Amazon Elastic File System (Amazon EFS).

Configuring AWS EC2 Instance Using CLI

How to install AWS CLI and how to launch an EC2 instance and attach an EBS Volume to it. In this blog, I will be explaining how we can configure an EC2 instance(one of the computing services of AWS) using AWS CLI. Let’s get started…

AWS Fargate for Amazon Elastic Kubernetes Service | Caylent

Easily run Kubernetes-based applications on AWS by leveraging AWS Fargate and Amazon Elastic Kubernetes Service together. Learn more here.