渚  直樹

渚 直樹

1644598800

JavaScriptのparseInt関数

このチュートリアルではparseInt、JavaScriptの関数について説明します。この関数は、文字列を解析(分解)し、整数またはNaN(数値ではない)を返します。

関数のしくみparseInt

この関数を使用する主な目的はparseInt、文字列から数値を抽出することです。これにより、戻り値が実際の数値に変わります。

構文は次のとおりです。

parseInt(string)

以下の例を考えてみましょう。

const myNumber = '3';
console.log(2 + myNumber);
// returns 23

上記の例では、3は文字列であり、実際の数値ではありません。文字列に2を加算すると、数値の形式の文字列に2を加算するだけなので、23が与えられます。

このparseInt関数を使用すると、文字列から3を抽出して、実際の数値に変換できます。次に例を示します。

const myNumber = '3';
console.log(2 + parseInt(myNumber));
// returns 5

これで、関数は文字列から3を削除し、実際の数値に変換しました。

「3」から3まで。

parseInt関数は整数またはを返すことができると言ったことを思い出してくださいNaN。では、いつNaN値を取得するのでしょうか。

これは、文字列内の数値の前にテキストがある場合に発生します。関数は文字列を開始する最初の値のみを参照するNaNため、「ageis50」のようなものは値を返します。parseInt値が数値でない場合は、NaNが返されます。ここ:

const age = 'age is 50';
console.log(parseInt(age));
// returns NaN

文字列を並べ替えて、何が起こるか見てみましょう。

const age = '50 is the age';
console.log(parseInt(age));
// returns 50

これで、文字列の最初の値が数値になり、その数値が返されます。

parseIntこの関数はfloat値を無視することに注意してください。上記の年齢が50.05の場合でも、50を返し、.05を無視します。

同様に、「50 100 150 200」のような文字列がある場合、50個しか返されません。これは、parseInt関数が文字列の最初の値のみを抽出しようとするためです。

また、文字列の値が「50istheage」のように一緒に記述されている場合でも、50が返されます。

パラメータ_redix

このparseInt関数は、と呼ばれる2番目のパラメーターを受け入れますredix。このパラメーターは、使用する記数法を指定します。redixを省略すると、デフォルトとして10が使用されます。

構文は次のとおりです。

parseInt(string, radix)

これは通常、2から36までの整数です。redixの値が2未満または36より大きい場合は、NaNが返されます。

12のredixを指定する場合、文字列内の数値は、数値の十二進値からその10進値まで解析される必要があることを意味します。

簡単な例を次に示します。

console.log(parseInt("50", 12));

// returns 60

基数10(10進数)の十二進値50が60であるため、12が返されます。

結論

このチュートリアルでは、parseInt関数を使用して文字列から数値を抽出する方法を学習しました。

redixまた、パラメーターを使用して、返された整数を変換するときに使用する記数法を指定する方法も確認しました。

読んでくれてありがとう!

リンク:https ://www.freecodecamp.org/news/parseint-in-javascript-js-string-to-int-example/

#javascript 

What is GEEK

Buddha Community

JavaScriptのparseInt関数
渚  直樹

渚 直樹

1644598800

JavaScriptのparseInt関数

このチュートリアルではparseInt、JavaScriptの関数について説明します。この関数は、文字列を解析(分解)し、整数またはNaN(数値ではない)を返します。

関数のしくみparseInt

この関数を使用する主な目的はparseInt、文字列から数値を抽出することです。これにより、戻り値が実際の数値に変わります。

構文は次のとおりです。

parseInt(string)

以下の例を考えてみましょう。

const myNumber = '3';
console.log(2 + myNumber);
// returns 23

上記の例では、3は文字列であり、実際の数値ではありません。文字列に2を加算すると、数値の形式の文字列に2を加算するだけなので、23が与えられます。

このparseInt関数を使用すると、文字列から3を抽出して、実際の数値に変換できます。次に例を示します。

const myNumber = '3';
console.log(2 + parseInt(myNumber));
// returns 5

これで、関数は文字列から3を削除し、実際の数値に変換しました。

「3」から3まで。

parseInt関数は整数またはを返すことができると言ったことを思い出してくださいNaN。では、いつNaN値を取得するのでしょうか。

これは、文字列内の数値の前にテキストがある場合に発生します。関数は文字列を開始する最初の値のみを参照するNaNため、「ageis50」のようなものは値を返します。parseInt値が数値でない場合は、NaNが返されます。ここ:

const age = 'age is 50';
console.log(parseInt(age));
// returns NaN

文字列を並べ替えて、何が起こるか見てみましょう。

const age = '50 is the age';
console.log(parseInt(age));
// returns 50

これで、文字列の最初の値が数値になり、その数値が返されます。

parseIntこの関数はfloat値を無視することに注意してください。上記の年齢が50.05の場合でも、50を返し、.05を無視します。

同様に、「50 100 150 200」のような文字列がある場合、50個しか返されません。これは、parseInt関数が文字列の最初の値のみを抽出しようとするためです。

また、文字列の値が「50istheage」のように一緒に記述されている場合でも、50が返されます。

パラメータ_redix

このparseInt関数は、と呼ばれる2番目のパラメーターを受け入れますredix。このパラメーターは、使用する記数法を指定します。redixを省略すると、デフォルトとして10が使用されます。

構文は次のとおりです。

parseInt(string, radix)

これは通常、2から36までの整数です。redixの値が2未満または36より大きい場合は、NaNが返されます。

12のredixを指定する場合、文字列内の数値は、数値の十二進値からその10進値まで解析される必要があることを意味します。

簡単な例を次に示します。

console.log(parseInt("50", 12));

// returns 60

基数10(10進数)の十二進値50が60であるため、12が返されます。

結論

このチュートリアルでは、parseInt関数を使用して文字列から数値を抽出する方法を学習しました。

redixまた、パラメーターを使用して、返された整数を変換するときに使用する記数法を指定する方法も確認しました。

読んでくれてありがとう!

リンク:https ://www.freecodecamp.org/news/parseint-in-javascript-js-string-to-int-example/

#javascript