Edison  Stark

Edison Stark

1603339380

Googleが単一テナントノード向けのCPUオーバーコミットについて一般向けの提供を発表

Googleは最近のブログ投稿で、単一テナントノードのCPUオーバーコミットが一般向けに利用可能になったことを発表した。単一テナントノードのCPUオーバーコミットにより、顧客は専用ホストの仮想CPUリソースを最大2回オーバープロビジョンできる。

2年前、Googleは、専用の物理ホスト、つまりGoogle Compute Engine全体の上に仮想マシン(VM)を使用するためのオプションとして、Google Compute Engine上での単一テナントノードの提供をベータ版として発表した。2020年の初めに、同社はノードグループオートスケーラー、マルチテナントノードと単一テナントノード間での移行、ライセンス持ち込み(BYOL)向けの固定ノードプール内でのライブマイグレーションなどのいくつかの新機能により、単一テナントノードの柔軟性を向上させた。そして最近、同社は単一テナントノード用のCPUオーバーコミットの一般向け提供を開始した。

単一テナントノードに対してCPUオーバーコミットを有効にすると、仮想CPUが単一テナントノードを通して、アイドル状態のVMインスタンスから追加のリソースを必要とするVMインスタンスに自動的に再割り当てされる。ユーザは、VMインスタンスレベルで、VMあたりの保証可能な仮想CPUの最小数と、VMあたりの最大バースト可能仮想CPUを設定できる。したがって、ユーザは、1つの単一テナントノードでVMサイズとオーバーコミットレベルを管理して、特定のワークロードのニーズを満たすことができる。

#google #仮想マシン #設計/アーキテクチャ #デベロップメント #devops #ニュース

What is GEEK

Buddha Community

Googleが単一テナントノード向けのCPUオーバーコミットについて一般向けの提供を発表
Edison  Stark

Edison Stark

1603339380

Googleが単一テナントノード向けのCPUオーバーコミットについて一般向けの提供を発表

Googleは最近のブログ投稿で、単一テナントノードのCPUオーバーコミットが一般向けに利用可能になったことを発表した。単一テナントノードのCPUオーバーコミットにより、顧客は専用ホストの仮想CPUリソースを最大2回オーバープロビジョンできる。

2年前、Googleは、専用の物理ホスト、つまりGoogle Compute Engine全体の上に仮想マシン(VM)を使用するためのオプションとして、Google Compute Engine上での単一テナントノードの提供をベータ版として発表した。2020年の初めに、同社はノードグループオートスケーラー、マルチテナントノードと単一テナントノード間での移行、ライセンス持ち込み(BYOL)向けの固定ノードプール内でのライブマイグレーションなどのいくつかの新機能により、単一テナントノードの柔軟性を向上させた。そして最近、同社は単一テナントノード用のCPUオーバーコミットの一般向け提供を開始した。

単一テナントノードに対してCPUオーバーコミットを有効にすると、仮想CPUが単一テナントノードを通して、アイドル状態のVMインスタンスから追加のリソースを必要とするVMインスタンスに自動的に再割り当てされる。ユーザは、VMインスタンスレベルで、VMあたりの保証可能な仮想CPUの最小数と、VMあたりの最大バースト可能仮想CPUを設定できる。したがって、ユーザは、1つの単一テナントノードでVMサイズとオーバーコミットレベルを管理して、特定のワークロードのニーズを満たすことができる。

#google #仮想マシン #設計/アーキテクチャ #デベロップメント #devops #ニュース