坂本  篤司

坂本 篤司

1654286460

Solanaで独自のトークンを作成する

ブロックチェーン技術は大きく変化しました。安全性が高いという事実の他に、他の分野でも価値を提供するトークンがたくさんあります。

今日はソラナについてお話します。Solanaは、世界で最も高速なブロックチェーンであり、暗号通貨で最も急速に成長しているエコシステムであり、DeFi、NFT、Web3などにまたがる何千ものプロジェクトがあります。

このチュートリアルは、Solanaプラットフォームを使用してトークンを作成することに重点を置いています。飛び込みましょう!

トークンとは(簡単に)?

ブロックチェーンの世界のトークンは、スマートコントラクトにエンコードされた一連のルールを表します。各トークンはブロックチェーンアドレスに属しています。

これは本質的に、ブロックチェーンに安全に保存されるデジタル資産です。

なぜあなたはあなた自身のトークンを作りたいのですか?

トークンはデジタルアセットであるため、独自のトークンを作成できます。

雑草に深く入り込むことなく、お金/資産の基本的な考え方は、人々が何かに価値があることに同意するという事実の結果です。法定紙幣が生まれる前は、人々は商品だけを取引するのが一般的でした。

彼らは、比較的おおよその価値のある別のものを得るために、(彼らが合意したことに応じて)価値のある製品を交換しました。

今日と同じように、コミュニティや製品があり、(自国の通貨のように)従来の通貨を使用しないことにした場合は、代わりにデジタルアセットを作成し、代わりにそれを通じて支払うように人々に要求することができます。

お金と同じように、ある種の不足があるはずです—暗号/ブロックチェーンの世界では、これは「総供給」として知られています。総供給量とは、現在存在し、流通しているコインまたはトークンの数を指します。理想的には、価値のあるものを無制限に供給してはなりません。

 

トークンを作成するもう1つの理由は、学習のためです。トークンを作成すると、一般的なブロックチェーンとWeb3の開発に役立つブロックチェーンに関するいくつかの非常に重要な概念がわかります。

前提条件

Solanaを使用してトークンを作成するには、マシンに次のものが必要です。

実行solana -versionして、インストールしたことを確認します。

これを実行するように求められる場合があります。

PATH="/home/localhost/.local/share/solana/install/active_release/bin:$PATH"

SPL(Solana Program Library)CLIをインストールします。これは、トークンの作成に必要です。

を実行しますcargo install spl-token-cli

いくつかの重要な用語を理解する

さらにSPLトークンを作成する前に、次に共有したいいくつかの概念があります。

メインおよび開発環境

Solanaは、メイン環境と開発環境の2つの環境で動作します。あなたは開発者としてこれらの用語に精通しているかもしれません。メインネットワークは、本番用のメインのSolanaネットワークが保持される場所です。

開発とテストの目的では、開発環境が使用されます。このチュートリアルでは、開発環境を使用します。

デフォルトでは、環境は「メイン」に設定されています。先に進む前に、環境を「開発」に設定する必要があります。

solana config set --url https://api.devnet.solana.com

Solanaクラスター環境を確認するには、次のコマンドを実行しますsolana config get

これは、環境が開発中であることを確認します。

取引手数料

あるウォレットから別のウォレットに一定量の暗号通貨が転送されるときに、取引手数料が支払われます。

取引手数料は本質的に柔軟であり、ブロックチェーンのネットワークがどれだけ混雑しているかによって異なります。

総供給

先に述べたように、総供給量とは、現在存在し、流通しているか、何らかの理由でロックされているトークンの数を指します。

これは、採掘された(または発行された;採掘された)コインの合計から、破壊または燃焼されたコインの総数を引いたものです。

財布

暗号通貨ウォレットは、暗号通貨取引の公開鍵や秘密鍵を保存するデバイス、物理メディア、プログラム、またはサービスです。

キーを保存するこの基本的な機能に加えて、暗号通貨ウォレットは、情報を暗号化および/または署名する機能も提供することがよくあります。

あなたがあなたのお金を保つあなたの物理的な財布としてそれを考えてください。物理的に複数のウォレットを持つことができるのと同じように、同じ原則をブロックチェーンに適用することもできます。

トークンの作成

トークンを作成する前に、いくつかのSolanaが必要です(1つのSolanaでも十分です)。ソラナを1つ入手するには、ターミナルからエアドロップ(次のように:)できsolana airdrop 1ます。

(注:開発環境にあるため、これは実際のSolanaではないことに注意してください)

トークンを作成するには、以前にインストールしたSPLツールを使用します。を実行しますspl-token create-token。これによりトークンが作成されます。トークンはトークン識別子とも呼ばれます。コピーして保存してください。

アカウントの作成

上記で行ったことはトークンを作成することです—今度はそれを保存するためのアカウントが必要です。

銀行口座にお金を保管するのと同じように、口座ごとに異なる暗号通貨を使用できます。

トークンを保存するアカウントを作成するには、次のコマンドを実行しますspl-token create-account <token-identifier><token identifier> コピーした実際のトークン識別子に置き換えます。

鋳造

暗号の作成は、データを認証し、新しいブロックを作成し、プルーフオブステークプロトコルを介して情報をブロックチェーンに記録することにより、新しいコインを生成するプロセスです。

Solanaを使用してトークンを作成するには、次のコマンドを実行しますspl-token mint <token-identifier> <token-amount>

このために1,000,000トークンを作成しました。あなたはそれ以上またはそれ以下のことを自由に行うことができます。もう一度実行することで、アカウント内のミントされたばかりのトークンにさらにトークンをミントできることに注意してくださいspl-token mint <token-identifier> <token-amount>

次のコマンドを実行すると、いつでも残高を確認できますspl-token balance <token-identifier>

トークンはいくつでも作成でき、それらに個別のアカウントを作成できます。

総供給と燃焼を制限する

総供給量を制限するということは、それ以上のトークンが作成されないようにすることを意味します。この理由は経済学に埋め込まれています。

余剰が多すぎると値が下がる傾向があります。今、あなたは疑問に思うかもしれません、もしコインがすでに余剰になっているとしたら?ここで燃焼が起こります。

暗号での書き込みとは、循環から多数のトークンを永久に削除することを意味します。これは通常、問題のトークンを書き込みアドレス(トークンを取得できないウォレットアドレス)に転送することによって行われます。これは、トークンの破棄として説明されることがよくあります。

私たちの総供給を制限することは、私たちのミントパワーまたは権限を無効にすることによってソラナで達成されます。特定のトークンに対してこれを行うには、次を実行しますspl-token authorize <token-identifier> mint --disable

これは、総供給量にトークンを追加する方法がないことを意味します。

いくつかのトークンを書き込むために、これを実行します:spl-token burn <token-account-addresss> <amount>

1,000,000トークン(総供給量)から200,000トークンを燃やします。

ウォレット間の転送

ウォレット間の転送は、銀行口座で定期的に行うのと同じくらい簡単です。あるアカウントから別のアカウントに転送できます。必要なのはウォレットアドレスだけです。転送コマンドの詳細については、を実行してspl-token transfer --helpください。

転送を実行するために必要なすべての情報を提供する必要があります。

spl-token transfer \[FLAGS\] [OPTIONS] <TOKEN_ADDRESS> <TOKEN_AMOUNT> <RECIPIENT_ADDRESS or RECIPIENT_TOKEN_ACCOUNT_ADDRESS>

トークンに名前を付ける

トークンに任意の名前を付けることができます。メイン環境にいて、 src / tokens / solana.tokenlist.jsonの大きなトークンリストに別のJSONブロックを追加した後、プルリクエストを行うのと同じくらい簡単です。

詳細については、このページをご覧ください。

結論

おめでとうございます!このガイドの最後まで続きました。これは、Solanaネットワークを使用したトークンの作成に焦点を当てたチュートリアルであり、お役に立てば幸いです。

要件を満たす以外に、トークンを保存するアカウント(ウォレット)を作成する前に、先に進んでトークンを作成しました。また、コンテキストを提供するために、総供給、燃焼、ミンティングなどのいくつかの用語についても検討しました。

このストーリーは、もともとhttps://blog.logrocket.com/building-token-solana/で公開されました

#solana #token 

What is GEEK

Buddha Community

Solanaで独自のトークンを作成する
坂本  篤司

坂本 篤司

1654286460

Solanaで独自のトークンを作成する

ブロックチェーン技術は大きく変化しました。安全性が高いという事実の他に、他の分野でも価値を提供するトークンがたくさんあります。

今日はソラナについてお話します。Solanaは、世界で最も高速なブロックチェーンであり、暗号通貨で最も急速に成長しているエコシステムであり、DeFi、NFT、Web3などにまたがる何千ものプロジェクトがあります。

このチュートリアルは、Solanaプラットフォームを使用してトークンを作成することに重点を置いています。飛び込みましょう!

トークンとは(簡単に)?

ブロックチェーンの世界のトークンは、スマートコントラクトにエンコードされた一連のルールを表します。各トークンはブロックチェーンアドレスに属しています。

これは本質的に、ブロックチェーンに安全に保存されるデジタル資産です。

なぜあなたはあなた自身のトークンを作りたいのですか?

トークンはデジタルアセットであるため、独自のトークンを作成できます。

雑草に深く入り込むことなく、お金/資産の基本的な考え方は、人々が何かに価値があることに同意するという事実の結果です。法定紙幣が生まれる前は、人々は商品だけを取引するのが一般的でした。

彼らは、比較的おおよその価値のある別のものを得るために、(彼らが合意したことに応じて)価値のある製品を交換しました。

今日と同じように、コミュニティや製品があり、(自国の通貨のように)従来の通貨を使用しないことにした場合は、代わりにデジタルアセットを作成し、代わりにそれを通じて支払うように人々に要求することができます。

お金と同じように、ある種の不足があるはずです—暗号/ブロックチェーンの世界では、これは「総供給」として知られています。総供給量とは、現在存在し、流通しているコインまたはトークンの数を指します。理想的には、価値のあるものを無制限に供給してはなりません。

 

トークンを作成するもう1つの理由は、学習のためです。トークンを作成すると、一般的なブロックチェーンとWeb3の開発に役立つブロックチェーンに関するいくつかの非常に重要な概念がわかります。

前提条件

Solanaを使用してトークンを作成するには、マシンに次のものが必要です。

実行solana -versionして、インストールしたことを確認します。

これを実行するように求められる場合があります。

PATH="/home/localhost/.local/share/solana/install/active_release/bin:$PATH"

SPL(Solana Program Library)CLIをインストールします。これは、トークンの作成に必要です。

を実行しますcargo install spl-token-cli

いくつかの重要な用語を理解する

さらにSPLトークンを作成する前に、次に共有したいいくつかの概念があります。

メインおよび開発環境

Solanaは、メイン環境と開発環境の2つの環境で動作します。あなたは開発者としてこれらの用語に精通しているかもしれません。メインネットワークは、本番用のメインのSolanaネットワークが保持される場所です。

開発とテストの目的では、開発環境が使用されます。このチュートリアルでは、開発環境を使用します。

デフォルトでは、環境は「メイン」に設定されています。先に進む前に、環境を「開発」に設定する必要があります。

solana config set --url https://api.devnet.solana.com

Solanaクラスター環境を確認するには、次のコマンドを実行しますsolana config get

これは、環境が開発中であることを確認します。

取引手数料

あるウォレットから別のウォレットに一定量の暗号通貨が転送されるときに、取引手数料が支払われます。

取引手数料は本質的に柔軟であり、ブロックチェーンのネットワークがどれだけ混雑しているかによって異なります。

総供給

先に述べたように、総供給量とは、現在存在し、流通しているか、何らかの理由でロックされているトークンの数を指します。

これは、採掘された(または発行された;採掘された)コインの合計から、破壊または燃焼されたコインの総数を引いたものです。

財布

暗号通貨ウォレットは、暗号通貨取引の公開鍵や秘密鍵を保存するデバイス、物理メディア、プログラム、またはサービスです。

キーを保存するこの基本的な機能に加えて、暗号通貨ウォレットは、情報を暗号化および/または署名する機能も提供することがよくあります。

あなたがあなたのお金を保つあなたの物理的な財布としてそれを考えてください。物理的に複数のウォレットを持つことができるのと同じように、同じ原則をブロックチェーンに適用することもできます。

トークンの作成

トークンを作成する前に、いくつかのSolanaが必要です(1つのSolanaでも十分です)。ソラナを1つ入手するには、ターミナルからエアドロップ(次のように:)できsolana airdrop 1ます。

(注:開発環境にあるため、これは実際のSolanaではないことに注意してください)

トークンを作成するには、以前にインストールしたSPLツールを使用します。を実行しますspl-token create-token。これによりトークンが作成されます。トークンはトークン識別子とも呼ばれます。コピーして保存してください。

アカウントの作成

上記で行ったことはトークンを作成することです—今度はそれを保存するためのアカウントが必要です。

銀行口座にお金を保管するのと同じように、口座ごとに異なる暗号通貨を使用できます。

トークンを保存するアカウントを作成するには、次のコマンドを実行しますspl-token create-account <token-identifier><token identifier> コピーした実際のトークン識別子に置き換えます。

鋳造

暗号の作成は、データを認証し、新しいブロックを作成し、プルーフオブステークプロトコルを介して情報をブロックチェーンに記録することにより、新しいコインを生成するプロセスです。

Solanaを使用してトークンを作成するには、次のコマンドを実行しますspl-token mint <token-identifier> <token-amount>

このために1,000,000トークンを作成しました。あなたはそれ以上またはそれ以下のことを自由に行うことができます。もう一度実行することで、アカウント内のミントされたばかりのトークンにさらにトークンをミントできることに注意してくださいspl-token mint <token-identifier> <token-amount>

次のコマンドを実行すると、いつでも残高を確認できますspl-token balance <token-identifier>

トークンはいくつでも作成でき、それらに個別のアカウントを作成できます。

総供給と燃焼を制限する

総供給量を制限するということは、それ以上のトークンが作成されないようにすることを意味します。この理由は経済学に埋め込まれています。

余剰が多すぎると値が下がる傾向があります。今、あなたは疑問に思うかもしれません、もしコインがすでに余剰になっているとしたら?ここで燃焼が起こります。

暗号での書き込みとは、循環から多数のトークンを永久に削除することを意味します。これは通常、問題のトークンを書き込みアドレス(トークンを取得できないウォレットアドレス)に転送することによって行われます。これは、トークンの破棄として説明されることがよくあります。

私たちの総供給を制限することは、私たちのミントパワーまたは権限を無効にすることによってソラナで達成されます。特定のトークンに対してこれを行うには、次を実行しますspl-token authorize <token-identifier> mint --disable

これは、総供給量にトークンを追加する方法がないことを意味します。

いくつかのトークンを書き込むために、これを実行します:spl-token burn <token-account-addresss> <amount>

1,000,000トークン(総供給量)から200,000トークンを燃やします。

ウォレット間の転送

ウォレット間の転送は、銀行口座で定期的に行うのと同じくらい簡単です。あるアカウントから別のアカウントに転送できます。必要なのはウォレットアドレスだけです。転送コマンドの詳細については、を実行してspl-token transfer --helpください。

転送を実行するために必要なすべての情報を提供する必要があります。

spl-token transfer \[FLAGS\] [OPTIONS] <TOKEN_ADDRESS> <TOKEN_AMOUNT> <RECIPIENT_ADDRESS or RECIPIENT_TOKEN_ACCOUNT_ADDRESS>

トークンに名前を付ける

トークンに任意の名前を付けることができます。メイン環境にいて、 src / tokens / solana.tokenlist.jsonの大きなトークンリストに別のJSONブロックを追加した後、プルリクエストを行うのと同じくらい簡単です。

詳細については、このページをご覧ください。

結論

おめでとうございます!このガイドの最後まで続きました。これは、Solanaネットワークを使用したトークンの作成に焦点を当てたチュートリアルであり、お役に立てば幸いです。

要件を満たす以外に、トークンを保存するアカウント(ウォレット)を作成する前に、先に進んでトークンを作成しました。また、コンテキストを提供するために、総供給、燃焼、ミンティングなどのいくつかの用語についても検討しました。

このストーリーは、もともとhttps://blog.logrocket.com/building-token-solana/で公開されました

#solana #token 

中條 美冬

1654595280

Web3プログラミングチュートリアル| Solanaで独自のトークンを作成する

世界で最も急速に成長している暗号エコシステムであるSolanaプラットフォームを使用してトークンを作成する方法を学びます。

ブロックチェーンテクノロジーは大きく変化しました。安全性が高いという事実の他に、他の分野でも価値を提供するトークンがたくさんあります。

今日はソラナについてお話します。Solanaは、世界で最も高速なブロックチェーンであり、暗号通貨で最も急速に成長しているエコシステムであり、DeFi、NFT、Web3などにまたがる何千ものプロジェクトがあります。

このチュートリアルは、Solanaプラットフォームを使用してトークンを作成することに重点を置いています。飛び込みましょう!

  • トークンとは(簡単に)?
  • なぜあなたはあなた自身のトークンを作りたいのですか?
  • 前提条件
  • いくつかの重要な用語を理解する
    • メインおよび開発環境
    • 取引手数料
    • 総供給
    • 財布
  • トークンの作成
    • アカウントの作成
    • 鋳造
    • 総供給と燃焼を制限する
    • ウォレット間の転送
    • トークンに名前を付ける

トークンとは(簡単に)?

ブロックチェーンの世界のトークンは、スマートコントラクトにエンコードされた一連のルールを表します。各トークンはブロックチェーンアドレスに属しています。

これは本質的に、ブロックチェーンに安全に保存されるデジタル資産です。

なぜあなたはあなた自身のトークンを作りたいのですか?

トークンはデジタルアセットであるため、独自のトークンを作成できます。

雑草に深く入り込むことなく、お金/資産の基本的な考え方は、人々が何かに価値があることに同意するという事実の結果です。法定紙幣が生まれる前は、人々は商品だけを取引するのが一般的でした。

彼らは、比較的おおよその価値のある別のものを得るために、(彼らが合意したことに応じて)価値のある製品を交換しました。

今日と同じように、コミュニティや製品があり、(自国の通貨のように)従来の通貨を使用しないことにした場合は、代わりにデジタルアセットを作成し、代わりにそれを通じて支払うように人々に要求することができます。

お金と同じように、ある種の不足があるはずです—暗号/ブロックチェーンの世界では、これは「総供給」として知られています。総供給量とは、現在存在し、流通しているコインまたはトークンの数を指します。理想的には、価値のあるものを無制限に供給してはなりません。

トークンを作成するもう1つの理由は、学習のためです。トークンを作成すると、一般的なブロックチェーンとWeb3の開発に役立つブロックチェーンに関するいくつかの非常に重要な概念がわかります。

前提条件

Solanaを使用してトークンを作成するには、マシンに次のものが必要です。

実行solana -versionして、インストールしたことを確認します。

ソラナのインストール確認

これを実行するように求められる場合があります。

PATH="/home/localhost/.local/share/solana/install/active_release/bin:$PATH"

SPL(Solana Program Library)CLIをインストールします。これは、トークンの作成に必要です。

を実行しますcargo install spl-token-cli

インストール中のSPL

いくつかの重要な用語を理解する

さらにSPLトークンを作成する前に、次に共有したいいくつかの概念があります。

メインおよび開発環境

Solanaは、メイン環境と開発環境の2つの環境で動作します。あなたは開発者としてこれらの用語に精通しているかもしれません。メインネットワークは、本番用のメインのSolanaネットワークが保持される場所です。

開発とテストの目的では、開発環境が使用されます。このチュートリアルでは、開発環境を使用します。

デフォルトでは、環境は「メイン」に設定されています。先に進む前に、環境を「開発」に設定する必要があります。

solana config set --url https://api.devnet.solana.com

Solanaクラスター環境を確認するには、以下を実行しますsolana config get

ソラナクラスター環境チェック

これは、環境が開発中であることを確認します。

取引手数料

あるウォレットから別のウォレットに一定量の暗号通貨が転送されるときに、取引手数料が支払われます。

取引手数料は本質的に柔軟であり、ブロックチェーンのネットワークがどれだけ混雑しているかによって異なります。

総供給

先に述べたように、総供給量とは、現在存在し、流通しているか、何らかの理由でロックされているトークンの数を指します。

これは、採掘された(または発行された;採掘された)コインの合計から、破壊または燃焼されたコインの総数を引いたものです。

財布

暗号通貨ウォレットは、暗号通貨取引の公開鍵や秘密鍵を保存するデバイス、物理メディア、プログラム、またはサービスです。

キーを保存するこの基本的な機能に加えて、暗号通貨ウォレットは、情報を暗号化および/または署名する機能も提供することがよくあります。

あなたがあなたのお金を保つあなたの物理的な財布としてそれを考えてください。物理的に複数のウォレットを持つことができるのと同じように、同じ原則をブロックチェーンに適用することもできます。

トークンの作成

トークンを作成する前に、いくつかのSolanaが必要です(1つのSolanaでも十分です)。ソラナを1つ入手するには、ターミナルからエアドロップ(次のように:)できsolana airdrop 1ます。

(注:開発環境にあるため、これは実際のSolanaではないことに注意してください)

トークンを作成するには、以前にインストールしたSPLツールを使用します。を実行しますspl-token create-token。これによりトークンが作成されます。トークンはトークン識別子とも呼ばれます。コピーして保存してください。

SPL作成トークン

アカウントの作成

上記で行ったことはトークンを作成することです—今度はそれを保存するためのアカウントが必要です。

銀行口座にお金を保管するのと同じように、口座ごとに異なる暗号通貨を使用できます。

トークンを保存するアカウントを作成するには、次のコマンドを実行しますspl-token create-account <token-identifier><token identifier> コピーした実際のトークン識別子に置き換えます。

アカウントストアトークンを作成する

鋳造

暗号化の作成は、データを認証し、新しいブロックを作成し、プルーフオブステークプロトコルを介して情報をブロックチェーンに記録することにより、新しいコインを生成するプロセスです。

Solanaを使用してトークンを作成するには、次のコマンドを実行しますspl-token mint <token-identifier> <token-amount>

ミントソラナトークン

このために1,000,000トークンを作成しました。あなたはそれ以上またはそれ以下のことを自由に行うことができます。もう一度実行することで、アカウント内のミントされたばかりのトークンにさらにトークンをミントできることに注意してくださいspl-token mint <token-identifier> <token-amount>

次のコマンドを実行すると、いつでも残高を確認できますspl-token balance <token-identifier>

トークンはいくつでも作成でき、それらに個別のアカウントを作成できます。

総供給と燃焼を制限する

総供給量を制限するということは、それ以上のトークンが作成されないようにすることを意味します。この理由は経済学に埋め込まれています。

余剰が多すぎると、値が下がる傾向があります。今、あなたは疑問に思うかもしれません、もしコインがすでに余剰になっているとしたら?ここで燃焼が起こります。

暗号での書き込みとは、循環から多数のトークンを永久に削除することを意味します。これは通常、問題のトークンを書き込みアドレス(トークンを取得できないウォレットアドレス)に転送することによって行われます。これは、トークンの破棄として説明されることがよくあります。

私たちの総供給を制限することは、私たちのミントパワーまたは権限を無効にすることによってソラナで達成されます。特定のトークンに対してこれを行うには、次を実行しますspl-token authorize <token-identifier> mint --disable

ソラナトークンの供給を制限する

これは、総供給量にトークンを追加する方法がないことを意味します。

いくつかのトークンを書き込むために、これを実行します:spl-token burn <token-account-addresss> <amount>

1,000,000トークン(総供給量)から200,000トークンを燃やします。

ソラナトークンを燃やす

ウォレット間の転送

ウォレット間の転送は、銀行口座で定期的に行うのと同じくらい簡単です。あるアカウントから別のアカウントに転送できます。必要なのはウォレットアドレスだけです。転送コマンドの詳細については、を実行してspl-token transfer --helpください。

転送を実行するために必要なすべての情報を提供する必要があります。

転送の実行

spl-token transfer \[FLAGS\] [OPTIONS] <TOKEN_ADDRESS> <TOKEN_AMOUNT> <RECIPIENT_ADDRESS or RECIPIENT_TOKEN_ACCOUNT_ADDRESS>

トークン転送情報

トークンに名前を付ける

トークンに任意の名前を付けることができます。メイン環境にいて、 src / tokens / solana.tokenlist.jsonのラージトークンリストに別のJSONブロックを追加した後、プルリクエストを行うのと同じくらい簡単です。

詳細については、このページをご覧ください。

結論

おめでとうございます!このガイドの最後まで続きました。これは、Solanaネットワークを使用したトークンの作成に焦点を当てたチュートリアルであり、お役に立てば幸いです。

要件を満たす以外に、トークンを保存するアカウント(ウォレット)を作成する前に、先に進んでトークンを作成しました。また、コンテキストを提供するために、総供給、燃焼、鋳造などのいくつかの用語についても検討しました。

https://blog.logrocket.comの元の記事のソース