中條 美冬

1639564140

NodeJSアプリをAmazonAWSEC2にデプロイする方法

ノードjsアプリをAWSec2にデプロイします。このチュートリアルでは、Amazon awsec2インスタンスにノードjs + expressアプリをデプロイする方法を学習します。

アマゾンは、仮想化の力を活用してサーバーインスタンスをオンデマンドで提供する最初のパブリッククラウドサービスとしてEC2を使用して2006年にアマゾンウェブサービス(AWS)を開始しました。Amazonは、サーバーを独自のデータセンターに論理的に分割し、その上にソフトウェアレイヤーを追加して、インスタンスと呼ばれるより小さな論理サーバーを作成しました。AWS上のEC2インスタンスは、オンデマンドで利用可能で秒単位で請求される構成可能なサイズ、メモリ、ネットワークを備えたWeb上の仮想マシンとして一般に提供されるようになりました。以前は、サーバーを必要とする企業や個人は、物理サーバーを購入してオンプレミスで保守する必要があります。たとえ、月に数日、さらには1年しかサーバーが必要でなかったとしてもです。アプリケーションは、ハードウェアをホストしたり、必要に応じてスケールアップまたはスケールダウンしたりすることなく展開することもできます。これらのチュートリアル手順を通じて、

AWSEC2にNodeJS + Expressアプリをデプロイする

次のシンプルで簡単な手順を使用して、ec2 intanceを作成/起動し、awsec2にnodejs + expressアプリをデプロイします。

  • ステップ1:awsコンソールにログインします
  • ステップ2:インスタンスの起動を選択します
  • ステップ3:AMIを選択する
  • ステップ4:EC2インスタンスタイプを選択する
  • ステップ5:インスタンスの詳細を構成する
  • ステップ6:Ec2Intanceのストレージを追加する
  • ステップ7:Ec2インスタンスのインスタンスにタグを付ける
  • 手順8:セキュリティグループを構成する
  • ステップ9:インスタンスを確認する
  • ステップ10:インスタンスアクセス用のキーペアを作成する
  • ステップ11:Puttyを使用してインスタンスをターミナルに接続する
  • ステップ12:NodeJSをインストールしてアプリケーションをデプロイする

ステップ1:awsコンソールにログインします

このリンクhttps://console.aws.amazon.com/ec2/を使用して、awsコンソールアカウントにログインします。

ステップ2:インスタンスの起動を選択します

まず、下の画像に表示されている[Launch Instance]ボタンをクリックして、awsで新しいec2インスタンスを起動/作成します。

ステップ3:AMIを選択する

このステップでは、必要に応じてAMIを選択します。ここでは、Ubuntuサーバー18.04 LTS –SSD値タイプを選択します。


ステップ4:EC2インスタンスタイプを選択する

このステップでは、下の図に示すec2インスタンスタイプを選択します。

ステップ5:インスタンスの詳細を構成する

このステップでは、インスタンスを構成する必要があります。下の写真のように:

ステップ6:Ec2Intanceのストレージを追加する

このステップでは、ストレージを選択します。デフォルトでは、ec2t2-microは8GBのSSDを提供します。ただし、必要に応じて変更できます。下の写真に示されています:

ステップ7:Ec2インスタンスのインスタンスにタグを付ける

このステップでは、キーと値のペアを持つインスタンスのタグを追加する必要があります。

下の写真のように:


手順8:セキュリティグループを構成する

セキュリティグループを構成するこの次のステップでは、インスタンスポートのトラフィックを制限できます。

  1. 新しいセキュリティグループの作成
  2. 参照しやすいようにセキュリティグループに名前を付ける
  3. インスタンスで有効にするプロトコルを定義する
  4. ファイアウォールルールが設定されると、確認して起動します
     

ステップ9:インスタンスを確認する

このステップでは、すべての設定とパラメーターを確認する必要があります。次に、起動ボタンをクリックします。

ステップ10:インスタンスアクセス用のキーペアを作成する

このステップでは、awsインスタンスにログインするためのキーペアを作成するように求められます。キーペアは、公開鍵と秘密鍵のセットです。

したがって、新しいキーペアを作成し、このキーの名前を追加します。次に、ダウンロードしてセキュリティで保護されたフォルダに保存します。

[インスタンス起動]ボタンをクリックして、 インスタンス を起動します。そして、インスタンスまたはWebサーバーを完全に起動するまで数分待ちます。

ステップ11:Puttyを使用してインスタンスをターミナルに接続する

Windows、Mac、Linuxユーザーの場合はssh経由でawsec2インスタンスに接続します。

ステップ12:NodeJSをインストールしてアプリケーションをデプロイする

terminalまたはsshを使用してawsec2インスタンスに接続したら、次のコマンドを実行してパッケージを更新します。

sudo apt-get update

次に、次のコマンドを実行して、最新バージョンのNodeJSをインストールします。

curl -sL https://deb.nodesource.com/setup_14.x | sudo -E bash -
sudo apt-get install -y nodejs

次のコマンドでインストールされたNodeJのバージョンを確認して、NodeJSがインストールされていることを確認します。

node -v

次に、次のコマンドを使用してgitをインストールします。

sudo apt-get install git

Git は、無料のオープンソースの分散バージョン管理システムです。Githubから単純なノードアプリを含むgitリポジトリのクローンを作成し、それを変更してデプロイします。Gitはすでにインスタンスにインストールされている可能性があります。

次のコマンドを実行して、Nodeアプリファイルのクローンを作成します。

git clone https://github.com/tutsmake/Simple-Node-JS-App.git

次のコマンドでディレクトリに移動します。

cd node-app

次に、以下を実行してnode-modulesフォルダーを作成するNode依存関係をインストールします。

npm install

これで、実行時にアプリケーションをライブでデプロイできます。

node index.js

ターミナルを開くとすぐにアプリが実行され、ターミナルを閉じるとアプリが終了します。PM2(Production manager 2)をインストールして、ターミナルを閉じた後、またはリモートサーバーから切断した後もアプリを稼働させ続けます。次のコマンドを実行します。

sudo npm install pm2 -g

PM2はサーバーにグローバルにインストールされます。PM2を使用してアプリを実行します。

sudo pm2 start index.js

nodejsアプリをAmazonec2インスタンスにデプロイする方法についてこのチュートリアルを読んでいただきありがとうございます。
 

What is GEEK

Buddha Community

中條 美冬

1639564140

NodeJSアプリをAmazonAWSEC2にデプロイする方法

ノードjsアプリをAWSec2にデプロイします。このチュートリアルでは、Amazon awsec2インスタンスにノードjs + expressアプリをデプロイする方法を学習します。

アマゾンは、仮想化の力を活用してサーバーインスタンスをオンデマンドで提供する最初のパブリッククラウドサービスとしてEC2を使用して2006年にアマゾンウェブサービス(AWS)を開始しました。Amazonは、サーバーを独自のデータセンターに論理的に分割し、その上にソフトウェアレイヤーを追加して、インスタンスと呼ばれるより小さな論理サーバーを作成しました。AWS上のEC2インスタンスは、オンデマンドで利用可能で秒単位で請求される構成可能なサイズ、メモリ、ネットワークを備えたWeb上の仮想マシンとして一般に提供されるようになりました。以前は、サーバーを必要とする企業や個人は、物理サーバーを購入してオンプレミスで保守する必要があります。たとえ、月に数日、さらには1年しかサーバーが必要でなかったとしてもです。アプリケーションは、ハードウェアをホストしたり、必要に応じてスケールアップまたはスケールダウンしたりすることなく展開することもできます。これらのチュートリアル手順を通じて、

AWSEC2にNodeJS + Expressアプリをデプロイする

次のシンプルで簡単な手順を使用して、ec2 intanceを作成/起動し、awsec2にnodejs + expressアプリをデプロイします。

  • ステップ1:awsコンソールにログインします
  • ステップ2:インスタンスの起動を選択します
  • ステップ3:AMIを選択する
  • ステップ4:EC2インスタンスタイプを選択する
  • ステップ5:インスタンスの詳細を構成する
  • ステップ6:Ec2Intanceのストレージを追加する
  • ステップ7:Ec2インスタンスのインスタンスにタグを付ける
  • 手順8:セキュリティグループを構成する
  • ステップ9:インスタンスを確認する
  • ステップ10:インスタンスアクセス用のキーペアを作成する
  • ステップ11:Puttyを使用してインスタンスをターミナルに接続する
  • ステップ12:NodeJSをインストールしてアプリケーションをデプロイする

ステップ1:awsコンソールにログインします

このリンクhttps://console.aws.amazon.com/ec2/を使用して、awsコンソールアカウントにログインします。

ステップ2:インスタンスの起動を選択します

まず、下の画像に表示されている[Launch Instance]ボタンをクリックして、awsで新しいec2インスタンスを起動/作成します。

ステップ3:AMIを選択する

このステップでは、必要に応じてAMIを選択します。ここでは、Ubuntuサーバー18.04 LTS –SSD値タイプを選択します。


ステップ4:EC2インスタンスタイプを選択する

このステップでは、下の図に示すec2インスタンスタイプを選択します。

ステップ5:インスタンスの詳細を構成する

このステップでは、インスタンスを構成する必要があります。下の写真のように:

ステップ6:Ec2Intanceのストレージを追加する

このステップでは、ストレージを選択します。デフォルトでは、ec2t2-microは8GBのSSDを提供します。ただし、必要に応じて変更できます。下の写真に示されています:

ステップ7:Ec2インスタンスのインスタンスにタグを付ける

このステップでは、キーと値のペアを持つインスタンスのタグを追加する必要があります。

下の写真のように:


手順8:セキュリティグループを構成する

セキュリティグループを構成するこの次のステップでは、インスタンスポートのトラフィックを制限できます。

  1. 新しいセキュリティグループの作成
  2. 参照しやすいようにセキュリティグループに名前を付ける
  3. インスタンスで有効にするプロトコルを定義する
  4. ファイアウォールルールが設定されると、確認して起動します
     

ステップ9:インスタンスを確認する

このステップでは、すべての設定とパラメーターを確認する必要があります。次に、起動ボタンをクリックします。

ステップ10:インスタンスアクセス用のキーペアを作成する

このステップでは、awsインスタンスにログインするためのキーペアを作成するように求められます。キーペアは、公開鍵と秘密鍵のセットです。

したがって、新しいキーペアを作成し、このキーの名前を追加します。次に、ダウンロードしてセキュリティで保護されたフォルダに保存します。

[インスタンス起動]ボタンをクリックして、 インスタンス を起動します。そして、インスタンスまたはWebサーバーを完全に起動するまで数分待ちます。

ステップ11:Puttyを使用してインスタンスをターミナルに接続する

Windows、Mac、Linuxユーザーの場合はssh経由でawsec2インスタンスに接続します。

ステップ12:NodeJSをインストールしてアプリケーションをデプロイする

terminalまたはsshを使用してawsec2インスタンスに接続したら、次のコマンドを実行してパッケージを更新します。

sudo apt-get update

次に、次のコマンドを実行して、最新バージョンのNodeJSをインストールします。

curl -sL https://deb.nodesource.com/setup_14.x | sudo -E bash -
sudo apt-get install -y nodejs

次のコマンドでインストールされたNodeJのバージョンを確認して、NodeJSがインストールされていることを確認します。

node -v

次に、次のコマンドを使用してgitをインストールします。

sudo apt-get install git

Git は、無料のオープンソースの分散バージョン管理システムです。Githubから単純なノードアプリを含むgitリポジトリのクローンを作成し、それを変更してデプロイします。Gitはすでにインスタンスにインストールされている可能性があります。

次のコマンドを実行して、Nodeアプリファイルのクローンを作成します。

git clone https://github.com/tutsmake/Simple-Node-JS-App.git

次のコマンドでディレクトリに移動します。

cd node-app

次に、以下を実行してnode-modulesフォルダーを作成するNode依存関係をインストールします。

npm install

これで、実行時にアプリケーションをライブでデプロイできます。

node index.js

ターミナルを開くとすぐにアプリが実行され、ターミナルを閉じるとアプリが終了します。PM2(Production manager 2)をインストールして、ターミナルを閉じた後、またはリモートサーバーから切断した後もアプリを稼働させ続けます。次のコマンドを実行します。

sudo npm install pm2 -g

PM2はサーバーにグローバルにインストールされます。PM2を使用してアプリを実行します。

sudo pm2 start index.js

nodejsアプリをAmazonec2インスタンスにデプロイする方法についてこのチュートリアルを読んでいただきありがとうございます。