Amazon EventBridge Schema RegistryがAWSで一般向けに提供開始される

Amazon EventBridge Schema RegistryがAWSで一般向けに提供開始される

最近、Amazonは、Amazon EventBridgeサービスのSchema Registry機能の一般向け提供を発表した。Amazon EventBridge Schema Registryを使用すると、開発者はイベント構造(またはスキーマ)を共有の中央のロケーションに保存し、それらのスキーマをJava、Python、Typescriptのコードにマップできる。ゆえに、開発者はイベントをコード内のオブジェクトとして使用できる。

最近、Amazonは、Amazon EventBridgeサービスSchema Registry機能の一般向け提供を発表した。Amazon EventBridge Schema Registryを使用すると、開発者はイベント構造(またはスキーマ)を共有の中央のロケーションに保存し、それらのスキーマをJava、Python、Typescriptのコードにマップできる。ゆえに、開発者はイベントをコード内のオブジェクトとして使用できる。

Amazon EventBridgeは、AWSサービスであるSoftware-as-a-Service(SaaS)およびカスタムアプリケーションが、イベントを使って相互に通信できるようにするサーバーレスイベントバスである。このサービスは昨年7月から一般向けに提供されている。そして、スキーマレジストリの新機能がre:Invent 2019のときにプレビューで発表され、現在一般向けに提供されている。

EventBridge Schema Registryを使用すると、開発者はEventBridge上のイベントのOpenAPIスキーマを検出、作成、管理できる。ドキュメントによると、既存のAWSサービスのスキーマを検索したり、カスタムスキーマを作成してアップロードしたり、イベントバス上のイベントに基づいてスキーマを生成したりできる。さらに、EventBridgeのすべてのスキーマを使用して、開発者はコードバインディングを生成およびダウンロードして、これらのイベントを使用するアプリケーションをすばやく構築できる。

GAリリースでは、Amazonはスキーマレジストリリソースポリシーのサポートも導入している。それによって、企業はさまざまなAWSアカウントや組織間でスキーマリポジトリを共有できるようになる。ポリシーによって、別のチームが共有レジストリに追加したスキーマを共有、検索、使用するという利点を、さまざまなチームの開発者が享受できる。Amazon Web Servicesのチーフエバンジェリスト(EMEA)であるDanilo Poccia氏が、EventBridge Schema Registryに関するブログ投稿で次のように説明している。

各チームは、AWSアカウントを使ってアプリケーションを開発しています。EventBridgeを使って、チームは次のアーキテクチャを実装できます。

  • フロントエンドのCreateAccountアプリケーションは、リクエストを処理するために、Amazon API Gatewayを使用する。リクエストは、Pythonで記述されたAWS Lambda関数を使用して処理される。新しいアカウントが作成されると、Lambda関数はカスタムイベントバスでACCOUNT_CREATEDイベントを公開する。
  • バックエンドのFraudCheck Lambda関数はJavaで構築されている。それは、ACCOUNT_CREATEDイベントを受信し、偽のアカウントであるリスクを推定するためにAmazon Fraud Detectorを呼び出す。リスクが特定のしきい値を超える場合、Lambda関数はプリエンプティブアクションを実行する。たとえば、データベースでアカウントに偽物のフラグを付けたり、イベントバスにFAKE_ACCOUNTイベントを投稿したりできる。

amazon service registry amazon webサービス event driven architecture event stream processing デベロップメント 設計/アーキテクチャ devops ニュース

Bootstrap 5 Complete Course with Examples

Bootstrap 5 Tutorial - Bootstrap 5 Crash Course for Beginners

Nest.JS Tutorial for Beginners

Hello Vue 3: A First Look at Vue 3 and the Composition API

Building a simple Applications with Vue 3

Deno Crash Course: Explore Deno and Create a full REST API with Deno

How to Build a Real-time Chat App with Deno and WebSockets

Convert HTML to Markdown Online

HTML entity encoder decoder Online

Event-Driven Architecture: Getting Started with Event-Driven Architecture

Event-Driven Architecture: Getting Started with Event-Driven Architecture

AWSがコードレスのモバイル&Webアプリビルダーをベータリリース: Amazon Honeycode

AWSは最近、Amazon Honeycodeのベータリリースを発表した。これは、顧客がコードを記述せずにすばやくモバイルおよびウェブアプリケーションを構築できるフルマネージドサービスである。

Amazon EventBridge Schema Registry Now Generally Available on AWS

Recently Amazon announced the general availability of the Schema Registry capability in the Amazon EventBridge service. With Amazon EventBridge Schema Registry, developers can store the event structure - or schema - in a shared central location and map those schemas to code for Java, Python, and Typescript, meaning that they can use events as objects in their code.

Amazon 新コマンドラインツール AWS Copilot 発表

先頃、AmazonはAWS Copilotと呼ばれる新しいコマンドラインインターフェイスツールを発表した。これにより、顧客はAWSでコンテナ化されたアプリケーションを開発

Event-Driven Architecture as a Strategy

Event-driven architecture provides five key benefits to modern application architecture: scalability, resilience, agility, data sharing, and cloud enabling.