Mrinal Raj

Mrinal Raj

1625622929

Busy Plugin Developers Series - Episode 1

At JetBrains, we are constantly working on improving our products and tools, many of which are open-source projects. You may have recently noticed some increased activity around our Gradle IntelliJ Plugin project, which we would like to introduce to you in this webinar as it has just reached v1.0!

Another important facet for the 2021.2 release cycle is the increased security in JetBrains Marketplace and all of our IDEs. We’ll tell you all you need to know about that.

And last but not least, this webinar will feature a special guest from VirtusLab who will share their experience of UI testing.

During the webinar, we will discuss:

How to work with the Gradle IntelliJ Plugin?
What did we introduce in Gradle IntelliJ Plugin 1.0?
What is Plugin Signing, and how will it affect your plugin development or daily use of IntelliJ-based IDEs?
How to test the UI of your plugin and probe the state of a running IDE.
Talks:

Jakub Chrzanowski

Gradle IntelliJ Plugin – What’s That, and What’s New?

We recently released the Gradle IntelliJ Plugin 1.0 – an extension to the Gradle build system and the preferred solution for creating IntelliJ Platform plugins. Jakub will introduce the tool, talk about what has changed in the 1.0 release, and tell you about some neat new integrations with the other JetBrains tools.

Semyon Atamas

Plugin Signing in Marketplace – It’s All About Trust

We’re rolling out a plugin-signing mechanism we implemented recently. Semyon will tell you all about ZIP signatures, the verification process, the available tools, and everything that will be able to benefit from this mechanism.

Paweł Lipski

Testing the UI of Your IntelliJ Plugin

Paweł’s presentation will include a demo of UI tests running for the Git Machete plugin. He will demonstrate how to probe the state of a running IDE from inside tests running under Gradle, and share some tips and tricks on how to make the setup suitable for a headless CI environment.

Bios:

Yann Cébron
– IntelliJ SDK Developer Advocate, JetBrains

http://twitter.com/yanncebron

Yann Cébron has been developing plugins for IntelliJ IDEA since 2004. He’s a Developer Advocate for JetBrains and responsible for helping people building on the IntelliJ Platform.

Jakub Chrzanowski
– IntelliJ SDK Developer Advocate and Marketplace Team Lead, JetBrains

https://twitter.com/hszanowski

Former developer of third-party plugins who became a Developer Advocate responsible for the IntelliJ Platform SDK and Marketplace. Jakub tries to build useful stuff, but is known to suffer from severe cases of yak shaving.

Semyon Atamas
– Software Developer in Marketplace and Space, JetBrains

https://twitter.com/se_atamas

Semyon is a part-time physicist and physics lab teacher who specializes in cosmophysics. He is also the maintainer of the Fortran language plugin.

Paweł Lipski
– Scala Developer/DevOps, VirtusLab

https://twitter.com/virtuslab

Former Google intern, professionally interested in automating development flows. Paweł is currently involved in open-source projects such as VirtusLab/git-machete (CLI, Python) and VirtusLab/git-machete-intellij-plugin.

#developer #jetbrains

What is GEEK

Buddha Community

Busy Plugin Developers Series - Episode 1

A Wrapper for Sembast and SQFlite to Enable Easy

FHIR_DB

This is really just a wrapper around Sembast_SQFLite - so all of the heavy lifting was done by Alex Tekartik. I highly recommend that if you have any questions about working with this package that you take a look at Sembast. He's also just a super nice guy, and even answered a question for me when I was deciding which sembast version to use. As usual, ResoCoder also has a good tutorial.

I have an interest in low-resource settings and thus a specific reason to be able to store data offline. To encourage this use, there are a number of other packages I have created based around the data format FHIR. FHIR® is the registered trademark of HL7 and is used with the permission of HL7. Use of the FHIR trademark does not constitute endorsement of this product by HL7.

Using the Db

So, while not absolutely necessary, I highly recommend that you use some sort of interface class. This adds the benefit of more easily handling errors, plus if you change to a different database in the future, you don't have to change the rest of your app, just the interface.

I've used something like this in my projects:

class IFhirDb {
  IFhirDb();
  final ResourceDao resourceDao = ResourceDao();

  Future<Either<DbFailure, Resource>> save(Resource resource) async {
    Resource resultResource;
    try {
      resultResource = await resourceDao.save(resource);
    } catch (error) {
      return left(DbFailure.unableToSave(error: error.toString()));
    }
    return right(resultResource);
  }

  Future<Either<DbFailure, List<Resource>>> returnListOfSingleResourceType(
      String resourceType) async {
    List<Resource> resultList;
    try {
      resultList =
          await resourceDao.getAllSortedById(resourceType: resourceType);
    } catch (error) {
      return left(DbFailure.unableToObtainList(error: error.toString()));
    }
    return right(resultList);
  }

  Future<Either<DbFailure, List<Resource>>> searchFunction(
      String resourceType, String searchString, String reference) async {
    List<Resource> resultList;
    try {
      resultList =
          await resourceDao.searchFor(resourceType, searchString, reference);
    } catch (error) {
      return left(DbFailure.unableToObtainList(error: error.toString()));
    }
    return right(resultList);
  }
}

I like this because in case there's an i/o error or something, it won't crash your app. Then, you can call this interface in your app like the following:

final patient = Patient(
    resourceType: 'Patient',
    name: [HumanName(text: 'New Patient Name')],
    birthDate: Date(DateTime.now()),
);

final saveResult = await IFhirDb().save(patient);

This will save your newly created patient to the locally embedded database.

IMPORTANT: this database will expect that all previously created resources have an id. When you save a resource, it will check to see if that resource type has already been stored. (Each resource type is saved in it's own store in the database). It will then check if there is an ID. If there's no ID, it will create a new one for that resource (along with metadata on version number and creation time). It will save it, and return the resource. If it already has an ID, it will copy the the old version of the resource into a _history store. It will then update the metadata of the new resource and save that version into the appropriate store for that resource. If, for instance, we have a previously created patient:

{
    "resourceType": "Patient",
    "id": "fhirfli-294057507-6811107",
    "meta": {
        "versionId": "1",
        "lastUpdated": "2020-10-16T19:41:28.054369Z"
    },
    "name": [
        {
            "given": ["New"],
            "family": "Patient"
        }
    ],
    "birthDate": "2020-10-16"
}

And we update the last name to 'Provider'. The above version of the patient will be kept in _history, while in the 'Patient' store in the db, we will have the updated version:

{
    "resourceType": "Patient",
    "id": "fhirfli-294057507-6811107",
    "meta": {
        "versionId": "2",
        "lastUpdated": "2020-10-16T19:45:07.316698Z"
    },
    "name": [
        {
            "given": ["New"],
            "family": "Provider"
        }
    ],
    "birthDate": "2020-10-16"
}

This way we can keep track of all previous version of all resources (which is obviously important in medicine).

For most of the interactions (saving, deleting, etc), they work the way you'd expect. The only difference is search. Because Sembast is NoSQL, we can search on any of the fields in a resource. If in our interface class, we have the following function:

  Future<Either<DbFailure, List<Resource>>> searchFunction(
      String resourceType, String searchString, String reference) async {
    List<Resource> resultList;
    try {
      resultList =
          await resourceDao.searchFor(resourceType, searchString, reference);
    } catch (error) {
      return left(DbFailure.unableToObtainList(error: error.toString()));
    }
    return right(resultList);
  }

You can search for all immunizations of a certain patient:

searchFunction(
        'Immunization', 'patient.reference', 'Patient/$patientId');

This function will search through all entries in the 'Immunization' store. It will look at all 'patient.reference' fields, and return any that match 'Patient/$patientId'.

The last thing I'll mention is that this is a password protected db, using AES-256 encryption (although it can also use Salsa20). Anytime you use the db, you have the option of using a password for encryption/decryption. Remember, if you setup the database using encryption, you will only be able to access it using that same password. When you're ready to change the password, you will need to call the update password function. If we again assume we created a change password method in our interface, it might look something like this:

class IFhirDb {
  IFhirDb();
  final ResourceDao resourceDao = ResourceDao();
  ...
    Future<Either<DbFailure, Unit>> updatePassword(String oldPassword, String newPassword) async {
    try {
      await resourceDao.updatePw(oldPassword, newPassword);
    } catch (error) {
      return left(DbFailure.unableToUpdatePassword(error: error.toString()));
    }
    return right(Unit);
  }

You don't have to use a password, and in that case, it will save the db file as plain text. If you want to add a password later, it will encrypt it at that time.

General Store

After using this for a while in an app, I've realized that it needs to be able to store data apart from just FHIR resources, at least on occasion. For this, I've added a second class for all versions of the database called GeneralDao. This is similar to the ResourceDao, but fewer options. So, in order to save something, it would look like this:

await GeneralDao().save('password', {'new':'map'});
await GeneralDao().save('password', {'new':'map'}, 'key');

The difference between these two options is that the first one will generate a key for the map being stored, while the second will store the map using the key provided. Both will return the key after successfully storing the map.

Other functions available include:

// deletes everything in the general store
await GeneralDao().deleteAllGeneral('password'); 

// delete specific entry
await GeneralDao().delete('password','key'); 

// returns map with that key
await GeneralDao().find('password', 'key'); 

FHIR® is a registered trademark of Health Level Seven International (HL7) and its use does not constitute an endorsement of products by HL7®

Use this package as a library

Depend on it

Run this command:

With Flutter:

 $ flutter pub add fhir_db

This will add a line like this to your package's pubspec.yaml (and run an implicit flutter pub get):

dependencies:
  fhir_db: ^0.4.3

Alternatively, your editor might support or flutter pub get. Check the docs for your editor to learn more.

Import it

Now in your Dart code, you can use:

import 'package:fhir_db/dstu2.dart';
import 'package:fhir_db/dstu2/fhir_db.dart';
import 'package:fhir_db/dstu2/general_dao.dart';
import 'package:fhir_db/dstu2/resource_dao.dart';
import 'package:fhir_db/encrypt/aes.dart';
import 'package:fhir_db/encrypt/salsa.dart';
import 'package:fhir_db/r4.dart';
import 'package:fhir_db/r4/fhir_db.dart';
import 'package:fhir_db/r4/general_dao.dart';
import 'package:fhir_db/r4/resource_dao.dart';
import 'package:fhir_db/r5.dart';
import 'package:fhir_db/r5/fhir_db.dart';
import 'package:fhir_db/r5/general_dao.dart';
import 'package:fhir_db/r5/resource_dao.dart';
import 'package:fhir_db/stu3.dart';
import 'package:fhir_db/stu3/fhir_db.dart';
import 'package:fhir_db/stu3/general_dao.dart';
import 'package:fhir_db/stu3/resource_dao.dart'; 

example/lib/main.dart

import 'package:fhir/r4.dart';
import 'package:fhir_db/r4.dart';
import 'package:flutter/material.dart';
import 'package:test/test.dart';

Future<void> main() async {
  WidgetsFlutterBinding.ensureInitialized();

  final resourceDao = ResourceDao();

  // await resourceDao.updatePw('newPw', null);
  await resourceDao.deleteAllResources(null);

  group('Playing with passwords', () {
    test('Playing with Passwords', () async {
      final patient = Patient(id: Id('1'));

      final saved = await resourceDao.save(null, patient);

      await resourceDao.updatePw(null, 'newPw');
      final search1 = await resourceDao.find('newPw',
          resourceType: R4ResourceType.Patient, id: Id('1'));
      expect(saved, search1[0]);

      await resourceDao.updatePw('newPw', 'newerPw');
      final search2 = await resourceDao.find('newerPw',
          resourceType: R4ResourceType.Patient, id: Id('1'));
      expect(saved, search2[0]);

      await resourceDao.updatePw('newerPw', null);
      final search3 = await resourceDao.find(null,
          resourceType: R4ResourceType.Patient, id: Id('1'));
      expect(saved, search3[0]);

      await resourceDao.deleteAllResources(null);
    });
  });

  final id = Id('12345');
  group('Saving Things:', () {
    test('Save Patient', () async {
      final humanName = HumanName(family: 'Atreides', given: ['Duke']);
      final patient = Patient(id: id, name: [humanName]);
      final saved = await resourceDao.save(null, patient);

      expect(saved.id, id);

      expect((saved as Patient).name?[0], humanName);
    });

    test('Save Organization', () async {
      final organization = Organization(id: id, name: 'FhirFli');
      final saved = await resourceDao.save(null, organization);

      expect(saved.id, id);

      expect((saved as Organization).name, 'FhirFli');
    });

    test('Save Observation1', () async {
      final observation1 = Observation(
        id: Id('obs1'),
        code: CodeableConcept(text: 'Observation #1'),
        effectiveDateTime: FhirDateTime(DateTime(1981, 09, 18)),
      );
      final saved = await resourceDao.save(null, observation1);

      expect(saved.id, Id('obs1'));

      expect((saved as Observation).code.text, 'Observation #1');
    });

    test('Save Observation1 Again', () async {
      final observation1 = Observation(
          id: Id('obs1'),
          code: CodeableConcept(text: 'Observation #1 - Updated'));
      final saved = await resourceDao.save(null, observation1);

      expect(saved.id, Id('obs1'));

      expect((saved as Observation).code.text, 'Observation #1 - Updated');

      expect(saved.meta?.versionId, Id('2'));
    });

    test('Save Observation2', () async {
      final observation2 = Observation(
        id: Id('obs2'),
        code: CodeableConcept(text: 'Observation #2'),
        effectiveDateTime: FhirDateTime(DateTime(1981, 09, 18)),
      );
      final saved = await resourceDao.save(null, observation2);

      expect(saved.id, Id('obs2'));

      expect((saved as Observation).code.text, 'Observation #2');
    });

    test('Save Observation3', () async {
      final observation3 = Observation(
        id: Id('obs3'),
        code: CodeableConcept(text: 'Observation #3'),
        effectiveDateTime: FhirDateTime(DateTime(1981, 09, 18)),
      );
      final saved = await resourceDao.save(null, observation3);

      expect(saved.id, Id('obs3'));

      expect((saved as Observation).code.text, 'Observation #3');
    });
  });

  group('Finding Things:', () {
    test('Find 1st Patient', () async {
      final search = await resourceDao.find(null,
          resourceType: R4ResourceType.Patient, id: id);
      final humanName = HumanName(family: 'Atreides', given: ['Duke']);

      expect(search.length, 1);

      expect((search[0] as Patient).name?[0], humanName);
    });

    test('Find 3rd Observation', () async {
      final search = await resourceDao.find(null,
          resourceType: R4ResourceType.Observation, id: Id('obs3'));

      expect(search.length, 1);

      expect(search[0].id, Id('obs3'));

      expect((search[0] as Observation).code.text, 'Observation #3');
    });

    test('Find All Observations', () async {
      final search = await resourceDao.getResourceType(
        null,
        resourceTypes: [R4ResourceType.Observation],
      );

      expect(search.length, 3);

      final idList = [];
      for (final obs in search) {
        idList.add(obs.id.toString());
      }

      expect(idList.contains('obs1'), true);

      expect(idList.contains('obs2'), true);

      expect(idList.contains('obs3'), true);
    });

    test('Find All (non-historical) Resources', () async {
      final search = await resourceDao.getAll(null);

      expect(search.length, 5);
      final patList = search.toList();
      final orgList = search.toList();
      final obsList = search.toList();
      patList.retainWhere(
          (resource) => resource.resourceType == R4ResourceType.Patient);
      orgList.retainWhere(
          (resource) => resource.resourceType == R4ResourceType.Organization);
      obsList.retainWhere(
          (resource) => resource.resourceType == R4ResourceType.Observation);

      expect(patList.length, 1);

      expect(orgList.length, 1);

      expect(obsList.length, 3);
    });
  });

  group('Deleting Things:', () {
    test('Delete 2nd Observation', () async {
      await resourceDao.delete(
          null, null, R4ResourceType.Observation, Id('obs2'), null, null);

      final search = await resourceDao.getResourceType(
        null,
        resourceTypes: [R4ResourceType.Observation],
      );

      expect(search.length, 2);

      final idList = [];
      for (final obs in search) {
        idList.add(obs.id.toString());
      }

      expect(idList.contains('obs1'), true);

      expect(idList.contains('obs2'), false);

      expect(idList.contains('obs3'), true);
    });

    test('Delete All Observations', () async {
      await resourceDao.deleteSingleType(null,
          resourceType: R4ResourceType.Observation);

      final search = await resourceDao.getAll(null);

      expect(search.length, 2);

      final patList = search.toList();
      final orgList = search.toList();
      patList.retainWhere(
          (resource) => resource.resourceType == R4ResourceType.Patient);
      orgList.retainWhere(
          (resource) => resource.resourceType == R4ResourceType.Organization);

      expect(patList.length, 1);

      expect(patList.length, 1);
    });

    test('Delete All Resources', () async {
      await resourceDao.deleteAllResources(null);

      final search = await resourceDao.getAll(null);

      expect(search.length, 0);
    });
  });

  group('Password - Saving Things:', () {
    test('Save Patient', () async {
      await resourceDao.updatePw(null, 'newPw');
      final humanName = HumanName(family: 'Atreides', given: ['Duke']);
      final patient = Patient(id: id, name: [humanName]);
      final saved = await resourceDao.save('newPw', patient);

      expect(saved.id, id);

      expect((saved as Patient).name?[0], humanName);
    });

    test('Save Organization', () async {
      final organization = Organization(id: id, name: 'FhirFli');
      final saved = await resourceDao.save('newPw', organization);

      expect(saved.id, id);

      expect((saved as Organization).name, 'FhirFli');
    });

    test('Save Observation1', () async {
      final observation1 = Observation(
        id: Id('obs1'),
        code: CodeableConcept(text: 'Observation #1'),
        effectiveDateTime: FhirDateTime(DateTime(1981, 09, 18)),
      );
      final saved = await resourceDao.save('newPw', observation1);

      expect(saved.id, Id('obs1'));

      expect((saved as Observation).code.text, 'Observation #1');
    });

    test('Save Observation1 Again', () async {
      final observation1 = Observation(
          id: Id('obs1'),
          code: CodeableConcept(text: 'Observation #1 - Updated'));
      final saved = await resourceDao.save('newPw', observation1);

      expect(saved.id, Id('obs1'));

      expect((saved as Observation).code.text, 'Observation #1 - Updated');

      expect(saved.meta?.versionId, Id('2'));
    });

    test('Save Observation2', () async {
      final observation2 = Observation(
        id: Id('obs2'),
        code: CodeableConcept(text: 'Observation #2'),
        effectiveDateTime: FhirDateTime(DateTime(1981, 09, 18)),
      );
      final saved = await resourceDao.save('newPw', observation2);

      expect(saved.id, Id('obs2'));

      expect((saved as Observation).code.text, 'Observation #2');
    });

    test('Save Observation3', () async {
      final observation3 = Observation(
        id: Id('obs3'),
        code: CodeableConcept(text: 'Observation #3'),
        effectiveDateTime: FhirDateTime(DateTime(1981, 09, 18)),
      );
      final saved = await resourceDao.save('newPw', observation3);

      expect(saved.id, Id('obs3'));

      expect((saved as Observation).code.text, 'Observation #3');
    });
  });

  group('Password - Finding Things:', () {
    test('Find 1st Patient', () async {
      final search = await resourceDao.find('newPw',
          resourceType: R4ResourceType.Patient, id: id);
      final humanName = HumanName(family: 'Atreides', given: ['Duke']);

      expect(search.length, 1);

      expect((search[0] as Patient).name?[0], humanName);
    });

    test('Find 3rd Observation', () async {
      final search = await resourceDao.find('newPw',
          resourceType: R4ResourceType.Observation, id: Id('obs3'));

      expect(search.length, 1);

      expect(search[0].id, Id('obs3'));

      expect((search[0] as Observation).code.text, 'Observation #3');
    });

    test('Find All Observations', () async {
      final search = await resourceDao.getResourceType(
        'newPw',
        resourceTypes: [R4ResourceType.Observation],
      );

      expect(search.length, 3);

      final idList = [];
      for (final obs in search) {
        idList.add(obs.id.toString());
      }

      expect(idList.contains('obs1'), true);

      expect(idList.contains('obs2'), true);

      expect(idList.contains('obs3'), true);
    });

    test('Find All (non-historical) Resources', () async {
      final search = await resourceDao.getAll('newPw');

      expect(search.length, 5);
      final patList = search.toList();
      final orgList = search.toList();
      final obsList = search.toList();
      patList.retainWhere(
          (resource) => resource.resourceType == R4ResourceType.Patient);
      orgList.retainWhere(
          (resource) => resource.resourceType == R4ResourceType.Organization);
      obsList.retainWhere(
          (resource) => resource.resourceType == R4ResourceType.Observation);

      expect(patList.length, 1);

      expect(orgList.length, 1);

      expect(obsList.length, 3);
    });
  });

  group('Password - Deleting Things:', () {
    test('Delete 2nd Observation', () async {
      await resourceDao.delete(
          'newPw', null, R4ResourceType.Observation, Id('obs2'), null, null);

      final search = await resourceDao.getResourceType(
        'newPw',
        resourceTypes: [R4ResourceType.Observation],
      );

      expect(search.length, 2);

      final idList = [];
      for (final obs in search) {
        idList.add(obs.id.toString());
      }

      expect(idList.contains('obs1'), true);

      expect(idList.contains('obs2'), false);

      expect(idList.contains('obs3'), true);
    });

    test('Delete All Observations', () async {
      await resourceDao.deleteSingleType('newPw',
          resourceType: R4ResourceType.Observation);

      final search = await resourceDao.getAll('newPw');

      expect(search.length, 2);

      final patList = search.toList();
      final orgList = search.toList();
      patList.retainWhere(
          (resource) => resource.resourceType == R4ResourceType.Patient);
      orgList.retainWhere(
          (resource) => resource.resourceType == R4ResourceType.Organization);

      expect(patList.length, 1);

      expect(patList.length, 1);
    });

    test('Delete All Resources', () async {
      await resourceDao.deleteAllResources('newPw');

      final search = await resourceDao.getAll('newPw');

      expect(search.length, 0);

      await resourceDao.updatePw('newPw', null);
    });
  });
} 

Download Details:

Author: MayJuun

Source Code: https://github.com/MayJuun/fhir/tree/main/fhir_db

#sqflite  #dart  #flutter 

최 호민

최 호민

1642390128

파이썬 코딩 무료 강의 - 이미지 처리, 얼굴 인식을 통한 캐릭터 씌우기를 해보아요

파이썬 코딩 무료 강의 (활용편6) - 이미지 처리, 얼굴 인식을 통한 캐릭터 씌우기를 해보아요

파이썬 무료 강의 (활용편6 - 이미지 처리)입니다.
OpenCV 를 이용한 다양한 이미지 처리 기법과 재미있는 프로젝트를 진행합니다.
누구나 볼 수 있도록 쉽고 재미있게 제작하였습니다. ^^

[소개]
(0:00:00) 0.Intro
(0:00:31) 1.소개
(0:02:18) 2.활용편 6 이미지 처리 소개

[OpenCV 전반전]
(0:04:36) 3.환경설정
(0:08:41) 4.이미지 출력
(0:21:51) 5.동영상 출력 #1 파일
(0:29:58) 6.동영상 출력 #2 카메라
(0:34:23) 7.도형 그리기 #1 빈 스케치북
(0:39:49) 8.도형 그리기 #2 영역 색칠
(0:42:26) 9.도형 그리기 #3 직선
(0:51:23) 10.도형 그리기 #4 원
(0:55:09) 11.도형 그리기 #5 사각형
(0:58:32) 12.도형 그리기 #6 다각형
(1:09:23) 13.텍스트 #1 기본
(1:17:45) 14.텍스트 #2 한글 우회
(1:24:14) 15.파일 저장 #1 이미지
(1:29:27) 16.파일 저장 #2 동영상
(1:39:29) 17.크기 조정
(1:50:16) 18.이미지 자르기
(1:57:03) 19.이미지 대칭
(2:01:46) 20.이미지 회전
(2:06:07) 21.이미지 변형 - 흑백
(2:11:25) 22.이미지 변형 - 흐림
(2:18:03) 23.이미지 변형 - 원근 #1
(2:27:45) 24.이미지 변형 - 원근 #2

[반자동 문서 스캐너 프로젝트]
(2:32:50) 25.미니 프로젝트 1 - #1 마우스 이벤트 등록
(2:42:06) 26.미니 프로젝트 1 - #2 기본 코드 완성
(2:49:54) 27.미니 프로젝트 1 - #3 지점 선 긋기
(2:55:24) 28.미니 프로젝트 1 - #4 실시간 선 긋기

[OpenCV 후반전]
(3:01:52) 29.이미지 변형 - 이진화 #1 Trackbar
(3:14:37) 30.이미지 변형 - 이진화 #2 임계값
(3:20:26) 31.이미지 변형 - 이진화 #3 Adaptive Threshold
(3:28:34) 32.이미지 변형 - 이진화 #4 오츠 알고리즘
(3:32:22) 33.이미지 변환 - 팽창
(3:41:10) 34.이미지 변환 - 침식
(3:45:56) 35.이미지 변환 - 열림 & 닫힘
(3:54:10) 36.이미지 검출 - 경계선
(4:05:08) 37.이미지 검출 - 윤곽선 #1 기본
(4:15:26) 38.이미지 검출 - 윤곽선 #2 찾기 모드
(4:20:46) 39.이미지 검출 - 윤곽선 #3 면적

[카드 검출 & 분류기 프로젝트]
(4:27:42) 40.미니프로젝트 2

[퀴즈]
(4:31:57) 41.퀴즈

[얼굴인식 프로젝트]
(4:41:25) 42.환경설정 및 기본 코드 정리
(4:54:48) 43.눈과 코 인식하여 도형 그리기
(5:10:42) 44.그림판 이미지 씌우기
(5:20:52) 45.캐릭터 이미지 씌우기
(5:33:10) 46.보충설명
(5:40:53) 47.마치며 (학습 참고 자료)
(5:42:18) 48.Outro


[학습자료]
수업에 필요한 이미지, 동영상 자료 링크입니다.

고양이 이미지 : https://pixabay.com/images/id-2083492/ 
크기 : 640 x 390  
파일명 : img.jpg

고양이 동영상 : https://www.pexels.com/video/7515833/ 
크기 : SD (360 x 640)  
파일명 : video.mp4

신문 이미지 : https://pixabay.com/images/id-350376/ 
크기 : 1280 x 853  
파일명 : newspaper.jpg

카드 이미지 1 : https://pixabay.com/images/id-682332/ 
크기 : 1280 x 1019  
파일명 : poker.jpg

책 이미지 : https://www.pexels.com/photo/1029807/ 
크기 : Small (640 x 853)  
파일명 : book.jpg

눈사람 이미지 : https://pixabay.com/images/id-1300089/ 
크기 : 1280 x 904  
파일명 : snowman.png

카드 이미지 2 : https://pixabay.com/images/id-161404/ 
크기 : 640 x 408  
파일명 : card.png

퀴즈용 동영상 : https://www.pexels.com/video/3121459/ 
크기 : HD (1280 x 720)  
파일명 : city.mp4

프로젝트용 동영상 : https://www.pexels.com/video/3256542/ 
크기 : Full HD (1920 x 1080)  
파일명 : face_video.mp4

프로젝트용 캐릭터 이미지 : https://www.freepik.com/free-vector/cute-animal-masks-video-chat-application-effect-filters-set_6380101.htm  
파일명 : right_eye.png (100 x 100), left_eye.png (100 x 100), nose.png (300 x 100)

무료 이미지 편집 도구 : https://pixlr.com/kr/
(Pixlr E -Advanced Editor)

#python #opencv 

Carmen  Grimes

Carmen Grimes

1595491178

Best Electric Bikes and Scooters for Rental Business or Campus Facility

The electric scooter revolution has caught on super-fast taking many cities across the globe by storm. eScooters, a renovated version of old-school scooters now turned into electric vehicles are an environmentally friendly solution to current on-demand commute problems. They work on engines, like cars, enabling short traveling distances without hassle. The result is that these groundbreaking electric machines can now provide faster transport for less — cheaper than Uber and faster than Metro.

Since they are durable, fast, easy to operate and maintain, and are more convenient to park compared to four-wheelers, the eScooters trend has and continues to spike interest as a promising growth area. Several companies and universities are increasingly setting up shop to provide eScooter services realizing a would-be profitable business model and a ready customer base that is university students or residents in need of faster and cheap travel going about their business in school, town, and other surrounding areas.

Electric Scooters Trends and Statistics

In many countries including the U.S., Canada, Mexico, U.K., Germany, France, China, Japan, India, Brazil and Mexico and more, a growing number of eScooter users both locals and tourists can now be seen effortlessly passing lines of drivers stuck in the endless and unmoving traffic.

A recent report by McKinsey revealed that the E-Scooter industry will be worth― $200 billion to $300 billion in the United States, $100 billion to $150 billion in Europe, and $30 billion to $50 billion in China in 2030. The e-Scooter revenue model will also spike and is projected to rise by more than 20% amounting to approximately $5 billion.

And, with a necessity to move people away from high carbon prints, traffic and congestion issues brought about by car-centric transport systems in cities, more and more city planners are developing more bike/scooter lanes and adopting zero-emission plans. This is the force behind the booming electric scooter market and the numbers will only go higher and higher.

Companies that have taken advantage of the growing eScooter trend develop an appthat allows them to provide efficient eScooter services. Such an app enables them to be able to locate bike pick-up and drop points through fully integrated google maps.

List of Best Electric Bikes for Rental Business or Campus Facility 2020:

It’s clear that e scooters will increasingly become more common and the e-scooter business model will continue to grab the attention of manufacturers, investors, entrepreneurs. All this should go ahead with a quest to know what are some of the best electric bikes in the market especially for anyone who would want to get started in the electric bikes/scooters rental business.

We have done a comprehensive list of the best electric bikes! Each bike has been reviewed in depth and includes a full list of specs and a photo.

Billy eBike

mobile-best-electric-bikes-scooters https://www.kickstarter.com/projects/enkicycles/billy-were-redefining-joyrides

To start us off is the Billy eBike, a powerful go-anywhere urban electric bike that’s specially designed to offer an exciting ride like no other whether you want to ride to the grocery store, cafe, work or school. The Billy eBike comes in 4 color options – Billy Blue, Polished aluminium, Artic white, and Stealth black.

Price: $2490

Available countries

Available in the USA, Europe, Asia, South Africa and Australia.This item ships from the USA. Buyers are therefore responsible for any taxes and/or customs duties incurred once it arrives in your country.

Features

  • Control – Ride with confidence with our ultra-wide BMX bars and a hyper-responsive twist throttle.
  • Stealth- Ride like a ninja with our Gates carbon drive that’s as smooth as butter and maintenance-free.
  • Drive – Ride further with our high torque fat bike motor, giving a better climbing performance.
  • Accelerate – Ride quicker with our 20-inch lightweight cutout rims for improved acceleration.
  • Customize – Ride your own way with 5 levels of power control. Each level determines power and speed.
  • Flickable – Ride harder with our BMX /MotoX inspired geometry and lightweight aluminum package

Specifications

  • Maximum speed: 20 mph (32 km/h)
  • Range per charge: 41 miles (66 km)
  • Maximum Power: 500W
  • Motor type: Fat Bike Motor: Bafang RM G060.500.DC
  • Load capacity: 300lbs (136kg)
  • Battery type: 13.6Ah Samsung lithium-ion,
  • Battery capacity: On/off-bike charging available
  • Weight: w/o batt. 48.5lbs (22kg), w/ batt. 54lbs (24.5kg)
  • Front Suspension: Fully adjustable air shock, preload/compression damping /lockout
  • Rear Suspension: spring, preload adjustment
  • Built-in GPS

Why Should You Buy This?

  • Riding fun and excitement
  • Better climbing ability and faster acceleration.
  • Ride with confidence
  • Billy folds for convenient storage and transportation.
  • Shorty levers connect to disc brakes ensuring you stop on a dime
  • belt drives are maintenance-free and clean (no oil or lubrication needed)

**Who Should Ride Billy? **

Both new and experienced riders

**Where to Buy? **Local distributors or ships from the USA.

Genze 200 series e-Bike

genze-best-electric-bikes-scooters https://www.genze.com/fleet/

Featuring a sleek and lightweight aluminum frame design, the 200-Series ebike takes your riding experience to greater heights. Available in both black and white this ebike comes with a connected app, which allows you to plan activities, map distances and routes while also allowing connections with fellow riders.

Price: $2099.00

Available countries

The Genze 200 series e-Bike is available at GenZe retail locations across the U.S or online via GenZe.com website. Customers from outside the US can ship the product while incurring the relevant charges.

Features

  • 2 Frame Options
  • 2 Sizes
  • Integrated/Removable Battery
  • Throttle and Pedal Assist Ride Modes
  • Integrated LCD Display
  • Connected App
  • 24 month warranty
  • GPS navigation
  • Bluetooth connectivity

Specifications

  • Maximum speed: 20 mph with throttle
  • Range per charge: 15-18 miles w/ throttle and 30-50 miles w/ pedal assist
  • Charging time: 3.5 hours
  • Motor type: Brushless Rear Hub Motor
  • Gears: Microshift Thumb Shifter
  • Battery type: Removable Samsung 36V, 9.6AH Li-Ion battery pack
  • Battery capacity: 36V and 350 Wh
  • Weight: 46 pounds
  • Derailleur: 8-speed Shimano
  • Brakes: Dual classic
  • Wheels: 26 x 20 inches
  • Frame: 16, and 18 inches
  • Operating Mode: Analog mode 5 levels of Pedal Assist Thrott­le Mode

Norco from eBikestore

norco-best-electric-bikes-scooters https://ebikestore.com/shop/norco-vlt-s2/

The Norco VLT S2 is a front suspension e-Bike with solid components alongside the reliable Bosch Performance Line Power systems that offer precise pedal assistance during any riding situation.

Price: $2,699.00

Available countries

This item is available via the various Norco bikes international distributors.

Features

  • VLT aluminum frame- for stiffness and wheel security.
  • Bosch e-bike system – for their reliability and performance.
  • E-bike components – for added durability.
  • Hydraulic disc brakes – offer riders more stopping power for safety and control at higher speeds.
  • Practical design features – to add convenience and versatility.

Specifications

  • Maximum speed: KMC X9 9spd
  • Motor type: Bosch Active Line
  • Gears: Shimano Altus RD-M2000, SGS, 9 Speed
  • Battery type: Power Pack 400
  • Battery capacity: 396Wh
  • Suspension: SR Suntour suspension fork
  • Frame: Norco VLT, Aluminum, 12x142mm TA Dropouts

Bodo EV

bodo-best-electric-bikes-scootershttp://www.bodoevs.com/bodoev/products_show.asp?product_id=13

Manufactured by Bodo Vehicle Group Limited, the Bodo EV is specially designed for strong power and extraordinary long service to facilitate super amazing rides. The Bodo Vehicle Company is a striking top in electric vehicles brand field in China and across the globe. Their Bodo EV will no doubt provide your riders with high-level riding satisfaction owing to its high-quality design, strength, breaking stability and speed.

Price: $799

Available countries

This item ships from China with buyers bearing the shipping costs and other variables prior to delivery.

Features

  • Reliable
  • Environment friendly
  • Comfortable riding
  • Fashionable
  • Economical
  • Durable – long service life
  • Braking stability
  • LED lighting technology

Specifications

  • Maximum speed: 45km/h
  • Range per charge: 50km per person
  • Charging time: 8 hours
  • Maximum Power: 3000W
  • Motor type: Brushless DC Motor
  • Load capacity: 100kg
  • Battery type: Lead-acid battery
  • Battery capacity: 60V 20AH
  • Weight: w/o battery 47kg

#android app #autorent #entrepreneurship #ios app #minimum viable product (mvp) #mobile app development #news #app like bird #app like bounce #app like lime #autorent #best electric bikes 2020 #best electric bikes for rental business #best electric kick scooters 2020 #best electric kickscooters for rental business #best electric scooters 2020 #best electric scooters for rental business #bird scooter business model #bird scooter rental #bird scooter rental cost #bird scooter rental price #clone app like bird #clone app like bounce #clone app like lime #electric rental scooters #electric scooter company #electric scooter rental business #how do you start a moped #how to start a moped #how to start a scooter rental business #how to start an electric company #how to start electric scooterrental business #lime scooter business model #scooter franchise #scooter rental business #scooter rental business for sale #scooter rental business insurance #scooters franchise cost #white label app like bird #white label app like bounce #white label app like lime

伊藤  直子

伊藤 直子

1633693200

【 初心者向け】C言語でのマルチスレッド の概要

ニューヨークで働き、ウォール街中のプログラマーと話をしていると、ほとんどのリアルタイムプログラミングアプリケーションで期待される共通の知識の糸に気づきました。その知識はマルチスレッドとして知られています。私はプログラミングの世界を移動し、潜在的なプログラミング候補者にインタビューを行ったので、マルチスレッドについてほとんど知られていないことや、スレッドが適用される理由や方法に驚かされることは決してありません。Vance Morrisonによって書かれた一連の優れた記事で、MSDNはこの問題に対処しようとしました:(MSDNの8月号、すべての開発者がマルチスレッドアプリについて知っておくべきこと、および10月号はマルチスレッドでのローロック技術の影響を理解するを参照してください)。アプリ

この記事では、スレッド化、スレッド化が使用される理由、および.NETでのスレッド化の使用方法について紹介します。マルチスレッドの背後にある謎を完全に明らかにし、それを説明する際に、コード内の潜在的なスレッド障害を回避するのに役立つことを願っています。

スレッドとは何ですか?

すべてのアプリケーションは、少なくとも1つのスレッドで実行されます。では、スレッドとは何ですか?スレッドはプロセスにすぎません。私の推測では、糸という言葉は、織機で糸を織り上げる超自然的なミューズのギリシャ神話に由来していると思います。各糸は、誰かの人生の時間の道を表しています。あなたがその糸をいじると、あなたは人生の構造を乱したり、人生のプロセスを変えたりします。コンピューターでは、スレッドは時間の経過とともに移動するプロセスです。プロセスは一連の順次ステップを実行し、各ステップはコード行を実行します。ステップは連続しているため、各ステップには一定の時間がかかります。一連のステップを完了するのにかかる時間は、各プログラミングステップの実行にかかる時間の合計です。

マルチスレッドアプリケーションとは何ですか?

長い間、ほとんどのプログラミングアプリケーション(組み込みシステムプログラムを除く)はシングルスレッドでした。これは、アプリケーション全体でスレッドが1つしかないことを意味します。計算Bが完了するまで、計算Aを実行することはできません。プログラムはステップ1から始まり、最後のステップ(ステップ10と呼びます)に到達するまで順次続行します(ステップ2、ステップ3、ステップ4)。マルチスレッドアプリケーションを使用すると、複数のスレッドを実行できます。各スレッドは独自のプロセスで実行されます。したがって、理論的には、あるスレッドでステップ1を実行し、同時に別のスレッドでステップ2を実行できます。同時に、ステップ3を独自のスレッドで実行し、ステップ4を独自のスレッドで実行することもできます。したがって、ステップ1、ステップ2、ステップ3、およびステップ4は同時に実行されます。理論的には、4つのステップすべてがほぼ同時にかかった場合、シングルスレッドの実行にかかる時間の4分の1でプログラムを終了できます(4プロセッサマシンを使用していると仮定)。では、なぜすべてのプログラムがマルチスレッド化されていないのでしょうか。スピードとともに、あなたは複雑さに直面するからです。ステップ1がステップ2の情報に何らかの形で依存している場合を想像してみてください。ステップ1がステップ2の前に計算を終了した場合、またはその逆の場合、プログラムが正しく実行されない可能性があります。

珍しいアナロジー

マルチスレッドを考える別の方法は、人体を考慮することです。体の各器官(心臓、肺、肝臓、脳)はすべてプロセスに関与しています。各プロセスは同時に実行されています。各臓器がプロセスのステップとして実行された場合を想像してみてください。最初に心臓、次に脳、次に肝臓、次に肺です。私たちはおそらく死んでしまうでしょう。つまり、人体は1つの大きなマルチスレッドアプリケーションのようなものです。すべての臓器は同時に実行されるプロセスであり、これらのプロセスはすべて相互に依存しています。これらのプロセスはすべて、神経信号、血流、化学的トリガーを介して通信します。すべてのマルチスレッドアプリケーションと同様に、人体は非常に複雑です。一部のプロセスが他のプロセスから情報を取得しない場合、または特定のプロセスが遅くなったり速くなったりすると、医学的な問題が発生します。それか'

いつスレッド化するか

マルチスレッドは、プログラムをより効率的に実行したい状況で最もよく使用されます。たとえば、ウィンドウフォームプログラムの中に、実行に1秒以上かかり、繰り返し実行する必要のあるメソッド(method_Aと呼びます)が含まれているとします。プログラム全体が単一のスレッドで実行された場合、ボタンの押下が正しく機能しなかったり、入力が少し遅くなったりすることがあります。method_Aの計算量が多すぎると、ウィンドウフォームの特定の部分がまったく機能しないことに気付くかもしれません。この許容できないプログラムの動作は、プログラムにマルチスレッドが必要であることを示しています。スレッド化が必要になるもう1つの一般的なシナリオは、メッセージングシステムです。アプリケーションに多数のメッセージが送信されている場合は、メインの処理プログラムの実行と同時にそれらをキャプチャし、適切に配布する必要があります。重い処理を実行しているときに一連のメッセージを効率的にキャプチャすることはできません。そうしないと、メッセージを見逃す可能性があります。複数のスレッドは、複数のプロセスが同時に実行される組立ライン方式で使用することもできます。たとえば、プロセスがスレッドでデータを収集すると、1つのプロセスがデータをフィルタリングし、1つのプロセスがデータをデータベースと照合します。これらの各シナリオはマルチスレッドの一般的な使用法であり、シングルスレッドで実行されている同様のアプリケーションのパフォーマンスを大幅に向上させます。そうしないと、メッセージを見逃す可能性があるためです。複数のスレッドは、複数のプロセスが同時に実行される組立ライン方式で使用することもできます。たとえば、プロセスがスレッドでデータを収集すると、1つのプロセスがデータをフィルタリングし、1つのプロセスがデータをデータベースと照合します。これらの各シナリオはマルチスレッドの一般的な使用法であり、シングルスレッドで実行されている同様のアプリケーションのパフォーマンスを大幅に向上させます。そうしないと、メッセージを見逃す可能性があるためです。複数のスレッドは、複数のプロセスが同時に実行される組立ライン方式で使用することもできます。たとえば、プロセスがスレッドでデータを収集すると、1つのプロセスがデータをフィルタリングし、1つのプロセスがデータをデータベースと照合します。これらの各シナリオはマルチスレッドの一般的な使用法であり、シングルスレッドで実行されている同様のアプリケーションのパフォーマンスを大幅に向上させます。

スレッドしない場合

初心者のプログラマーが最初にスレッド化を学ぶとき、彼らはプログラムでスレッド化を使用する可能性に魅了される可能性があります。彼らは実際にスレッドハッピーになるかもしれません  詳しく説明させてください、

1日目)プログラマーは、スレッドを生成できることを学び、プログラムで1つの新しいスレッドCool!の作成を開始します 。

2日目)プログラマーは、「プログラムの一部で他のスレッドを生成することで、これをさらに効率的にすることができます!」と言います。

3日目)P:「わあ、スレッド内でスレッドをフォークすることもでき、本当に効率が向上します!!」

4日目)P:「奇妙な結果が出ているようですが、それは問題ありません。今は無視します。」

5日目)「うーん、widgetX変数に値がある場合もありますが、まったく設定されていないように見える場合もあります。コンピューターが機能していないため、デバッガーを実行するだけです」。

9日目)「このくそったれ(より強い言語)プログラムはあちこちでジャンプしています!!何が起こっているのか理解できません!」

2週目)時々、プログラムはただそこに座って、まったく何もしません!ヘルプ!!!!!

おなじみですか?マルチスレッドプログラムを初めて設計しようとしたほとんどの人は、スレッドの設計知識が豊富であっても、おそらくこれらの毎日の箇条書きの少なくとも1つまたは2つを経験したことがあります。スレッド化が悪いことだとほのめかしているわけではありません。プログラムでスレッド化の効率を上げるプロセスでは、非常に注意してください。  シングルスレッドプログラムとは異なり、同時に多くのプロセスを処理しているため、複数の従属変数を持つ複数のプロセスを追跡するのは非常に難しい場合があります。ジャグリングと同じようにマルチスレッドを考えてください。手で1つのボールをジャグリングするのは(退屈ではありますが)かなり簡単です。ただし、これらのボールのうち2つを空中に置くように挑戦された場合、その作業は少し難しくなります。3、4、および5の場合、ボールは次第に難しくなります。ボールの数が増えると、実際にボールを落とす可能性が高くなります。 一度にたくさんのボールをジャグリングするには、知識、スキル、正確なタイミングが必要です。マルチスレッドもそうです。 

マルチスレッド

図1-マルチスレッドはジャグリングプロセスのようなものです

 
スレッディングの問題

プログラム内のすべてのプロセスが相互に排他的である場合、つまり、プロセスが他のプロセスにまったく依存していない場合、複数のスレッド化は非常に簡単で、問題はほとんど発生しません。各プロセスは、他のプロセスに煩わされることなく、独自のハッピーコースで実行されます。ただし、複数のプロセスが他のプロセスによって使用されているメモリの読み取りまたは書き込みを行う必要がある場合、問題が発生する可能性があります。たとえば、プロセス#1とプロセス#2の2つのプロセスがあるとします。両方のプロセスが変数Xを共有します。スレッドプロセス#1が最初に値5の変数Xを書き込み、スレッドプロセス#2が次に値-3の変数Xを書き込む場合、Xの最終値は-3です。ただし、プロセス#2が最初に値-3の変数Xを書き込み、次にプロセス#1が値5の変数Xを書き込む場合、Xの最終値は5です。Xを設定できるプロセスがプロセス#1またはプロセス#2の知識を持っていない場合、Xは、最初にXに到達したスレッドに応じて異なる最終値になる可能性があります。シングルスレッドプログラムでは、すべてが順番に続くため、これが発生する可能性はありません。シングルスレッドプログラムでは、並列に実行されているプロセスがないため、Xは常に最初にメソッド#1によって設定され(最初に呼び出された場合)、次にメソッド#2によって設定されます。シングルスレッドプログラムには驚きはありません。それはステップバイステップです。マルチスレッドプログラムを使用すると、2つのスレッドが同時にコードを入力し、結果に大混乱をもたらす可能性があります。スレッドの問題は、同時に実行されている別のスレッドが同じコードを入力して共有データを操作できるようにしながら、共有メモリにアクセスする1つのスレッドを制御する何らかの方法が必要なことです。Xは、どのスレッドが最初にXに到達したかによって、最終的に異なる最終値になる可能性があります。シングルスレッドプログラムでは、すべてが順番に続くため、これが発生する可能性はありません。シングルスレッドプログラムでは、並列に実行されているプロセスがないため、Xは常に最初にメソッド#1によって設定され(最初に呼び出された場合)、次にメソッド#2によって設定されます。シングルスレッドプログラムには驚きはありません。それはステップバイステップです。マルチスレッドプログラムを使用すると、2つのスレッドが同時にコードを入力し、結果に大混乱をもたらす可能性があります。スレッドの問題は、同時に実行されている別のスレッドが同じコードを入力して共有データを操作できるようにしながら、共有メモリにアクセスする1つのスレッドを制御する何らかの方法が必要なことです。Xは、どのスレッドが最初にXに到達したかによって、最終的に異なる最終値になる可能性があります。シングルスレッドプログラムでは、すべてが順番に続くため、これが発生する可能性はありません。シングルスレッドプログラムでは、並列に実行されているプロセスがないため、Xは常に最初にメソッド#1によって設定され(最初に呼び出された場合)、次にメソッド#2によって設定されます。シングルスレッドプログラムには驚きはありません。それはステップバイステップです。マルチスレッドプログラムを使用すると、2つのスレッドが同時にコードを入力し、結果に大混乱をもたらす可能性があります。スレッドの問題は、同時に実行されている別のスレッドが同じコードを入力して共有データを操作できるようにしながら、共有メモリにアクセスする1つのスレッドを制御する何らかの方法が必要なことです。すべてが順番に続くため、これが発生する可能性はありません。シングルスレッドプログラムでは、並列に実行されているプロセスがないため、Xは常に最初にメソッド#1によって設定され(最初に呼び出された場合)、次にメソッド#2によって設定されます。シングルスレッドプログラムには驚きはありません。それはステップバイステップです。マルチスレッドプログラムを使用すると、2つのスレッドが同時にコードを入力し、結果に大混乱をもたらす可能性があります。スレッドの問題は、同時に実行されている別のスレッドが同じコードを入力して共有データを操作できるようにしながら、共有メモリにアクセスする1つのスレッドを制御する何らかの方法が必要なことです。すべてが順番に続くため、これが発生する可能性はありません。シングルスレッドプログラムでは、並列に実行されているプロセスがないため、Xは常に最初にメソッド#1によって設定され(最初に呼び出された場合)、次にメソッド#2によって設定されます。シングルスレッドプログラムには驚きはありません。それはステップバイステップです。マルチスレッドプログラムを使用すると、2つのスレッドが同時にコードを入力し、結果に大混乱をもたらす可能性があります。スレッドの問題は、同時に実行されている別のスレッドが同じコードを入力して共有データを操作できるようにしながら、共有メモリにアクセスする1つのスレッドを制御する何らかの方法が必要なことです。(最初に呼び出された場合)次に、メソッド#2で設定します。シングルスレッドプログラムには驚きはありません。それはステップバイステップです。マルチスレッドプログラムを使用すると、2つのスレッドが同時にコードを入力し、結果に大混乱をもたらす可能性があります。スレッドの問題は、同時に実行されている別のスレッドが同じコードを入力して共有データを操作できるようにしながら、共有メモリにアクセスする1つのスレッドを制御する何らかの方法が必要なことです。(最初に呼び出された場合)次に、メソッド#2で設定します。シングルスレッドプログラムには驚きはありません。それはステップバイステップです。マルチスレッドプログラムを使用すると、2つのスレッドが同時にコードを入力し、結果に大混乱をもたらす可能性があります。スレッドの問題は、同時に実行されている別のスレッドが同じコードを入力して共有データを操作できるようにしながら、共有メモリにアクセスする1つのスレッドを制御する何らかの方法が必要なことです。 

スレッドセーフ

3つのボールをジャグリングするたびに、空中のボールが、自然の異常によって、すでに右手に座っているボールが投げられるまで、右手に到達することが決して許されなかったと想像してみてください。少年、ジャグリングはずっと簡単でしょう!これがスレッドセーフのすべてです。私たちのプログラムでは、もう一方のスレッドがビジネスを終了している間、一方のスレッドをコードブロック内で待機させます。スレッドのブロックまたはスレッドの同期と呼ばれるこのアクティビティにより、プログラム内で実行される同時スレッドのタイミングを制御できます。C#では、メモリの特定の部分(通常はオブジェクトのインスタンス)をロックし、オブジェクトを使用して別のスレッドが完了するまで、スレッドがこのオブジェクトのメモリのコードを入力できないようにします。今ではおそらくコード例を渇望しているので、ここに行きます。

2スレッドのシナリオを見てみましょう。この例では、C#でスレッド1とスレッド2の2つのスレッドを作成します。どちらも、独自のwhileループで実行されます。スレッドは何の役にも立ちません。どのスレッドに属しているかを示すメッセージを出力するだけです。_threadOutputと呼ばれる共有メモリクラスメンバーを利用します。_threadOutputには、実行中のスレッドに基づいてメッセージが割り当てられます。リスト#1は、それぞれDisplayThread1とDisplayThread2に含まれる2つのスレッドを示しています。

リスト1-メモリ内で共通の変数を共有する2つのスレッドを作成する

// shared memory variable between the two threads  
// used to indicate which thread we are in  
private string _threadOutput = "";  
  
/// <summary>  
/// Thread 1: Loop continuously,  
/// Thread 1: Displays that we are in thread 1  
/// </summary>  
void DisplayThread1()  
{  
      while (_stopThreads == false)  
      {  
            Console.WriteLine("Display Thread 1");  
  
            // Assign the shared memory to a message about thread #1  
            _threadOutput = "Hello Thread1";  
  
  
            Thread.Sleep(1000);  // simulate a lot of processing   
  
            // tell the user what thread we are in thread #1, and display shared memory  
            Console.WriteLine("Thread 1 Output --> {0}", _threadOutput);  
  
      }  
}  

/// <summary>  
/// Thread 2: Loop continuously,  
/// Thread 2: Displays that we are in thread 2  
/// </summary>  
void DisplayThread2()  
{  
      while (_stopThreads == false)  
      {  
        Console.WriteLine("Display Thread 2");  
  
  
       // Assign the shared memory to a message about thread #2  
        _threadOutput = "Hello Thread2";  
  
  
        Thread.Sleep(1000);  // simulate a lot of processing  
  
       // tell the user we are in thread #2  
        Console.WriteLine("Thread 2 Output --> {0}", _threadOutput);  
  
      }  
}
Class1()  
{  
      // construct two threads for our demonstration;  
      Thread thread1 = new Thread(new ThreadStart(DisplayThread1));  
      Thread thread2 = new Thread(new ThreadStart(DisplayThread2));  
  
      // start them  
      thread1.Start();  
      thread2.Start();  
}

このコードの結果を図2に示します。結果を注意深く見てください。プログラムが驚くべき出力を提供することに気付くでしょう(これをシングルスレッドの考え方から見た場合)。_threadOutputを、それが属するスレッドに対応する番号の文字列に明確に割り当てましたが、コンソールでは次のように表示されます。

C#でのスレッド化

図2-2スレッドの例からの異常な出力。

私たちのコードから次のことが期待されます、

スレッド1の出力->ハロースレッド1とスレッド2の出力->ハロースレッド2ですが、ほとんどの場合、結果は完全に予測できません。 

スレッド2の出力->ハロースレッド1とスレッド1の出力->ハロースレッド2が表示されることがあります。スレッドの出力がコードと一致しません。コードを見て、それを目で追っていますが、_threadOutput = "Hello Thread 2"、Sleep、Write "Thread 2-> Hello Thread 2"ですが、このシーケンスで必ずしも最終結果が得られるとは限りません。 

説明

このようなマルチスレッドプログラムでは、理論的にはコードが2つのメソッドDisplayThread1とDisplayThread2を同時に実行しているためです。各メソッドは変数_threadOutputを共有します。したがって、_threadOutputにはスレッド#1で値 "Hello Thread1"が割り当てられ、2行後にコンソールに_threadOutputが表示されますが、スレッド#1がそれを割り当てて表示する時間の間のどこかで、スレッド#2が_threadOutputを割り当てる可能性があります。値「HelloThread2」。これらの奇妙な結果が発生する可能性があるだけでなく、図2に示す出力に見られるように、非常に頻繁に発生します。この痛みを伴うスレッドの問題は、競合状態として知られるスレッドプログラミングで非常に一般的なバグです。 この例は、よく知られているスレッドの問題の非常に単純な例です。この問題は、参照されている変数やスレッドセーフでない変数を指すコレクションなどを介して、プログラマーからはるかに間接的に隠されている可能性があります。図2では症状は露骨ですが、競合状態は非常にまれにしか現れず、1分に1回、1時間に1回、または3日後に断続的に現れる可能性があります。レースは、その頻度が低く、再現が非常に難しいため、おそらくプログラマーにとって最悪の悪夢です。

レースに勝つ

競合状態を回避する最善の方法は、スレッドセーフなコードを作成することです。コードがスレッドセーフである場合、いくつかの厄介なスレッドの問題が発生するのを防ぐことができます。スレッドセーフなコードを書くためのいくつかの防御策があります。1つは、メモリの共有をできるだけ少なくすることです。クラスのインスタンスを作成し、それが1つのスレッドで実行され、次に同じクラスの別のインスタンスを作成し、それが別のスレッドで実行される場合、静的変数が含まれていない限り、クラスはスレッドセーフです。 。2つのクラスはそれぞれ、独自のフィールド用に独自のメモリを作成するため、共有メモリはありません。クラスに静的変数がある場合、またはクラスのインスタンスが他の複数のスレッドによって共有されている場合は、他のクラスがその変数の使用を完了するまで、一方のスレッドがその変数のメモリを使用できないようにする方法を見つける必要があります。ロック。  C#を使用すると、Monitorクラスまたはlock {}構造のいずれかを使用してコードをロックできます。(lock構造は、実際にはtry-finallyブロックを介してMonitorクラスを内部的に実装しますが、プログラマーからこれらの詳細を隠します)。リスト1の例では、共有_threadOutput変数を設定した時点から、コンソールへの実際の出力まで、コードのセクションをロックできます。コードのクリティカルセクションを両方のスレッドでロックして、どちらか一方に競合が発生しないようにします。メソッド内をロックする最も速くて汚い方法は、このポインターをロックすることです。このポインタをロックすると、クラスインスタンス全体がロックされるため、ロック内でクラスのフィールドを変更しようとするスレッドはすべてブロックされます。。ブロッキングとは、変数を変更しようとしているスレッドが、ロックされたスレッドでロックが解除されるまで待機することを意味します。スレッドは、lock {}構造の最後のブラケットに到達すると、ロックから解放されます。

リスト2-2つのスレッドをロックして同期する

/// <summary>  
/// Thread 1, Displays that we are in thread 1 (locked)  
 /// </summary>  
 void DisplayThread1()  
 {  
       while (_stopThreads == false)  
       {  
          // lock on the current instance of the class for thread #1  
             lock (this)  
             {  
                   Console.WriteLine("Display Thread 1");  
                   _threadOutput = "Hello Thread1";  
                   Thread.Sleep(1000);  // simulate a lot of processing  
                   // tell the user what thread we are in thread #1  
                   Console.WriteLine("Thread 1 Output --> {0}", _threadOutput);  
             }// lock released  for thread #1 here  
       }   
 }  

/// <summary>  
/// Thread 1, Displays that we are in thread 1 (locked)  
 /// </summary>  
 void DisplayThread2()  
 {  
       while (_stopThreads == false)  
       {  
  
           // lock on the current instance of the class for thread #2  
             lock (this)  
             {  
                   Console.WriteLine("Display Thread 2");  
                   _threadOutput = "Hello Thread2";  
                   Thread.Sleep(1000);  // simulate a lot of processing  
                   // tell the user what thread we are in thread #1  
                   Console.WriteLine("Thread 2 Output --> {0}", _threadOutput);  
             } // lock released  for thread #2 here  
       }   
 }

2つのスレッドをロックした結果を図3に示します。すべてのスレッド出力が適切に同期されていることに注意してください。スレッド1の出力->ハロースレッド1とスレッド2の出力->ハロースレッド2という結果が常に表示されます。ただし、スレッドのロックにはコストがかかることに注意してください。スレッドをロックすると、ロックが解除されるまで他のスレッドを強制的に待機させます。本質的に、他のスレッドが共有メモリの使用を待機している間、最初のスレッドはプログラムで何もしていないため、プログラムの速度が低下しました。したがって、ロックは慎重に使用する必要があります。共有メモリに関与していない場合は、コード内にあるすべてのメソッドをロックするだけではいけません。また、ロックを使用するときは注意してください。スレッド#1がスレッド#2によってロックが解放されるのを待っている状況に陥りたくないからです。スレッド#2は、スレッド#1によってロックが解放されるのを待っています。この状況が発生すると、両方のスレッドがブロックされ、プログラムがフリーズしたように見えます。この状況はとして知られていますデッドロックが発生し、プログラム内の予測できない断続的な期間にも発生する可能性があるため、競合状態とほぼ同じくらい悪い状況です。 

  C#でのスレッド化

  図3-ロックを使用したデュアルスレッドプログラムの同期

代替ソリューション

.NETは、スレッドの制御に役立つ多くのメカニズムを提供します。別のスレッドが共有メモリの一部を処理している間、スレッドをブロックしたままにする別の方法は、AutoResetEventを使用することです。AutoResetEventクラスには、SetとWaitOneの2つのメソッドがあります。これらの2つの方法は、スレッドのブロックを制御するために一緒に使用できます。AutoResetEventがfalseで初期化されると、プログラムは、AutoResetEventでSetメソッドが呼び出されるまで、WaitOneを呼び出すコード行で停止します。AutoResetEventでSetメソッドが実行されると、スレッドのブロックが解除され、WaitOneを超えて続行できるようになります。次回WaitOneが呼び出されると、自動的にリセットされるため、プログラムは、WaitOneメソッドが実行されているコード行で再び待機(ブロック)します。この「停止とトリガー」を使用できます Setを呼び出して、別のスレッドがブロックされたスレッドを解放する準備ができるまで、あるスレッドをブロックするメカニズム。リスト3は、AutoResetEventを使用して、ブロックされたスレッドが待機し、ブロックされていないスレッドが実行されてコンソールに_threadOutputを表示している間に、互いにブロックする同じ2つのスレッドを示しています。最初に、_blockThread1はfalseを通知するように初期化され、_blockThread2はtrueを通知するように初期化されます。これは、_blockThread2がDisplayThread_2のループを最初に通過するときに、WaitOne呼び出しを続行できるようになる一方で、_blockThread1はDisplayThread_1のWaitOne呼び出しをブロックすることを意味します。_blockThread2がスレッド2のループの終わりに達すると、スレッド1をブロックから解放するためにSetを呼び出して_blockThread1に信号を送ります。次に、スレッド2は、スレッド1がループの終わりに到達して_blockThread2でSetを呼び出すまで、WaitOne呼び出しで待機します。スレッド1で呼び出されたセットはスレッド2のブロックを解放し、プロセスが再開されます。両方のAutoResetEvents(_blockThread1と_blockThread2)を最初にfalseを通知するように設定した場合、両方のスレッドが互いにトリガーする機会なしにループの進行を待機し、デッドロック。 

リスト3-あるいは、AutoResetEventでスレッドをブロックする

AutoResetEvent _blockThread1 = new AutoResetEvent(false);  
AutoResetEvent _blockThread2 = new AutoResetEvent(true);  
  
/// <summary>  
/// Thread 1, Displays that we are in thread 1  
/// </summary>  
void DisplayThread_1()  
{  
      while (_stopThreads == false)  
      {  
               // block thread 1  while the thread 2 is executing  
                _blockThread1.WaitOne();   
  
                // Set was called to free the block on thread 1, continue executing the code  
                  Console.WriteLine("Display Thread 1");  
  
                  _threadOutput = "Hello Thread 1";  
                  Thread.Sleep(1000);  // simulate a lot of processing  
  
                   // tell the user what thread we are in thread #1  
                  Console.WriteLine("Thread 1 Output --> {0}", _threadOutput);  
  
                // finished executing the code in thread 1, so unblock thread 2  
                  _blockThread2.Set();  
      }  
}  
  
/// <summary>  
/// Thread 2, Displays that we are in thread 2  
/// </summary>  
void DisplayThread_2()  
{  
      while (_stopThreads == false)  
      {  
            // block thread 2  while thread 1 is executing  
                  _blockThread2.WaitOne();   
  
            // Set was called to free the block on thread 2, continue executing the code  
                  Console.WriteLine("Display Thread 2");  
  
                  _threadOutput = "Hello Thread 2";  
                  Thread.Sleep(1000);  // simulate a lot of processing  
  
                   // tell the user we are in thread #2  
                  Console.WriteLine("Thread 2 Output --> {0}", _threadOutput);   
  
            // finished executing the code in thread 2, so unblock thread 1  
                _blockThread1.Set();  
      }  
} 

 

リスト3で生成される出力は、図3に示すロックコードと同じ出力ですが、AutoResetEventを使用すると、現在のスレッドが処理を完了したときに、あるスレッドが別のスレッドに通知する方法をより動的に制御できます。

結論

マイクロプロセッサの速度の理論的限界を押し上げているため、テクノロジは、コンピュータテクノロジの速度とパフォーマンスを最適化できる新しい方法を見つける必要があります。マルチプロセッサチップの発明と並列プログラミングへの侵入により、マルチスレッドを理解することで、ムーアの法則に挑戦し続けるために必要な利点をもたらすこれらのより最近のテクノロジーを処理するために必要なパラダイムに備えることができます。C#と.NETは、マルチスレッドと並列処理をサポートする機能を提供します。これらのツールを上手に活用する方法を理解すれば、私たち自身の日々のプログラミング活動において、将来のこれらのハードウェアの約束に備えることができます。一方、シャープなあなたができるので、スレッドのあなたの知識エン.NET可能性を。 

リンク:https://www.c-sharpcorner.com/article/introduction-to-multithreading-in-C-Sharp/

#csharp 

Fredy  Larson

Fredy Larson

1595059664

How long does it take to develop/build an app?

With more of us using smartphones, the popularity of mobile applications has exploded. In the digital era, the number of people looking for products and services online is growing rapidly. Smartphone owners look for mobile applications that give them quick access to companies’ products and services. As a result, mobile apps provide customers with a lot of benefits in just one device.

Likewise, companies use mobile apps to increase customer loyalty and improve their services. Mobile Developers are in high demand as companies use apps not only to create brand awareness but also to gather information. For that reason, mobile apps are used as tools to collect valuable data from customers to help companies improve their offer.

There are many types of mobile applications, each with its own advantages. For example, native apps perform better, while web apps don’t need to be customized for the platform or operating system (OS). Likewise, hybrid apps provide users with comfortable user experience. However, you may be wondering how long it takes to develop an app.

To give you an idea of how long the app development process takes, here’s a short guide.

App Idea & Research

app-idea-research

_Average time spent: two to five weeks _

This is the initial stage and a crucial step in setting the project in the right direction. In this stage, you brainstorm ideas and select the best one. Apart from that, you’ll need to do some research to see if your idea is viable. Remember that coming up with an idea is easy; the hard part is to make it a reality.

All your ideas may seem viable, but you still have to run some tests to keep it as real as possible. For that reason, when Web Developers are building a web app, they analyze the available ideas to see which one is the best match for the targeted audience.

Targeting the right audience is crucial when you are developing an app. It saves time when shaping the app in the right direction as you have a clear set of objectives. Likewise, analyzing how the app affects the market is essential. During the research process, App Developers must gather information about potential competitors and threats. This helps the app owners develop strategies to tackle difficulties that come up after the launch.

The research process can take several weeks, but it determines how successful your app can be. For that reason, you must take your time to know all the weaknesses and strengths of the competitors, possible app strategies, and targeted audience.

The outcomes of this stage are app prototypes and the minimum feasible product.

#android app #frontend #ios app #minimum viable product (mvp) #mobile app development #web development #android app development #app development #app development for ios and android #app development process #ios and android app development #ios app development #stages in app development