The history of Model-View-Presenter

With modern web applications taking care of more and more system concerns as time progresses, we find ourselves looking for battle-hardened, proven practices that have stood the test of time.

Does it even makes sense to speak of software architecture for the front-end or is it a pipe dream? It turns out that the challenge of maintaining a complex front-end is a problem that was identified at least as early as the 1970s.

Join me, as we dust off the history books and discover the origins of the Model-View-Presenter design pattern from a modern web perspective.

#angular #model-view-presenter #model-view-controller #frameworks #design-patterns #software-architecture #history

What is GEEK

Buddha Community

The history of Model-View-Presenter

The history of Model-View-Presenter

With modern web applications taking care of more and more system concerns as time progresses, we find ourselves looking for battle-hardened, proven practices that have stood the test of time.

Does it even makes sense to speak of software architecture for the front-end or is it a pipe dream? It turns out that the challenge of maintaining a complex front-end is a problem that was identified at least as early as the 1970s.

Join me, as we dust off the history books and discover the origins of the Model-View-Presenter design pattern from a modern web perspective.

#angular #model-view-presenter #model-view-controller #frameworks #design-patterns #software-architecture #history

Percy  Ebert

Percy Ebert

1595237530

Model-View-Presenter with Angular

As an application grows, it becomes harder to maintain. The complexity increases while the value of reusable modules increases. We know that we have got to do something about it before we risk failure.

Design patterns to the rescue!

Complex applications#

complex application is characterised by at least one of these traits:

  • Multiple components in the component tree that display the same piece of the application state
  • Several sources of updates for the application state such as:

— Multiple users interacting at the same time

— Back-end systems that push updated state to the browser in real-time

— Scheduled background tasks

— Proximity sensors or other device sensors

  • Very frequent updating of the application state
  • A large amount of components
  • Components built with many lines of code, reminiscent of the Big Ball of Mud AngularJS controllers of the past
  • A high level of cyclomatic complexity in components — a high concentration of logical branches or async control flows

At the same time, we want an application that is maintainable, testable, scalable and performant.

Complex applications rarely have all of the valuable traits. We cannot avoid all of the complex traits and still meet advanced project requirements, but we can design our application to maximise its valuable traits.

Separation of concerns#

We can think of s_eparation of concerns_ (SoC) as compartmentalisation of our application. We group logic by system concern to be able to focus on a single concern at a time. At the topmost level, separation of concerns is an architectural discipline. In day to day development, it is knowing almost by heart exactly what goes where.

Example of horizontal layers in a modern web application. Figure from my talk “Model-View-Presenter with Angular” (slides).

We can slice our applications vertically, horizontally or both. When slicing vertically, we group software artifacts by feature. When slicing horizontally, we group by software layer. In our applications, we can categorise the software artifacts into these horizontal layers, or system concerns:

Horizontal layerExamplesBusiness logicApplication-specific logic, domain logic, validation rulesPersistenceWebStorage, IndexedDB, WebSQL, HTTP, WebSocket, GraphQL, Firebase, MeteorMessagingWebRTC, WebSocket, Push API, Server-Sent EventsI/OWeb Bluetooth, WebUSB, NFC, camera, microphone, proximity sensor, ambient light sensorPresentationDOM manipulation, event listeners, formattingUser interactionUI behaviour, form validationState managementApplication state management, application-specific events

view raw

web-application-horizontal-layers.csv hosted with ❤ by GitHub

Horizontal layers of a web application.

The same rule can be applied to our Angular components. They should only be concerned with the presentation and user interaction layers. The result is that we loosen the coupling between the moving parts of our systems.

Sure, this process requires a lot of discipline as we are adding additional layers of abstraction, but the end result’s valuable traits make up for this. Keep in mind that we are only creating abstractions that should have been there in the first place.​

#angular #software-architecture #design-patterns #model-view-presenter

Tierra  Zemlak

Tierra Zemlak

1592493840

Model-View-Presenter with Angular

As an application grows, it becomes harder to maintain. The complexity increases while the value of reusable modules increases. We know that we have got to do something about it before we risk failure.

Design patterns to the rescue!

#angular #software-architecture #design-patterns #model-view-presenter

Enos  Prosacco

Enos Prosacco

1598776206

History MCQs to Test Your History Knowledge

The beginning of the medieval period is ordinarily taken to be the moderate breakdown of the Gupta Empire from around 480 to 550, closure the “old style” period, just as “antiquated India”, albeit both these terms might be utilized for periods with broadly various dates, particularly in specific fields, for example, the historical backdrop of workmanship or religion. At any rate in northern India, there was no bigger state until maybe the Delhi Sultanate, or unquestionably the Mughal Empire. By 1413, the Tughlaq dynasty completely declined and the neighboring governor captured Delhi and this led to the start of the Sayyid Dynasty. In 1398, Timur attacked India and ransacked Indian riches. While returning back, he named Khizr Khan as the legislative head of Delhi.

#indian history tutorials #history mcqs #indian history mcqs #indian history quiz

Pythonで感情分析を実行する5つの方法

Twitter、Goodreads、Amazonのいずれについて話しても、人々の意見で飽和していないデジタル空間はほとんどありません。今日の世界では、組織がこれらの意見を掘り下げて、自社の製品やサービスに関する洞察を得ることが重要です。ただし、このデータは、手動で測定することは不可能に近いほどの量で存在します。ここで、データサイエンスのもう1つの恩恵がもたらされます 感情分析。この記事では、感情分析に含まれるものと、Pythonでそれを実装するためのさまざまな方法について説明します。

感情分析とは何ですか?

感情分析自然言語処理(NLP)のユースケースであり、テキスト分類のカテゴリに分類されます。簡単に言うと、感情分析では、テキストをポジティブまたはネガティブ、ハッピー、悲しい、ニュートラルなどのさまざまな感情に分類します。したがって、感情分析の最終的な目標は、感情、感情、または感情の根底にある感情を解読することです。文章。これは、オピニオンマイニングとも呼ばれます。

クイックグーグル検索が感情分析をどのように定義するかを見てみましょう:

感情分析の定義

感情分析による洞察の獲得と意思決定

さて、今では、感情分析とは何かにある程度慣れていると思います。しかし、その重要性と、組織はそれからどのように利益を得るのでしょうか。例を挙げて同じことを試してみましょう。オンラインプラットフォームで香水を販売する会社を立ち上げたとします。さまざまなフレグランスを販売し、すぐに顧客が殺到し始めます。しばらくして、香水の価格戦略を変更することにしました。人気のあるフレグランスの価格を上げると同時に、人気のないフレグランスの割引を提供する予定です。 。ここで、人気のあるフレグランスを特定するために、すべてのフレグランスのカスタマーレビューを開始します。しかし、あなたは立ち往生しています!それらは非常に多いので、一生のうちにすべてを通過することはできません。これは、感情分析があなたをピットから追い出すことができる場所です。

すべてのレビューを1つの場所に集めて、感情分析を適用するだけです。以下は、香水の3つのフレグランス(ラベンダー、ローズ、レモン)のレビューに関する感情分析の概略図です。(これらのレビューには、実際のシナリオとは異なり、スペル、文法、句読点が正しくない可能性があることに注意してください)

感情分析

これらの結果から、次のことがはっきりとわかります。

Fragrance-1(Lavender)は顧客から非常に好意的なレビューを受けており、あなたの会社が人気を考えれば価格を上げることができることを示しています。

Fragrance-2(Rose)は、たまたま顧客の間で中立的な見通しを持っています。つまり、あなたの会社は価格を変更すべきではありません

Fragrance-3(Lemon)には、全体的にネガティブな感情があります。したがって、企業は、スケールのバランスをとるために、 Fragrance-3に割引を提供することを検討する必要があります。

これは、感情分析が製品/サービスへの洞察を得るのに役立ち、組織が意思決定を行うのにどのように役立つかを示す簡単な例にすぎません。

感情分析のユースケース

感情分析が、データ主導の意思決定に役立つ洞察を組織に与える方法を見てきました。それでは、感情分析のいくつかのユースケースを覗いてみましょう。

  1. ブランド管理のためのソーシャルメディアモニタリング:ブランドは、感情分析を使用して、ブランドの一般的な見通しを評価できます。たとえば、会社は、会社の言及またはタグを付けてすべてのツイートを収集し、感情分析を実行して、会社の一般的な見通しを知ることができます。
  2. 製品/サービス分析:ブランド/組織は、顧客レビューに対して感情分析を実行して、製品またはサービスが市場でどの程度うまく機能しているかを確認し、それに応じて将来の決定を下すことができます。
  3. 株価予測:企業の株価が上がるか下がるかを予測することは、投資家にとって非常に重要です。会社名を含む記事のニュースヘッドラインで感情分析を実行することで、同じことを判断できます。特定の組織に関連するニュースの見出しがたまたま前向きな感情を持っている場合、その株価は上昇するはずであり、その逆も同様です。

Pythonで感情分析を実行する方法

Pythonは、データサイエンスタスクの実行に関して最も強力なツールの1つであり、 感情分析を実行するためのさまざまな方法を提供します。最も人気のあるものはここに参加しています:

  1. テキストブロブの使用
  2. Vaderの使用
  3. BagofWordsのベクトル化ベースのモデルの使用
  4. LSTMベースのモデルの使用
  5. Transformerベースのモデルの使用

それらを1つずつ深く掘り下げていきましょう。

注:方法3および4(Bag of Wordsのベクトル化ベースのモデルの使用およびLSTMベースのモデルの使用)のデモンストレーションの目的で、感情分析が使用されています。これは、ポジティブ、ネガティブ、またはニュートラルとラベル付けされた5000を超えるテキストの抜粋で構成されています。データセットはクリエイティブコモンズライセンスの下にあります。

テキストブロブの使用

Text Blobは、自然言語処理用のPythonライブラリです。感情分析にTextBlobを使用するのは非常に簡単です。入力としてテキストを受け取り、出力として極性主観性を返すことができます。

極性はテキストの感情を決定します。その値は[-1,1]にあり、-1は非常に否定的な感情を示し、1は非常に肯定的な感情を示します。

主観性は、テキスト入力が事実情報であるか個人的な意見であるかを決定します。その値は[0,1]の間にあり、0に近い値は事実情報を示し、1に近い値は個人的な意見を示します。

インストール

pip install textblob

テキストブロブのインポート:

from textblob import TextBlob

テキストブロブを使用した感情分析のコード実装:

TextBlobを使用して感情分析用のコードを書くのはかなり簡単です。TextBlobオブジェクトをインポートし、分析するテキストを次のように適切な属性で渡すだけです。

from textblob import TextBlob
text_1 = "The movie was so awesome."
text_2 = "The food here tastes terrible."#Determining the Polarity 
p_1 = TextBlob(text_1).sentiment.polarity
p_2 = TextBlob(text_2).sentiment.polarity#Determining the Subjectivity
s_1 = TextBlob(text_1).sentiment.subjectivity
s_2 = TextBlob(text_2).sentiment.subjectivityprint("Polarity of Text 1 is", p_1)
print("Polarity of Text 2 is", p_2)
print("Subjectivity of Text 1 is", s_1)
print("Subjectivity of Text 2 is", s_2)

出力:

Polarity of Text 1 is 1.0 
Polarity of Text 2 is -1.0 
Subjectivity of Text 1 is 1.0 
Subjectivity of Text 2 is 1.0

VADERの使用

VADER(Valence Aware Dictionary and sEntiment Reasoner)は、ソーシャルメディアテキストでトレーニングされたルールベースの感情アナライザーです。Text Blobと同様に、Pythonでの使用法は非常に簡単です。しばらくの間、例を挙げてコード実装での使用法を見ていきます。

インストール:

pip install vaderSentiment

VaderからのSentimentIntensityAnalyzerクラスのインポート:

from vaderSentiment.vaderSentiment import SentimentIntensityAnalyzer

Vaderを使用した感情分析のコード:

まず、SentimentIntensityAnalyzerクラスのオブジェクトを作成する必要があります。次に、次のようにテキストをオブジェクトのpolarity_scores()関数に渡す必要があります。

from vaderSentiment.vaderSentiment import SentimentIntensityAnalyzer
sentiment = SentimentIntensityAnalyzer()
text_1 = "The book was a perfect balance between wrtiting style and plot."
text_2 =  "The pizza tastes terrible."
sent_1 = sentiment.polarity_scores(text_1)
sent_2 = sentiment.polarity_scores(text_2)
print("Sentiment of text 1:", sent_1)
print("Sentiment of text 2:", sent_2)

出力

Sentiment of text 1: {'neg': 0.0, 'neu': 0.73, 'pos': 0.27, 'compound': 0.5719} 
Sentiment of text 2: {'neg': 0.508, 'neu': 0.492, 'pos': 0.0, 'compound': -0.4767}

ご覧のとおり、VaderSentimentオブジェクトは、分析するテキストの感情スコアの辞書を返します。

BagofWordsのベクトル化ベースのモデルの使用

まだ説明されている2つのアプローチ、つまりText BlobとVaderでは、Pythonライブラリを使用して感情分析を実行しました。次に、タスク用に独自のモデルをトレーニングするアプローチについて説明します。Bag ofWordsVectorizationメソッドを使用して感情分析を実行する手順は次のとおりです。

  1. トレーニングデータのテキストを前処理します(テキストの前処理には、正規化、トークン化、ストップワードの削除、およびステミング/レマタイズが含まれます)。
  2. カウントベクトル化またはTF-IDFベクトル化アプローチを使用して、前処理されたテキストデータ用の単語のバッグを作成します。
  3. 感情分類のために処理されたデータで適切な分類モデルをトレーニングします。

Bag of Wordsベクトル化アプローチを使用した感情分析のコード:

BOWベクトル化アプローチを使用して感情分析モデルを構築するには、ラベル付きデータセットが必要です。前述のように、このデモンストレーションに使用されるデータセットはKaggleから取得されています。sklearnのカウントベクトライザーを使用してBOWを作成しました。その後、0.84の精度スコアが得られた多項単純ベイズ分類器をトレーニングしました。

データセットはここから取得できます。

#Loading the Dataset
import pandas as pd
data = pd.read_csv('Finance_data.csv')
#Pre-Prcoessing and Bag of Word Vectorization using Count Vectorizer
from sklearn.feature_extraction.text import CountVectorizer
from nltk.tokenize import RegexpTokenizer
token = RegexpTokenizer(r'[a-zA-Z0-9]+')
cv = CountVectorizer(stop_words='english',ngram_range = (1,1),tokenizer = token.tokenize)
text_counts = cv.fit_transform(data['sentences'])
#Splitting the data into trainig and testing
from sklearn.model_selection import train_test_split
X_train, X_test, Y_train, Y_test = train_test_split(text_counts, data['feedback'], test_size=0.25, random_state=5)
#Training the model
from sklearn.naive_bayes import MultinomialNB
MNB = MultinomialNB()
MNB.fit(X_train, Y_train)
#Caluclating the accuracy score of the model
from sklearn import metrics
predicted = MNB.predict(X_test)
accuracy_score = metrics.accuracy_score(predicted, Y_test)
print("Accuracuy Score: ",accuracy_score)

出力

Accuracuy Score:  0.9111675126903553

訓練された分類器は、任意のテキスト入力の感情を予測するために使用できます。

LSTMベースのモデルの使用

Bag of Words Vectorizationメソッドを使用して適切な精度スコアを取得することはできましたが、より大きなデータセットを処理する場合、同じ結果が得られない可能性があります。これにより、感情分析モデルのトレーニングにディープラーニングベースのモデルを採用する必要が生じます。

NLPタスクでは、シーケンシャルデータを処理するように設計されているため、通常はRNNベースのモデルを使用します。ここでは、KerasでTensorFlowを使用してLSTM(Long Short Term Memory)モデルをトレーニングします。LSTMベースのモデルを使用して感情分析を実行する手順は次のとおりです。

  1. トレーニングデータのテキストを前処理します(テキストの前処理には、正規化、トークン化、ストップワードの削除、およびステミング/レマタイズが含まれます)。
  2. Keras.preprocessing.textからTokenizerをインポートし、そのオブジェクトを作成します。トークナイザーをトレーニングテキスト全体に適合させます(トークナイザーがトレーニングデータの語彙でトレーニングされるようにします)。Tokenizerのtexts_to_sequence()メソッドを使用して生成されたテキスト埋め込みは、同じ長さにパディングした後に保存します。(埋め込みはテキストの数値/ベクトル化された表現です。モデルにテキストデータを直接フィードすることはできないため、最初にそれらを埋め込みに変換する必要があります)
  3. 埋め込みを生成したら、モデルを作成する準備が整います。TensorFlowを使用してモデルを構築します—入力、LSTM、および高密度レイヤーをモデルに追加します。ドロップアウトを追加し、ハイパーパラメータを調整して、適切な精度スコアを取得します。一般に、勾配消失問題を回避するため、LSTMモデルの内層でReLUまたはLeakyReLU活性化関数を使用する傾向があります。出力層では、SoftmaxまたはSigmoid活性化関数を使用します。

LSTMベースのモデルアプローチを使用した感情分析のコード:

ここでは、BOWアプローチの場合に使用したものと同じデータセットを使用しました。0.90のトレーニング精度が得られました。

#Importing necessary libraries
import nltk
import pandas as pd
from textblob import Word
from nltk.corpus import stopwords
from sklearn.preprocessing import LabelEncoder
from sklearn.metrics import classification_report,confusion_matrix,accuracy_score
from keras.models import Sequential
from keras.preprocessing.text import Tokenizer
from keras.preprocessing.sequence import pad_sequences
from keras.layers import Dense, Embedding, LSTM, SpatialDropout1D
from sklearn.model_selection import train_test_split 
#Loading the dataset
data = pd.read_csv('Finance_data.csv')
#Pre-Processing the text 
def cleaning(df, stop_words):
    df['sentences'] = df['sentences'].apply(lambda x: ' '.join(x.lower() for x in x.split()))
    # Replacing the digits/numbers
    df['sentences'] = df['sentences'].str.replace('d', '')
    # Removing stop words
    df['sentences'] = df['sentences'].apply(lambda x: ' '.join(x for x in x.split() if x not in stop_words))
    # Lemmatization
    df['sentences'] = df['sentences'].apply(lambda x: ' '.join([Word(x).lemmatize() for x in x.split()]))
    return df
stop_words = stopwords.words('english')
data_cleaned = cleaning(data, stop_words)
#Generating Embeddings using tokenizer
tokenizer = Tokenizer(num_words=500, split=' ') 
tokenizer.fit_on_texts(data_cleaned['verified_reviews'].values)
X = tokenizer.texts_to_sequences(data_cleaned['verified_reviews'].values)
X = pad_sequences(X)
#Model Building
model = Sequential()
model.add(Embedding(500, 120, input_length = X.shape[1]))
model.add(SpatialDropout1D(0.4))
model.add(LSTM(704, dropout=0.2, recurrent_dropout=0.2))
model.add(Dense(352, activation='LeakyReLU'))
model.add(Dense(3, activation='softmax'))
model.compile(loss = 'categorical_crossentropy', optimizer='adam', metrics = ['accuracy'])
print(model.summary())
#Model Training
model.fit(X_train, y_train, epochs = 20, batch_size=32, verbose =1)
#Model Testing
model.evaluate(X_test,y_test)

Transformerベースのモデルの使用

Transformerベースのモデルは、最も高度な自然言語処理技術の1つです。それらはエンコーダー-デコーダーベースのアーキテクチャーに従い、印象的な結果を生み出すために自己注意の概念を採用しています。トランスフォーマーモデルはいつでも最初から作成できますが、非常に面倒な作業です。したがって、 HuggingFaceで利用可能な事前トレーニング済みのトランスフォーマーモデルを使用できます。Hugging FaceはオープンソースのAIコミュニティであり、NLPアプリケーション用に事前にトレーニングされた多数のモデルを提供しています。これらのモデルは、そのまま使用することも、特定のタスクに合わせて微調整することもできます。

インストール:

pip install transformers

VaderからのSentimentIntensityAnalyzerクラスのインポート:

import transformers

Transformerベースのモデルを使用した感情分析のコード:

トランスフォーマーを使用してタスクを実行するには、最初にトランスフォーマーからパイプライン関数をインポートする必要があります。次に、パイプライン関数のオブジェクトが作成され、実行されるタスクが引数として渡されます(つまり、この場合は感情分析)。タスクを実行するために使用する必要のあるモデルを指定することもできます。ここでは、使用するモデルについて言及していないため、感情分析にはデフォルトでdistillery-base-uncased-finetuned-sst-2-Englishモードが使用されます。利用可能なタスクとモデルのリストは、こちらで確認できます。

from transformers import pipeline
sentiment_pipeline = pipeline("sentiment-analysis")
data = ["It was the best of times.", "t was the worst of times."]
sentiment_pipeline(data)Output:[{'label': 'POSITIVE', 'score': 0.999457061290741},  {'label': 'NEGATIVE', 'score': 0.9987301230430603}]

結論

ユーザーが自分の視点を簡単に表現でき、データがほんの数秒で過剰に生成されるこの時代では、そのようなデータから洞察を引き出すことは、組織が効率的な意思決定を行うために不可欠です。感情分析は、パズルの欠片であることがわかります。

これまでに、感情分析に必要なものと、Pythonでそれを実行するために使用できるさまざまな方法について詳しく説明してきました。しかし、これらはほんの一部の基本的なデモンストレーションでした。必ず先に進んでモデルをいじって、自分のデータで試してみる必要があります。

ソース:https ://www.analyticsvidhya.com/blog/2022/07/sentiment-analysis-using-python/

#python