Brad  Braun

Brad Braun

1614004200

6 JavaScript Libraries You Should Know

The list of usable JavaScript libraries is growing every day, from small libraries for parsing number strings to huge frameworks that let you write mobile apps using JavaScript.

But which ones should you learn?

I’ve selected a few libraries that I feel are good to learn and will have a future in the JavaScript community. I’m also someone who prefers to only use libraries when writing a task by myself will take longer than it should.

Most of these libraries aren’t new or lesser-known, but they are useful for a huge range of applications and help to complete easy or difficult tasks without a hassle.

1. Luxon

Luxon, like Moment.js, is a library for handling date and time objects. I prefer Luxon over Moment.js at the moment because it is more future-proof since it uses the relatively new Intl object instead of the Date object. Moment.js also notes this on its own website and tries to steer people away from Moment.js when they’re creating more future-proof applications.

Luxon’s syntax is very straightforward and similar to the Moment.js syntax we’ve all grown accustomed to:

// Create a new date and add three hours to it
var date1 = DateTime.now();
var date2 = d1.plus({ hours: 3 });

// Compare the values.
date1.valueOf() === date2.valueOf(); 
//=> false

A small sample of Luxon

Whenever I need to handle dates and times, I use a library. It can be a hassle to calculate simple times or dates, and a library such as Luxon makes it easier.

Moment.js

While I prefer Luxon, Moment.js still has its moments. It is better for older applications or applications where upgrading or changing to Luxon isn’t possible.

I have worked with Moment.js a few times, and it is such a breeze to use. The syntax is readable and easy to learn, and the documentation on the official website is simple to understand and has a lot of examples.

#javascript #react

What is GEEK

Buddha Community

6 JavaScript Libraries You Should Know
渚  直樹

渚 直樹

1635917640

ループを使用して、Rustのデータを反復処理します

このモジュールでは、Rustでハッシュマップ複合データ型を操作する方法について説明します。ハッシュマップのようなコレクション内のデータを反復処理するループ式を実装する方法を学びます。演習として、要求された注文をループし、条件をテストし、さまざまなタイプのデータを処理することによって車を作成するRustプログラムを作成します。

さび遊び場

錆遊び場は錆コンパイラにブラウザインタフェースです。言語をローカルにインストールする前、またはコンパイラが利用できない場合は、Playgroundを使用してRustコードの記述を試すことができます。このコース全体を通して、サンプルコードと演習へのPlaygroundリンクを提供します。現時点でRustツールチェーンを使用できない場合でも、コードを操作できます。

Rust Playgroundで実行されるすべてのコードは、ローカルの開発環境でコンパイルして実行することもできます。コンピューターからRustコンパイラーと対話することを躊躇しないでください。Rust Playgroundの詳細については、What isRust?をご覧ください。モジュール。

学習目標

このモジュールでは、次のことを行います。

  • Rustのハッシュマップデータ型、およびキーと値にアクセスする方法を確認してください
  • ループ式を使用してRustプログラムのデータを反復処理する方法を探る
  • Rustプログラムを作成、コンパイル、実行して、ループを使用してハッシュマップデータを反復処理します

Rustのもう1つの一般的なコレクションの種類は、ハッシュマップです。このHashMap<K, V>型は、各キーKをその値にマッピングすることによってデータを格納しますV。ベクトル内のデータは整数インデックスを使用してアクセスされますが、ハッシュマップ内のデータはキーを使用してアクセスされます。

ハッシュマップタイプは、オブジェクト、ハッシュテーブル、辞書などのデータ項目の多くのプログラミング言語で使用されます。

ベクトルのように、ハッシュマップは拡張可能です。データはヒープに格納され、ハッシュマップアイテムへのアクセスは実行時にチェックされます。

ハッシュマップを定義する

次の例では、書評を追跡するためのハッシュマップを定義しています。ハッシュマップキーは本の名前であり、値は読者のレビューです。

use std::collections::HashMap;
let mut reviews: HashMap<String, String> = HashMap::new();

reviews.insert(String::from("Ancient Roman History"), String::from("Very accurate."));
reviews.insert(String::from("Cooking with Rhubarb"), String::from("Sweet recipes."));
reviews.insert(String::from("Programming in Rust"), String::from("Great examples."));

このコードをさらに詳しく調べてみましょう。最初の行に、新しいタイプの構文が表示されます。

use std::collections::HashMap;

このuseコマンドは、Rust標準ライブラリの一部HashMapからの定義をcollectionsプログラムのスコープに取り込みます。この構文は、他のプログラミング言語がインポートと呼ぶものと似ています。

HashMap::newメソッドを使用して空のハッシュマップを作成します。reviews必要に応じてキーと値を追加または削除できるように、変数を可変として宣言します。この例では、ハッシュマップのキーと値の両方がStringタイプを使用しています。

let mut reviews: HashMap<String, String> = HashMap::new();

キーと値のペアを追加します

このinsert(<key>, <value>)メソッドを使用して、ハッシュマップに要素を追加します。コードでは、構文は<hash_map_name>.insert()次のとおりです。

reviews.insert(String::from("Ancient Roman History"), String::from("Very accurate."));

キー値を取得する

ハッシュマップにデータを追加した後、get(<key>)メソッドを使用してキーの特定の値を取得できます。

// Look for a specific review
let book: &str = "Programming in Rust";
println!("\nReview for \'{}\': {:?}", book, reviews.get(book));

出力は次のとおりです。

Review for 'Programming in Rust': Some("Great examples.")

ノート

出力には、書評が単なる「すばらしい例」ではなく「Some( "すばらしい例。")」として表示されていることに注意してください。getメソッドはOption<&Value>型を返すため、Rustはメソッド呼び出しの結果を「Some()」表記でラップします。

キーと値のペアを削除します

この.remove()メソッドを使用して、ハッシュマップからエントリを削除できます。get無効なハッシュマップキーに対してメソッドを使用すると、getメソッドは「なし」を返します。

// Remove book review
let obsolete: &str = "Ancient Roman History";
println!("\n'{}\' removed.", obsolete);
reviews.remove(obsolete);

// Confirm book review removed
println!("\nReview for \'{}\': {:?}", obsolete, reviews.get(obsolete));

出力は次のとおりです。

'Ancient Roman History' removed.
Review for 'Ancient Roman History': None

このコードを試して、このRustPlaygroundでハッシュマップを操作できます。

演習:ハッシュマップを使用して注文を追跡する
この演習では、ハッシュマップを使用するように自動車工場のプログラムを変更します。

ハッシュマップキーと値のペアを使用して、車の注文に関する詳細を追跡し、出力を表示します。繰り返しになりますが、あなたの課題は、サンプルコードを完成させてコンパイルして実行することです。

この演習のサンプルコードで作業するには、次の2つのオプションがあります。

  • コードをコピーして、ローカル開発環境で編集します。
  • 準備されたRustPlaygroundでコードを開きます。

ノート

サンプルコードで、todo!マクロを探します。このマクロは、完了するか更新する必要があるコードを示します。

現在のプログラムをロードする

最初のステップは、既存のプログラムコードを取得することです。

  1. 編集のために既存のプログラムコードを開きます。コードは、データ型宣言、および定義のため含みcar_qualitycar_factoryおよびmain機能を。

次のコードをコピーしてローカル開発環境で編集する
か、この準備されたRustPlaygroundでコードを開きます。

#[derive(PartialEq, Debug)]
struct Car { color: String, motor: Transmission, roof: bool, age: (Age, u32) }

#[derive(PartialEq, Debug)]
enum Transmission { Manual, SemiAuto, Automatic }

#[derive(PartialEq, Debug)]
enum Age { New, Used }

// Get the car quality by testing the value of the input argument
// - miles (u32)
// Return tuple with car age ("New" or "Used") and mileage
fn car_quality (miles: u32) -> (Age, u32) {

    // Check if car has accumulated miles
    // Return tuple early for Used car
    if miles > 0 {
        return (Age::Used, miles);
    }

    // Return tuple for New car, no need for "return" keyword or semicolon
    (Age::New, miles)
}

// Build "Car" using input arguments
fn car_factory(order: i32, miles: u32) -> Car {
    let colors = ["Blue", "Green", "Red", "Silver"];

    // Prevent panic: Check color index for colors array, reset as needed
    // Valid color = 1, 2, 3, or 4
    // If color > 4, reduce color to valid index
    let mut color = order as usize;
    if color > 4 {        
        // color = 5 --> index 1, 6 --> 2, 7 --> 3, 8 --> 4
        color = color - 4;
    }

    // Add variety to orders for motor type and roof type
    let mut motor = Transmission::Manual;
    let mut roof = true;
    if order % 3 == 0 {          // 3, 6, 9
        motor = Transmission::Automatic;
    } else if order % 2 == 0 {   // 2, 4, 8, 10
        motor = Transmission::SemiAuto;
        roof = false;
    }                            // 1, 5, 7, 11

    // Return requested "Car"
    Car {
        color: String::from(colors[(color-1) as usize]),
        motor: motor,
        roof: roof,
        age: car_quality(miles)
    }
}

fn main() {
    // Initialize counter variable
    let mut order = 1;
    // Declare a car as mutable "Car" struct
    let mut car: Car;

    // Order 6 cars, increment "order" for each request
    // Car order #1: Used, Hard top
    car = car_factory(order, 1000);
    println!("{}: {:?}, Hard top = {}, {:?}, {}, {} miles", order, car.age.0, car.roof, car.motor, car.color, car.age.1);

    // Car order #2: Used, Convertible
    order = order + 1;
    car = car_factory(order, 2000);
    println!("{}: {:?}, Hard top = {}, {:?}, {}, {} miles", order, car.age.0, car.roof, car.motor, car.color, car.age.1);    

    // Car order #3: New, Hard top
    order = order + 1;
    car = car_factory(order, 0);
    println!("{}: {:?}, Hard top = {}, {:?}, {}, {} miles", order, car.age.0, car.roof, car.motor, car.color, car.age.1);

    // Car order #4: New, Convertible
    order = order + 1;
    car = car_factory(order, 0);
    println!("{}: {:?}, Hard top = {}, {:?}, {}, {} miles", order, car.age.0, car.roof, car.motor, car.color, car.age.1);

    // Car order #5: Used, Hard top
    order = order + 1;
    car = car_factory(order, 3000);
    println!("{}: {:?}, Hard top = {}, {:?}, {}, {} miles", order, car.age.0, car.roof, car.motor, car.color, car.age.1);

    // Car order #6: Used, Hard top
    order = order + 1;
    car = car_factory(order, 4000);
    println!("{}: {:?}, Hard top = {}, {:?}, {}, {} miles", order, car.age.0, car.roof, car.motor, car.color, car.age.1);
}

2. プログラムをビルドします。次のセクションに進む前に、コードがコンパイルされて実行されることを確認してください。

次の出力が表示されます。

1: Used, Hard top = true, Manual, Blue, 1000 miles
2: Used, Hard top = false, SemiAuto, Green, 2000 miles
3: New, Hard top = true, Automatic, Red, 0 miles
4: New, Hard top = false, SemiAuto, Silver, 0 miles
5: Used, Hard top = true, Manual, Blue, 3000 miles
6: Used, Hard top = true, Automatic, Green, 4000 miles

注文の詳細を追跡するためのハッシュマップを追加する

現在のプログラムは、各車の注文を処理し、各注文が完了した後に要約を印刷します。car_factory関数を呼び出すたびにCar、注文の詳細を含む構造体が返され、注文が実行されます。結果はcar変数に格納されます。

お気づきかもしれませんが、このプログラムにはいくつかの重要な機能がありません。すべての注文を追跡しているわけではありません。car変数は、現在の注文の詳細のみを保持しています。関数carの結果で変数が更新されるたびcar_factoryに、前の順序の詳細が上書きされます。

ファイリングシステムのようにすべての注文を追跡するために、プログラムを更新する必要があります。この目的のために、<K、V>ペアでハッシュマップを定義します。ハッシュマップキーは、車の注文番号に対応します。ハッシュマップ値は、Car構造体で定義されているそれぞれの注文の詳細になります。

  1. ハッシュマップを定義するには、main関数の先頭、最初の中括弧の直後に次のコードを追加します{
// Initialize a hash map for the car orders
    // - Key: Car order number, i32
    // - Value: Car order details, Car struct
    use std::collections::HashMap;
    let mut orders: HashMap<i32, Car> = HashMap;

2. ordersハッシュマップを作成するステートメントの構文の問題を修正します。

ヒント

ハッシュマップを最初から作成しているので、おそらくこのnew()メソッドを使用することをお勧めします。

3. プログラムをビルドします。次のセクションに進む前に、コードがコンパイルされていることを確認してください。コンパイラからの警告メッセージは無視してかまいません。

ハッシュマップに値を追加する

次のステップは、履行された各自動車注文をハッシュマップに追加することです。

このmain関数では、car_factory車の注文ごとに関数を呼び出します。注文が履行された後、println!マクロを呼び出して、car変数に格納されている注文の詳細を表示します。

// Car order #1: Used, Hard top
    car = car_factory(order, 1000);
    println!("{}: {}, Hard top = {}, {:?}, {}, {} miles", order, car.age.0, car.roof, car.motor, car.color, car.age.1);

    ...

    // Car order #6: Used, Hard top
    order = order + 1;
    car = car_factory(order, 4000);
    println!("{}: {}, Hard top = {}, {:?}, {}, {} miles", order, car.age.0, car.roof, car.motor, car.color, car.age.1);

新しいハッシュマップで機能するように、これらのコードステートメントを修正します。

  • car_factory関数の呼び出しは保持します。返された各Car構造体は、ハッシュマップの<K、V>ペアの一部として格納されます。
  • println!マクロの呼び出しを更新して、ハッシュマップに保存されている注文の詳細を表示します。
  1. main関数で、関数の呼び出しcar_factoryとそれに伴うprintln!マクロの呼び出しを見つけます。
// Car order #1: Used, Hard top
    car = car_factory(order, 1000);
    println!("{}: {}, Hard top = {}, {:?}, {}, {} miles", order, car.age.0, car.roof, car.motor, car.color, car.age.1);

    ...

    // Car order #6: Used, Hard top
    order = order + 1;
    car = car_factory(order, 4000);
    println!("{}: {}, Hard top = {}, {:?}, {}, {} miles", order, car.age.0, car.roof, car.motor, car.color, car.age.1);

2. すべての自動車注文のステートメントの完全なセットを次の改訂されたコードに置き換えます。

// Car order #1: Used, Hard top
    car = car_factory(order, 1000);
    orders(order, car);
    println!("Car order {}: {:?}", order, orders.get(&order));

    // Car order #2: Used, Convertible
    order = order + 1;
    car = car_factory(order, 2000);
    orders(order, car);
    println!("Car order {}: {:?}", order, orders.get(&order));

    // Car order #3: New, Hard top
    order = order + 1;
    car = car_factory(order, 0);
    orders(order, car);
    println!("Car order {}: {:?}", order, orders.get(&order));

    // Car order #4: New, Convertible
    order = order + 1;
    car = car_factory(order, 0);
    orders(order, car);
    println!("Car order {}: {:?}", order, orders.get(&order));

    // Car order #5: Used, Hard top
    order = order + 1;
    car = car_factory(order, 3000);
    orders(order, car);
    println!("Car order {}: {:?}", order, orders.get(&order));

    // Car order #6: Used, Hard top
    order = order + 1;
    car = car_factory(order, 4000);
    orders(order, car);
    println!("Car order {}: {:?}", order, orders.get(&order));

3. 今すぐプログラムをビルドしようとすると、コンパイルエラーが表示されます。<K、V>ペアをordersハッシュマップに追加するステートメントに構文上の問題があります。問題がありますか?先に進んで、ハッシュマップに順序を追加する各ステートメントの問題を修正してください。

ヒント

ordersハッシュマップに直接値を割り当てることはできません。挿入を行うにはメソッドを使用する必要があります。

プログラムを実行する

プログラムが正常にビルドされると、次の出力が表示されます。

Car order 1: Some(Car { color: "Blue", motor: Manual, roof: true, age: ("Used", 1000) })
Car order 2: Some(Car { color: "Green", motor: SemiAuto, roof: false, age: ("Used", 2000) })
Car order 3: Some(Car { color: "Red", motor: Automatic, roof: true, age: ("New", 0) })
Car order 4: Some(Car { color: "Silver", motor: SemiAuto, roof: false, age: ("New", 0) })
Car order 5: Some(Car { color: "Blue", motor: Manual, roof: true, age: ("Used", 3000) })
Car order 6: Some(Car { color: "Green", motor: Automatic, roof: true, age: ("Used", 4000) })

改訂されたコードの出力が異なることに注意してください。println!マクロディスプレイの内容Car各値を示すことによって、構造体と対応するフィールド名。

次の演習では、ループ式を使用してコードの冗長性を減らします。

for、while、およびloop式を使用します


多くの場合、プログラムには、その場で繰り返す必要のあるコードのブロックがあります。ループ式を使用して、繰り返しの実行方法をプログラムに指示できます。電話帳のすべてのエントリを印刷するには、ループ式を使用して、最初のエントリから最後のエントリまで印刷する方法をプログラムに指示できます。

Rustは、プログラムにコードのブロックを繰り返させるための3つのループ式を提供します。

  • loop:手動停止が発生しない限り、繰り返します。
  • while:条件が真のままで繰り返します。
  • for:コレクション内のすべての値に対して繰り返します。

この単元では、これらの各ループ式を見ていきます。

ループし続けるだけ

loop式は、無限ループを作成します。このキーワードを使用すると、式の本文でアクションを継続的に繰り返すことができます。ループを停止させるための直接アクションを実行するまで、アクションが繰り返されます。

次の例では、「We loopforever!」というテキストを出力します。そしてそれはそれ自体で止まりません。println!アクションは繰り返し続けます。

loop {
    println!("We loop forever!");
}

loop式を使用する場合、ループを停止する唯一の方法は、プログラマーとして直接介入する場合です。特定のコードを追加してループを停止したり、Ctrl + Cなどのキーボード命令を入力してプログラムの実行を停止したりできます。

loop式を停止する最も一般的な方法は、breakキーワードを使用してブレークポイントを設定することです。

loop {
    // Keep printing, printing, printing...
    println!("We loop forever!");
    // On the other hand, maybe we should stop!
    break;                            
}

プログラムがbreakキーワードを検出すると、loop式の本体でアクションの実行を停止し、次のコードステートメントに進みます。

breakキーワードは、特別な機能を明らかにするloop表現を。breakキーワードを使用すると、式本体でのアクションの繰り返しを停止することも、ブレークポイントで値を返すこともできます。

次の例はbreakloop式でキーワードを使用して値も返す方法を示しています。

let mut counter = 1;
// stop_loop is set when loop stops
let stop_loop = loop {
    counter *= 2;
    if counter > 100 {
        // Stop loop, return counter value
        break counter;
    }
};
// Loop should break when counter = 128
println!("Break the loop at counter = {}.", stop_loop);

出力は次のとおりです。

Break the loop at counter = 128.

私たちのloop表現の本体は、これらの連続したアクションを実行します。

  1. stop_loop変数を宣言します。
  2. 変数値をloop式の結果にバインドするようにプログラムに指示します。
  3. ループを開始します。loop式の本体でアクションを実行します:
    ループ本体
    1. counter値を現在の値の2倍にインクリメントします。
    2. counter値を確認してください。
    3. もしcounter値が100以上です。

ループから抜け出し、counter値を返します。

4. もしcounter値が100以上ではありません。

ループ本体でアクションを繰り返します。

5. stop_loop値を式のcounter結果である値に設定しますloop

loop式本体は、複数のブレークポイントを持つことができます。式に複数のブレークポイントがある場合、すべてのブレークポイントは同じタイプの値を返す必要があります。すべての値は、整数型、文字列型、ブール型などである必要があります。ブレークポイントが明示的に値を返さない場合、プログラムは式の結果を空のタプルとして解釈します()

しばらくループする

whileループは、条件式を使用しています。条件式が真である限り、ループが繰り返されます。このキーワードを使用すると、条件式がfalseになるまで、式本体のアクションを実行できます。

whileループは、ブール条件式を評価することから始まります。条件式がと評価されるtrueと、本体のアクションが実行されます。アクションが完了すると、制御は条件式に戻ります。条件式がと評価されるfalseと、while式は停止します。

次の例では、「しばらくループします...」というテキストを出力します。ループを繰り返すたびに、「カウントが5未満である」という条件がテストされます。条件が真のままである間、式本体のアクションが実行されます。条件が真でなくなった後、whileループは停止し、プログラムは次のコードステートメントに進みます。

while counter < 5 {
    println!("We loop a while...");
    counter = counter + 1;
}

これらの値のループ

forループは、項目のコレクションを処理するためにイテレータを使用しています。ループは、コレクション内の各アイテムの式本体のアクションを繰り返します。このタイプのループの繰り返しは、反復と呼ばれます。すべての反復が完了すると、ループは停止します。

Rustでは、配列、ベクトル、ハッシュマップなど、任意のコレクションタイプを反復処理できます。Rustはイテレータを使用して、コレクション内の各アイテムを最初から最後まで移動します

forループはイテレータとして一時変数を使用しています。変数はループ式の開始時に暗黙的に宣言され、現在の値は反復ごとに設定されます。

次のコードでは、コレクションはbig_birds配列であり、イテレーターの名前はbirdです。

let big_birds = ["ostrich", "peacock", "stork"];
for bird in big_birds

iter()メソッドを使用して、コレクション内のアイテムにアクセスします。for式は結果にイテレータの現在の値をバインドするiter()方法。式本体では、イテレータ値を操作できます。

let big_birds = ["ostrich", "peacock", "stork"];
for bird in big_birds.iter() {
    println!("The {} is a big bird.", bird);
}

出力は次のとおりです。

The ostrich is a big bird.
The peacock is a big bird.
The stork is a big bird.

イテレータを作成するもう1つの簡単な方法は、範囲表記を使用することですa..b。イテレータはa値から始まりb、1ステップずつ続きますが、値を使用しませんb

for number in 0..5 {
    println!("{}", number * 2);
}

このコードは、0、1、2、3、および4の数値をnumber繰り返し処理します。ループの繰り返しごとに、値を変数にバインドします。

出力は次のとおりです。

0
2
4
6
8

このコードを実行して、このRustPlaygroundでループを探索できます。

演習:ループを使用してデータを反復処理する


この演習では、自動車工場のプログラムを変更して、ループを使用して自動車の注文を反復処理します。

main関数を更新して、注文の完全なセットを処理するためのループ式を追加します。ループ構造は、コードの冗長性を減らすのに役立ちます。コードを簡素化することで、注文量を簡単に増やすことができます。

このcar_factory関数では、範囲外の値での実行時のパニックを回避するために、別のループを追加します。

課題は、サンプルコードを完成させて、コンパイルして実行することです。

この演習のサンプルコードで作業するには、次の2つのオプションがあります。

  • コードをコピーして、ローカル開発環境で編集します。
  • 準備されたRustPlaygroundでコードを開きます。

ノート

サンプルコードで、todo!マクロを探します。このマクロは、完了するか更新する必要があるコードを示します。

プログラムをロードする

前回の演習でプログラムコードを閉じた場合は、この準備されたRustPlaygroundでコードを再度開くことができます。

必ずプログラムを再構築し、コンパイラエラーなしで実行されることを確認してください。

ループ式でアクションを繰り返す

より多くの注文をサポートするには、プログラムを更新する必要があります。現在のコード構造では、冗長ステートメントを使用して6つの注文をサポートしています。冗長性は扱いにくく、維持するのが困難です。

ループ式を使用してアクションを繰り返し、各注文を作成することで、構造を単純化できます。簡略化されたコードを使用すると、多数の注文をすばやく作成できます。

  1. ではmain機能、削除次の文を。このコードブロックは、order変数を定義および設定し、自動車の注文のcar_factory関数とprintln!マクロを呼び出し、各注文をordersハッシュマップに挿入します。
// Order 6 cars
    // - Increment "order" after each request
    // - Add each order <K, V> pair to "orders" hash map
    // - Call println! to show order details from the hash map

    // Initialize order variable
    let mut order = 1;

    // Car order #1: Used, Hard top
    car = car_factory(order, 1000);
    orders.insert(order, car);
    println!("Car order {}: {:?}", order, orders.get(&order));

    ...

    // Car order #6: Used, Hard top
    order = order + 1;
    car = car_factory(order, 4000);
    orders.insert(order, car);
    println!("Car order {}: {:?}", order, orders.get(&order));

2. 削除されたステートメントを次のコードブロックに置き換えます。

// Start with zero miles
    let mut miles = 0;

    todo!("Add a loop expression to fulfill orders for 6 cars, initialize `order` variable to 1") {

        // Call car_factory to fulfill order
        // Add order <K, V> pair to "orders" hash map
        // Call println! to show order details from the hash map        
        car = car_factory(order, miles);
        orders.insert(order, car);
        println!("Car order {}: {:?}", order, orders.get(&order));

        // Reset miles for order variety
        if miles == 2100 {
            miles = 0;
        } else {
            miles = miles + 700;
        }
    }

3. アクションを繰り返すループ式を追加して、6台の車の注文を作成します。order1に初期化された変数が必要です。

4. プログラムをビルドします。コードがエラーなしでコンパイルされることを確認してください。

次の例のような出力が表示されます。

Car order 1: Some(Car { color: "Blue", motor: Manual, roof: true, age: ("New", 0) })
Car order 2: Some(Car { color: "Green", motor: SemiAuto, roof: false, age: ("Used", 700) })
Car order 3: Some(Car { color: "Red", motor: Automatic, roof: true, age: ("Used", 1400) })
Car order 4: Some(Car { color: "Silver", motor: SemiAuto, roof: false, age: ("Used", 2100) })
Car order 5: Some(Car { color: "Blue", motor: Manual, roof: true, age: ("New", 0) })
Car order 6: Some(Car { color: "Green", motor: Automatic, roof: true, age: ("Used", 700) })

車の注文を11に増やす

 プログラムは現在、ループを使用して6台の車の注文を処理しています。6台以上注文するとどうなりますか?

  1. main関数のループ式を更新して、11台の車を注文します。
    todo!("Update the loop expression to create 11 cars");

2. プログラムを再構築します。実行時に、プログラムはパニックになります!

Compiling playground v0.0.1 (/playground)
    Finished dev [unoptimized + debuginfo] target(s) in 1.26s
    Running `target/debug/playground`
thread 'main' panicked at 'index out of bounds: the len is 4 but the index is 4', src/main.rs:34:29

この問題を解決する方法を見てみましょう。

ループ式で実行時のパニックを防ぐ

このcar_factory関数では、if / else式を使用colorして、colors配列のインデックスの値を確認します。

// Prevent panic: Check color index for colors array, reset as needed
    // Valid color = 1, 2, 3, or 4
    // If color > 4, reduce color to valid index
    let mut color = order as usize;
    if color > 4 {        
        // color = 5 --> index 1, 6 --> 2, 7 --> 3, 8 --> 4
        color = color - 4;
    }

colors配列には4つの要素を持ち、かつ有効なcolor場合は、インデックスの範囲は0〜3の条件式をチェックしているcolor私たちはをチェックしません(インデックスが4よりも大きい場合color、その後の関数で4に等しいインデックスへのときに我々のインデックスを車の色を割り当てる配列では、インデックス値から1を減算しますcolor - 1color値4はcolors[3]、配列と同様に処理されます。)

現在のif / else式は、8台以下の車を注文するときの実行時のパニックを防ぐためにうまく機能します。しかし、11台の車を注文すると、プログラムは9番目の注文でパニックになります。より堅牢になるように式を調整する必要があります。この改善を行うために、別のループ式を使用します。

  1. ではcar_factory機能、ループ式であれば/他の条件文を交換してください。colorインデックス値が4より大きい場合に実行時のパニックを防ぐために、次の擬似コードステートメントを修正してください。
// Prevent panic: Check color index, reset as needed
    // If color = 1, 2, 3, or 4 - no change needed
    // If color > 4, reduce to color to a valid index
    let mut color = order as usize;
    todo!("Replace `if/else` condition with a loop to prevent run-time panic for color > 4");

ヒント

この場合、if / else条件からループ式への変更は実際には非常に簡単です。

2. プログラムをビルドします。コードがエラーなしでコンパイルされることを確認してください。

次の出力が表示されます。

Car order 1: Some(Car { color: "Blue", motor: Manual, roof: true, age: ("New", 0) })
Car order 2: Some(Car { color: "Green", motor: SemiAuto, roof: false, age: ("Used", 700) })
Car order 3: Some(Car { color: "Red", motor: Automatic, roof: true, age: ("Used", 1400) })
Car order 4: Some(Car { color: "Silver", motor: SemiAuto, roof: false, age: ("Used", 2100) })
Car order 5: Some(Car { color: "Blue", motor: Manual, roof: true, age: ("New", 0) })
Car order 6: Some(Car { color: "Green", motor: Automatic, roof: true, age: ("Used", 700) })
Car order 7: Some(Car { color: "Red", motor: Manual, roof: true, age: ("Used", 1400) })
Car order 8: Some(Car { color: "Silver", motor: SemiAuto, roof: false, age: ("Used", 2100) })
Car order 9: Some(Car { color: "Blue", motor: Automatic, roof: true, age: ("New", 0) })
Car order 10: Some(Car { color: "Green", motor: SemiAuto, roof: false, age: ("Used", 700) })
Car order 11: Some(Car { color: "Red", motor: Manual, roof: true, age: ("Used", 1400) })

概要

このモジュールでは、Rustで使用できるさまざまなループ式を調べ、ハッシュマップの操作方法を発見しました。データは、キーと値のペアとしてハッシュマップに保存されます。ハッシュマップは拡張可能です。

loop手動でプロセスを停止するまでの式は、アクションを繰り返します。while式をループして、条件が真である限りアクションを繰り返すことができます。このfor式は、データ収集を反復処理するために使用されます。

この演習では、自動車プログラムを拡張して、繰り返されるアクションをループし、すべての注文を処理しました。注文を追跡するためにハッシュマップを実装しました。

このラーニングパスの次のモジュールでは、Rustコードでエラーと障害がどのように処理されるかについて詳しく説明します。

 リンク: https://docs.microsoft.com/en-us/learn/modules/rust-loop-expressions/

#rust #Beginners 

Rahul Jangid

1622207074

What is JavaScript - Stackfindover - Blog

Who invented JavaScript, how it works, as we have given information about Programming language in our previous article ( What is PHP ), but today we will talk about what is JavaScript, why JavaScript is used The Answers to all such questions and much other information about JavaScript, you are going to get here today. Hope this information will work for you.

Who invented JavaScript?

JavaScript language was invented by Brendan Eich in 1995. JavaScript is inspired by Java Programming Language. The first name of JavaScript was Mocha which was named by Marc Andreessen, Marc Andreessen is the founder of Netscape and in the same year Mocha was renamed LiveScript, and later in December 1995, it was renamed JavaScript which is still in trend.

What is JavaScript?

JavaScript is a client-side scripting language used with HTML (Hypertext Markup Language). JavaScript is an Interpreted / Oriented language called JS in programming language JavaScript code can be run on any normal web browser. To run the code of JavaScript, we have to enable JavaScript of Web Browser. But some web browsers already have JavaScript enabled.

Today almost all websites are using it as web technology, mind is that there is maximum scope in JavaScript in the coming time, so if you want to become a programmer, then you can be very beneficial to learn JavaScript.

JavaScript Hello World Program

In JavaScript, ‘document.write‘ is used to represent a string on a browser.

<script type="text/javascript">
	document.write("Hello World!");
</script>

How to comment JavaScript code?

  • For single line comment in JavaScript we have to use // (double slashes)
  • For multiple line comments we have to use / * – – * /
<script type="text/javascript">

//single line comment

/* document.write("Hello"); */

</script>

Advantages and Disadvantages of JavaScript

#javascript #javascript code #javascript hello world #what is javascript #who invented javascript

Hire Dedicated JavaScript Developers -Hire JavaScript Developers

It is said that a digital resource a business has must be interactive in nature, so the website or the business app should be interactive. How do you make the app interactive? With the use of JavaScript.

Does your business need an interactive website or app?

Hire Dedicated JavaScript Developer from WebClues Infotech as the developer we offer is highly skilled and expert in what they do. Our developers are collaborative in nature and work with complete transparency with the customers.

The technology used to develop the overall app by the developers from WebClues Infotech is at par with the latest available technology.

Get your business app with JavaScript

For more inquiry click here https://bit.ly/31eZyDZ

Book Free Interview: https://bit.ly/3dDShFg

#hire dedicated javascript developers #hire javascript developers #top javascript developers for hire #hire javascript developer #hire a freelancer for javascript developer #hire the best javascript developers

Mya  Lynch

Mya Lynch

1598065860

Top 5 JavaScript Libraries to Create an Organizational Chart

In this article, we’ll review five JavaScript libraries that allow you to create online organizational charts. To make this info useful for different categories of readers, we’ve gathered together libraries with different functionality and pricing policy. To help you decide whether one of them is worthy of your attention or not, we’ll take a look at the main features and check if the documentation is user-friendly.

DHTMLX Diagram Library

The DHTMLX diagram library allows creating easily configurable graphs for visualization of hierarchical data. Besides org charts, you can create almost any type of hierarchical diagrams. You can choose from organizational charts, flowcharts, block and network diagrams, decision trees, mind maps, UML Class diagrams, mixed diagrams, and any other types of diagrams. This variety of diagrams can be generated using a built-in set of shapes or with the help of custom shapes.

You can set up any diagram shape you need with text, icons, images, and any other custom content via templates in a few lines of code. All these parameters can be later changed from the UI via the sidebar options in the editor.

Top 9 JavaScript Charting Libraries

The edit mode gives an opportunity to make changes on-the-fly without messing with the source code. An interactive interface of the editor supports drag-and-drop and permits you to change each item of your diagram. You can drag diagram items with your mouse and set the size and position property of an item via the editor. The multiselection feature can help to speed up your work in the editor, as it enables you to manipulate several shapes.

The library has an exporting feature. You can export your diagram to a PDF, PNG, or JSON format. Zooming and scrolling options will be useful in case you work with diagrams containing a big number of items. There is also a search feature that helps you to quickly find the necessary shape and make your work with complex diagrams even more convenient by expanding and collapsing shapes when necessary. To show the structure of an organization compactly, you can use the vertical mode.

The documentation page will appeal both to beginners and experienced developers. A well-written beginner’s guide contains the source code with explanations. A bunch of guides will help with further configuration, so you’ll be able to create a diagram that better suits your needs. At the moment, there are three types of licenses available. The commercial license for the team of five or fewer developers costs $599, the enterprise license goes for $1299 per company, and the ultimate license has a price tag of $2899.

#javascript #web dev #data visualization #libraries #web app development #front end development #javascript libraries #org chart creator

Niraj Kafle

1589255577

The essential JavaScript concepts that you should understand

As a JavaScript developer of any level, you need to understand its foundational concepts and some of the new ideas that help us developing code. In this article, we are going to review 16 basic concepts. So without further ado, let’s get to it.

#javascript-interview #javascript-development #javascript-fundamental #javascript #javascript-tips