Amazon CloudFrontのデフォルト上限値が更に更に大幅アップしました!(2020初夏)

Amazon CloudFrontのデフォルト上限値が更に更に大幅アップしました!(2020初夏)

Amazon CloudFrontの3年7ヶ月ぶり、3回目のデフォルトのクォータ(いわゆるデフォルト上限値)の引き上げについて、過去のデフォルト上限値の引き上げも踏まえながらまとめてみました。(以前との比較もあるので一部に「上限値」という表現が含まれています。)これまでのCloudFrontの「データ転送レート」、「秒間リクエスト数」のデフォルトのクォータの引き上げについても振り返ってみましょう。Amazon CloudFrontリリース当時のデフォルトのクォータ(当時は上限値)は1,000Mbps、1,000RPSでした。これが10Gbps、15,000RPSに引き上げられたのが2016年1月のことです。

はじめに

清水です。AWSが提供する高速・高パフォーマンスなコンテンツ配信サービス(CDN)であるAmazon CloudFront、その開発者ドキュメントを確認していたところ、デフォルトのクォータ(上限値)が引き上げられたことが確認できたのでまとめてみます。引き上げられたデフォルトのクォータは「データ転送レート」がこれまでの40Gbpsから150Gbpsに、「1秒あたりのリクエスト数」が100,000から250,000となっています!

なお2020/05/30 03:00(JST)現在、日本語版ドキュメントは未反映のようです。英語版ドキュメントを参照ください。

またGitHubでドキュメントソースの差分を確認すると、2020/05/20に更新されていた内容のようです。

これまでのCloudFrontの「データ転送レート」、「秒間リクエスト数」のデフォルトのクォータの引き上げについても振り返ってみましょう。Amazon CloudFrontリリース当時のデフォルトのクォータ(当時は上限値)は1,000Mbps、1,000RPSでした。これが10Gbps、15,000RPSに引き上げられたのが2016年1月のことです。

さらにその年の10月、デフォルトのクォータ(当時は上限値)が40Gbps、100,000RPSまで引き上げられます。

今回のクォータ(上限値)の引き上げは3年7ヶ月ぶり、3回目のことになりますね!前回の引き上げから倍率を計算すると、データ転送レートは3.75倍(40Gbps→150Gbps)、1秒あたりのリクエスト数は2.5倍(100,000→250,000)となります。ついでにリリース当時から比較するとデータ転送レートは150倍!1秒あたりのリクエスト数は250倍!!になっています。

aws

Bootstrap 5 Complete Course with Examples

Bootstrap 5 Tutorial - Bootstrap 5 Crash Course for Beginners

Nest.JS Tutorial for Beginners

Hello Vue 3: A First Look at Vue 3 and the Composition API

Building a simple Applications with Vue 3

Deno Crash Course: Explore Deno and Create a full REST API with Deno

How to Build a Real-time Chat App with Deno and WebSockets

Convert HTML to Markdown Online

HTML entity encoder decoder Online

Hire AWS Developer

Looking to Hire Professional AWS Developers? The technology inventions have demanded all businesses to use and manage cloud-based computing services and Amazon is dominating the cloud computing services provider in the world. **[Hire AWS...

AWS Cost Allocation Tags and Cost Reduction

Learn more about AWS Cost Allocation Tags, tag examples via the web, CLI, and node.js, explore tag compliance services, and review tagging strategies.

Hire Dedicated AWS Developer

Want to Hire AWS Developer for cloud computing services? At **[HourlyDeveloper.io](https://hourlydeveloper.io/ "HourlyDeveloper.io")**, we leverage maximum benefits from the AWS platform ensuring prominent Solutions for business requirements....

How AWS Skills Can Boost Your Career in The IT Industry?

India's best AWS Online Training & Certification Course By CETPA with Live Project & Avail 50% discount. Level up from creating cloud applications using AWS SDKs and to prepare for certification exams. Enroll Now!

How To Unite AWS KMS with Serverless Application Model (SAM)

AWS KMS is a Key Management Service that let you create Cryptographic keys that you can use to encrypt and decrypt data and also other keys. You can read more about it here.