伊藤  直子

伊藤 直子

1652979840

C ++の3つの演算子 - AND(&)演算子、論理OR(||)演算子、算術(+)演算子

ほとんどのプログラミング言語には、算術演算、比較演算、論理演算などの特定の演算を実行できる機能が組み込まれています。

この記事では、C ++の3つの演算子(ビットごとのAND&)演算子、論理OR||)演算子、および算術+演算子)について説明します。

C ++でビット単位のAND()演算子を使用する方法&

ビットごとのAND演算子は、&記号で示されます。

&演算子がC++でどのように機能するかを次に示します。

  • 各オペランドのバイナリ値を評価します。
  • 真理値表AND形式を使用してバイナリ値を加算します(このセクションの例で実際のアプリケーションを確認します)。
  • 加算の基数10の値を返します。

すぐに例を見てみましょう。

#include <iostream>using namespace std;int main() {    int x = 10;    int y = 12;        cout << (x & y);    // 8}

上記のコードでは、オペランドは10と12でxあり、yそれぞれとに格納されています。次に、&演算子を使用して両方のオペランドを評価しcout << (x & y);ました。値は8です。

それは混乱しているように見えるかもしれないので、それを分解しましょう。

10のバイナリ値は1010です。

12のバイナリ値は1100です。

次に、両方のバイナリ値を追加します。各インデックスは互いに対応しています。つまり、1である1010の最初のインデックスと、同じく1である1100の最初のインデックスの値を追加します。同じことが他のインデックスにも当てはまります。

方法は次のとおりです。

注意として、これはAND真理値表のしくみです:1と1 => 1、0と1 => 0、1と0 => 1、0と0=>0。

1010の最初のインデックス=>1&1100の最初のインデックス=> 1

1および1=>1

1010の2番目のインデックス=>0&1100の2番目のインデックス=> 1

oおよび1=>0

1010の3番目のインデックス=>1&1100の3番目のインデックス=> 0

1および0=>0

1010の4番目のインデックス=>0&1100の4番目のインデックス=> 0

oおよび0=>0

これで、すべての出力を取得できます:1000。

1000の10進数の値は8です。これが10 & 12、コード例で操作が8を返した理由です。

次のように操作を確認することもできます。

    10 = 1010
&
    12 = 1100
        _________
         1000
 
 1000 = 8 in base 10

C ++で論理OR()演算子を使用する方法||

論理OR演算子は、||記号で示されます。

||演算子の仕組みは次のとおりです。

  • 2つのステートメントを評価します。
  • 両方のステートメントが真の場合、1(真)を返します。
  • 両方のステートメントがfalseの場合、0(false)を返します。
  • ステートメントのいずれかがtrueの場合、1(true)を返します。

これが最初の例です:

#include <iostream>using namespace std;int main() {    int x = 10;    int y = 12;        cout << (x > 5 || y < 15);    // 1}

上記の操作は1を返します。これは、両方のステートメントが真であるためです。の値はx5より大きく、値yは15未満です。

別の例を見てみましょう。

#include <iostream>using namespace std;int main() {    int x = 10;    int y = 12;        cout << (x > 20 || y < 10);    // 0}

両方のステートメントがfalseであるため、例では0が返されます。xの値は20y以下で、の値は10以上です。

別の例を次に示します。

#include <iostream>using namespace std;int main() {    int x = 10;    int y = 12;        cout << (x > 5 || y < 10);    // 1}

上記の例では、両方のステートメントの1つがtrueであるため、1が返されます。のx値は5より大きく、の値はy10未満です。したがって、||オペレーターは両方のステートメントのいずれかがtrueであるかどうかをチェックします。 1を返します。

C++で算術演算子を使用する方法+

演算子は、+2つ以上の変数/値を一緒に追加するために使用されます。

次に例を示します。

#include <iostream>using namespace std;int main() {    int x = 10;    int y = 12;        cout << (x + y);    // 22}

上記の例は、2つの数値を加算し、加算の値を返す単純な数学演算です。

変数に格納せずにこの操作を実行することもできます。あれは:

#include <iostream>using namespace std;int main() {        cout << (10 + 12);    // 22}

結論

この記事では、C++の3つの演算子について説明しました。これらの演算子は、ビットごとのAND&)演算子、論理OR||)演算子、および算術演算+子です。

各演算子がどのように機能するか、およびそれらの操作の背後にあるロジックのいくつかを見ました。各セクションには、演算子と、演算子がオペランドを評価して結果を得る方法を理解するのに役立つ例がありました。

ハッピーコーディング!

出典:https ://www.freecodecamp.org/news/cpp-operator-examples/

#cpp #cplusplus 

What is GEEK

Buddha Community

C ++の3つの演算子 - AND(&)演算子、論理OR(||)演算子、算術(+)演算子
Tamale  Moses

Tamale Moses

1624240146

How to Run C/C++ in Sublime Text?

C and C++ are the most powerful programming language in the world. Most of the super fast and complex libraries and algorithms are written in C or C++. Most powerful Kernel programs are also written in C. So, there is no way to skip it.

In programming competitions, most programmers prefer to write code in C or C++. Tourist is considered the worlds top programming contestant of all ages who write code in C++.

During programming competitions, programmers prefer to use a lightweight editor to focus on coding and algorithm designing. VimSublime Text, and Notepad++ are the most common editors for us. Apart from the competition, many software developers and professionals love to use Sublime Text just because of its flexibility.

I have discussed the steps we need to complete in this blog post before running a C/C++ code in Sublime Text. We will take the inputs from an input file and print outputs to an output file without using freopen file related functions in C/C++.

#cpp #c #c-programming #sublimetext #c++ #c/c++

Dicey Issues in C/C++

If you are familiar with C/C++then you must have come across some unusual things and if you haven’t, then you are about to. The below codes are checked twice before adding, so feel free to share this article with your friends. The following displays some of the issues:

  1. Using multiple variables in the print function
  2. Comparing Signed integer with unsigned integer
  3. Putting a semicolon at the end of the loop statement
  4. C preprocessor doesn’t need a semicolon
  5. Size of the string matters
  6. Macros and equations aren’t good friends
  7. Never compare Floating data type with double data type
  8. Arrays have a boundary
  9. Character constants are different from string literals
  10. Difference between single(=) and double(==) equal signs.

The below code generates no error since a print function can take any number of inputs but creates a mismatch with the variables. The print function is used to display characters, strings, integers, float, octal, and hexadecimal values onto the output screen. The format specifier is used to display the value of a variable.

  1. %d indicates Integer Format Specifier
  2. %f indicates Float Format Specifier
  3. %c indicates Character Format Specifier
  4. %s indicates String Format Specifier
  5. %u indicates Unsigned Integer Format Specifier
  6. %ld indicates Long Int Format Specifier

Image for post


A signed integer is a 32-bit datum that encodes an integer in the range [-2147483648 to 2147483647]. An unsigned integer is a 32-bit datum that encodes a non-negative integer in the range [0 to 4294967295]. The signed integer is represented in twos-complement notation. In the below code the signed integer will be converted to the maximum unsigned integer then compared with the unsigned integer.

Image for post

#problems-with-c #dicey-issues-in-c #c-programming #c++ #c #cplusplus

Ari  Bogisich

Ari Bogisich

1589816580

Using isdigit() in C/C++

In this article, we’ll take a look at using the isdigit() function in C/C++. This is a very simple way to check if any value is a digit or not. Let’s look at how to use this function, using some simple examples.

#c programming #c++ #c #c#

Ari  Bogisich

Ari Bogisich

1590587580

Loops in C++ | For, While, and Do While Loops in C++

In this Video We are going to see how to use Loops in C++. We will see How to use For, While, and Do While Loops in C++.
C++ is general purpose, compiled, object-oriented programming language and its concepts served as the basis for several other languages such as Java, Python, Ruby, Perl etc.

#c #c# #c++ #programming-c

Shaylee  Lemke

Shaylee Lemke

1589791833

Object Oriented Programming in C++ | C++ OOPs Concepts | Learn Object Oriented C++

C++ is general purpose, compiled, object-oriented programming language and its concepts served as the basis for several other languages such as Java, Python, Ruby, Perl etc.

The goal of this course is to provide you with a working knowledge of C++. We’ll start with the basics, including syntax, operators, loops, and functions. This Course will explain you how to use data structures and create your own Functions. This Course will show you the details of the powerful object and template systems so you can create useful classes and objects.

Youtube channel: ProgrammingKnowledge - https://www.youtube.com/watch?v=_SH1T3y_D7o

#c #c# #c++ #programming-c