すべてのDevOpsチームにFinOpsリーダが必要なのはなぜか

あなたがクラウドにたくさんの費用を使っていることはご存知でしょう。では、その費用のどれだけが本当に必要なのでしょうか?費用の効率を改善することは可能でしょうか?これらは、クラウドでワークロードを運用しているすべてのチームや企業に影響する疑問です。世界経済がパンデミックの影響で減速している今、企業の利益を守るために、あるいは、最悪のケースでは、企業が存続するために、無駄の削減(cutting fat)は極めて重要です。

スタートアップとして急成長を遂げたPerimeterX (私が勤務する企業) では、自分たちのビジネスに — プラスとマイナス、両方の意味で — 大きく影響するインフラストラクチャ費用がブラックボックスであると認識した数年前から、FinOpsについて検討を始めていました。DevOpsに関わる者なら誰しもが、驚愕のクラウド費用に関するホラーストーリについて読んだ(あるいは、実際にその渦中にいた)ことがあるでしょう。 開発チームがミスをしたり、誰かが大規模な一時的クラスタのシャットダウンを忘れていたり、あるいはスケールアップイベントへの緊急対応がタイムリに解消されなかったりした時、このような状況が発生します。FinOpsの目標は、クラウドインフラストラクチャを管理するチームによる費用の分析と調査を、さらにはクラウドサービス間の関係に関する仮説のテストを可能にして、このような災害を防止することにあります。

驚くでしょうか?FinOpsというテーマに踏み込んだことによって、私たちは、優れたFinOpsプラクティスが費用削減だけではなく、よりよいカスタマエクスペリエンスやもっとスマートなプロダクトデザインにもつながるのだ、ということに気づいたのです。

FinOpsとは何か?

ほとんどの読者にとって、初めて聞くコンセプトかも知れません。FinOps Foundationによる定義が、その内容をうまく表現しています。

FinOpsはクラウドの運用モデルです。FinOpsは、組織がクラウドのコストを理解し、トレードオフを行う能力を向上させるためのシフト — システムのコンビネーション、ベストプラクティス、文化 — を可能にします。DevOpsはサイロを破壊し、アジリティを向上させることによって、開発業務に革命を起こしました。同じようにFinOpsは、技術、営業、財務のプロフェッショナルを新たなプロセスセットに集結させることにより、クラウドのビジネスバリューを向上します。

簡単に言うと、FinOpsとは、DevOpsと同じ原則をクラウド資産とインフラストラクチャの財務管理、運用管理に適用するものです。究極的にはこれらの資産を、人の介在ではなくコードを通じて管理する、という意味も含んでいます。これを効率的に行うために、FinOpsの実践者には、カスタマの使用パターンとプロダクトの要求パターンの両方を理解し、この2つを適切にマップすることによって、カスタマエクスペリエンスの最適化を継続しながら価値を最大化することが求められます。

#devops #アーティクル

What is GEEK

Buddha Community

すべてのDevOpsチームにFinOpsリーダが必要なのはなぜか

すべてのDevOpsチームにFinOpsリーダが必要なのはなぜか

あなたがクラウドにたくさんの費用を使っていることはご存知でしょう。では、その費用のどれだけが本当に必要なのでしょうか?費用の効率を改善することは可能でしょうか?これらは、クラウドでワークロードを運用しているすべてのチームや企業に影響する疑問です。世界経済がパンデミックの影響で減速している今、企業の利益を守るために、あるいは、最悪のケースでは、企業が存続するために、無駄の削減(cutting fat)は極めて重要です。

スタートアップとして急成長を遂げたPerimeterX (私が勤務する企業) では、自分たちのビジネスに — プラスとマイナス、両方の意味で — 大きく影響するインフラストラクチャ費用がブラックボックスであると認識した数年前から、FinOpsについて検討を始めていました。DevOpsに関わる者なら誰しもが、驚愕のクラウド費用に関するホラーストーリについて読んだ(あるいは、実際にその渦中にいた)ことがあるでしょう。 開発チームがミスをしたり、誰かが大規模な一時的クラスタのシャットダウンを忘れていたり、あるいはスケールアップイベントへの緊急対応がタイムリに解消されなかったりした時、このような状況が発生します。FinOpsの目標は、クラウドインフラストラクチャを管理するチームによる費用の分析と調査を、さらにはクラウドサービス間の関係に関する仮説のテストを可能にして、このような災害を防止することにあります。

驚くでしょうか?FinOpsというテーマに踏み込んだことによって、私たちは、優れたFinOpsプラクティスが費用削減だけではなく、よりよいカスタマエクスペリエンスやもっとスマートなプロダクトデザインにもつながるのだ、ということに気づいたのです。

FinOpsとは何か?

ほとんどの読者にとって、初めて聞くコンセプトかも知れません。FinOps Foundationによる定義が、その内容をうまく表現しています。

FinOpsはクラウドの運用モデルです。FinOpsは、組織がクラウドのコストを理解し、トレードオフを行う能力を向上させるためのシフト — システムのコンビネーション、ベストプラクティス、文化 — を可能にします。DevOpsはサイロを破壊し、アジリティを向上させることによって、開発業務に革命を起こしました。同じようにFinOpsは、技術、営業、財務のプロフェッショナルを新たなプロセスセットに集結させることにより、クラウドのビジネスバリューを向上します。

簡単に言うと、FinOpsとは、DevOpsと同じ原則をクラウド資産とインフラストラクチャの財務管理、運用管理に適用するものです。究極的にはこれらの資産を、人の介在ではなくコードを通じて管理する、という意味も含んでいます。これを効率的に行うために、FinOpsの実践者には、カスタマの使用パターンとプロダクトの要求パターンの両方を理解し、この2つを適切にマップすることによって、カスタマエクスペリエンスの最適化を継続しながら価値を最大化することが求められます。

#devops #アーティクル