松並  大輝

松並 大輝

1652765880

Messariとは| Messariの使い方| Crypto Data Aggregator

この投稿では、Messariとは| Messariの使い方| Crypto Data Aggregator

1.メッサリとは?

Messariは、暗号の専門家のために情報を整理してコンテキスト化することを使命とするデータ分析および調査会社です。Messariを使用すると、アナリストと企業は、基礎となるデータの整合性を信頼しながら、暗号の世界の最先端を分析、調査、および維持できます。

ほんの数年で、メッサリは情報、データ、研究のアグリゲーターとして暗号通貨の最大の名前の1つになりました。月に数十万人の訪問者がいる彼らのウェブサイトは、暗号資産のチャート作成と高度なメトリックのための最も広範なデータプラットフォームの1つを提供し、無料枠と有料サブスクリプションの両方を提供します。

これにより、専門家は情報に基づいた決定を下し、タイムリーな行動を取ることができます。当社は、自動化されたデータ収集(定量的資産メトリクスやチャート作成ツールなど)と、アナリストのグローバルチームによる定性的調査および市場インテリジェンスを組み合わせたエクスペリエンスを提供できる独自の立場にあります。

Messariは、トケノミクス、財務情報、チームメンバー、通信リンクなど、さまざまな暗号プロジェクトの複数の機能と側面を開示するために使用されます。彼らは、暗号プロジェクトが自分自身とその情報を提示するための認められた業界標準になろうとしています。 

信頼性の高いデータバックボーン

Messariは、すべてのプロジェクトと資産の情報アグリゲーターとして暗号通貨業界の信頼を得ています。そこにたどり着くには、ユーザーができるだけ多くのデータにアクセスできるようにすると同時に、このデータの整合性が高いことを確認する必要がありました。

膨大な量のデータにアクセスすることは簡単な作業ではありません。特に、コアビジネスがエンタープライズデータ管理ではない企業にとってはそうです。数百の暗号資産用のチャートおよび分析ツールを構築するには、数十の取引所に分散されている数千のデータフィードに接続する必要があります。2つの暗号通貨交換が同じではないため、データフィードの正規化、クリーニング、および集約は非常に時間のかかるプロセスになります。

Messariは、派生した分析、グラフ作成、およびスクリーナーツールのバックボーンとして機能する信頼性の高いデータソリューションを必要としていました。これにより、基本を気にすることなく新しい機能を開発できます。

MessariのCEOであるRyanSelkis氏は、次のように述べています。暗号空間で目に見えるブランドとして、リアルタイムAPIや不完全な注文書データの破損を許容することはできません。カイコがお届けしました。」  

サポートするすべての資産を監視する

Messariは、主要なプロジェクトすべての主要なソースと通信チャネルを監視して、情報ダイエットを合理化します。私たちのカバレッジには、主要な基本プロトコル、DeFiアセット、事前に起動されたネットワークなどが含まれます。

 

プロフェッショナルなインターフェースとアラートシステム

詳細な分類および優先順位付けシステムを使用して、イベントを並べ替えてフィルタリングします。対象となるすべてのイベントを、カレンダーのタイムライン、ニュースフィード、ダウンロード可能なデータベースの3つの異なるビューで視覚化します。独自のカスタムアラートポリシーを設定して、主要なイベントが発生するたびに電子メールで直接更新されるようにします。

すべての主要なイベント、変更、およびプロトコルの決定を追跡する

Messariは信号をノイズから分離するため、より少ないリソースでより多くのアセットをカバーできます。プロトコルに関するすべての主要なイベント、変更、または決定の即時更新と詳細な分析を取得します。私たちのカバレッジには、ネットワークの更新、トークンのリスト、攻撃と脆弱性、ガバナンスの提案、技術的なアップグレードなどが含まれます。



Slackで直接リアルタイムの更新を受信する

Messari Enterpriseを使用すると、150以上のアセットのリアルタイム更新をSlackワークスペースに直接受信できます。

Slackの概要


2.メッサリの特徴

Messariのサイトにはさまざまな機能があり、それらを注目に値する暗号サイトにしている要因の1つです。それらは、さまざまな暗号通貨の優れた包括的なビューを提供します。

チャート

Messariのチャートセクションでは、クリプトは多数のメトリックと統計で表示され、コインの現在の価格と状況を取り巻く複数の異なる要因を効果的に表示します。彼らは、コインの価格、出来高、時価総額、ボラティリティなどについて話します。これらはすべて、全体像を把握できるように、独自のチャートとメトリックで表されます。この情報は、トレーダーや投資家にコインの経済的地位と将来についての貴重な洞察を与えるのに役立ちます。

Messariのチャートツールは、900以上の暗号資産OHLCチャートへのアクセスを提供し、オプションの粒度は5分から2週間(および有料サブスクライバーのティックレベル)の範囲です。チャートツールに加えて、ユーザーはボリンジャーバンド、ボリューム、ボラティリティ、移動平均などを含む数十の派生インジケーターを追加するオプションがあります。


 

ウォッチリスト

Messariを使用すると、「ウォッチリスト」を設定できます。これらのウォッチリストは、以前に選択した暗号を候補リストに入れ、それらの特定のコインの詳細を提供し、必要な情報を迅速に提供します。これは、投資家が自分の状況に固有の情報を提示され、自分に関係のないコインやプロジェクトではないため、投資家に役立ちます。

このサービスは暗号プラットフォーム間で非常に一般的ですが、Messariは競合他社と比較してより深くそれを行っていると主張することができます。

スクリーナー

Messariの「スクリーナー」は、必要なすべてのメトリックを単一のウィンドウで表示するために使用されます。さらに、さまざまな分類された情報を表示するように選択できます。

最初に「分類」によって、いくつかの選択肢は、Defi、Stablecoins、ExchangeコインNFTコインなどです。

次に、ROIがあります。これは、コインの時間の増加または減少のパーセンテージで情報を並べ替えます。

最後に、一般的な統計があります。これには、流動性、オンチェーンデータ、ボリューム、供給時価総額などが含まれます。

スクリーナーは、市場の全体像を把握し、必要な情報をすべて1か所で確認できる場所です。

レポート

Messariには、暗号通貨に不慣れな人や専門家のための優れたレポートシステムがあります。それらは高品質で詳細な情報を提供します。彼らは、彼らが高水準で生産されることを確実にするために、金融分野の研究者の専任チームを持っています。それらはアクセシビリティを改善するために効果的にソートされます

価格設定

そこにある多くの暗号取引プラットフォームとは異なり、Messariには非常にシンプルでリーズナブルな価格プランがあります。月額29.99ドルで、高度なチャート作成ツールから業界で最高の暗号研究のいくつかまで、Messariのすべての機能のロックを解除するMessariProを入手できます。1年間のMessariを一度に$300($ 24.99 /月)で購入することで、サブスクリプションのコストをさらに削減できます。

Messariは、大企業やその他のエンティティ向けのプラン「Messari Enterprise」も提供しています。このサービスのサブスクリプションは、年間6,000ドルから34,000ドルになります。

トークンコイン取引のトップ取引所。指示に従い、無制限のお金を稼ぐ

☞Binance☞Poloniex☞Bitfinex☞Huobi☞MXC☞ProBIT☞Gate.io☞Coinbase _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

3.暗号通貨市場に関する情報を見つけるためにMessariを使用する

messari.io Webサイトにアクセスすると、ホームページのインターフェイスがさまざまな領域に分割されていることがわかります。含む:ウォッチリスト、ROI、ボリューム、チャート、リサーチ… 

ホームページの中央にはBTCのチャートがあります。このセクションでは、さまざまな時間枠でのBTCおよびその他の暗号通貨の価格変動を確認できます。

それでは、メッサリのホームページで最も重要な領域をたどり、それらの使用方法を学びましょう。

アセットスクリーナー

ウェブサイトのこのセクションにアクセスするには、「データ」に移動し、 「アセットスクリーナー」を選択します。 

ここでは、集計されたカテゴリ別にプロジェクトを選択または検索できます。たとえば、Messariは、大規模なファンド(a16z、Coinbase Venture、Binance Labs)のポートフォリオ内のプロジェクト、または同じセグメント内のプロジェクトをSmart Contract Platform、Web3、DeFi、またはLayer1などの1つのグループに集約しました。 

月または年ごとに最大の利益をもたらすコインを追跡することもできます。一般に、参照と選択のために、さまざまなトピックで分割された多くのカテゴリがあります。 

Messariでプロジェクトに関する情報を検索する

プロジェクトに関する情報を見つける過程で、Messariを強力なツールとして完全に使用できます。プロジェクトに関する情報を検索するには、Messari検索バーにプロジェクト名を入力します。

Tezosプロジェクトの例。

ここでは、ウェブサイト、ソーシャルメディア、オンチェーンデータエクスプローラーなど、Tezosプロジェクトの基本情報のほとんどを見つけることができます。

メッサリでは、投資家は、プロジェクトプロファイル、プロジェクトが取引されている取引所に関する情報など、他の高度なデータを見つけることもできます。同時に、投資家はプロジェクトに関連する最新のニュースやイベントを便利に更新できます。Tezosプロジェクトに関するいくつかのハイライトは次のとおりです。

プロジェクトのグラフを使用してデータを要約します

プロジェクトに関連する最新ニュース

ウォッチリストにプロジェクトを追加する

Messariのウォッチリストにプロジェクトを追加することは難しくありません。これを行うには、「データ」 > 「ウォッチリスト」セクションに移動します。

ここで、 「CREATE WATCHLIST」をクリックして、新しいウォッチリストカテゴリを作成します。 

HuongDanはMessariを使用して学校に関する情報を見つけます-彼は13

次に、この新しいウォッチリストに名前を付けます。例:NearProtocolエコシステムに関する情報を追跡するためのウォッチリストを作成します。次に、「CREATEWATCHLIST」をクリックします。 

新しく作成されたウォッチリストにトークンを追加するには、検索バーでトークンを見つけて、ウォッチリストに「追加」します。以下は、作成したばかりのニアプロトコルエコシステムのウォッチリストです。

メッサリのニュースを読む

投資家が暗号プロジェクトに関する情報を追跡または検索するためのプラットフォームとして知られていることに加えて、メッサリは市場からの膨大な量のニュースも更新します。最新のニュースを見るには、ツールバーの「ニュース」セクションをクリックするだけです。

さらに、Messariには、検索するニュースをトークンまたはカテゴリでフィルタリングする機能もあります。これにより、投資家は興味のあるプロジェクトに関する最新情報を簡単に見つけることができます。 

Messariの詳細な分析とコメントを読む

評判の良い新聞から編集された最新のニュースを読むことに加えて、メッサリチームによって編集された市場調査、分析、解説記事を読むこともできます。ただし、これらは詳細な記事であり、非常に「高価な」データを提供するため、アカウントをProバージョンにアップグレードして読み取ることができるようにする必要があります。 

Messariの「Research」セクションの記事は多くのサブカテゴリに分かれています。この分析のすべてを読むか、カテゴリ別に読むことができます。 

メッサリの研究から集められたデータ。

4.よくある質問

14日間の試用版はどのように機能しますか?

試用期間中に、イベントフィードやカスタムアラートを含むMessariEnterpriseを無料で体験できるようにしてください。このトライアル中は、MessariEnterpriseプラットフォームに完全にアクセスできます。完全なアナリストチームがあなたのために市場を監視しているとき、あなたはあなたがどれだけ多くをカバーすることができ、あなたがどれだけ逃すことができるかをすぐに理解するでしょう!

無料試用期間中は、MessariEnterpriseの料金は請求されません。請求を回避するには、無料試用期間が終了する前にサブスクリプションをキャンセルする必要があります。

以前に有料の顧客として、または無料トライアルの一部としてサービスにサブスクライブしたユーザーは、2回目の無料トライアルの資格がなく、サブスクライブするとすぐに課金されます。

また、無料試用期間終了後の返金はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。

エンタープライズプランとプロプランの違いは何ですか?

Messari Proプランは、排他的な長期の毎日の調査、高度なスクリーニング、チャート作成、ウォッチリスト機能、および受信トレイ内の毎日の暗号ニュースと洞察へのアクセスを提供します。

Messari Enterpriseプランは、Proプランのすべての機能に加えて、100以上の資産にわたるすべての主要なイベント、変更、およびプロトコルの決定を追跡できるようにする排他的なマーケットインテリジェンス機能を提供します。私たちのカバレッジには、ネットワークの更新、トークンのリスト、攻撃と脆弱性、ガバナンスの提案、技術的なアップグレードなどが含まれます。

エンタープライズユーザーは、詳細な分類および優先順位付けシステムを使用してイベントを並べ替えてフィルタリングし、対象となるすべてのイベントをカレンダーのタイムライン、ニュースフィード、ダウンロード可能なデータベースの3つの異なるビューで視覚化できます。Messari Enterpriseは、主要なイベントが発生するたびに電子メールで直接更新される高度なアラートシステムも提供します。

将来的には、エンタープライズプランには、Slack統合、機関グレードの調査、高度なコラボレーション機能、その他多くの機能も含まれる予定です。

Proプランの価格は月額29.99ドル(年間サブスクリプションの場合は月額24.99ドル)です。エンタープライズプランの料金は月額1,000ドル、年額10,000ドルで、1シートから始まります。

Enterpriseではどのような種類のイベントがカバーされていますか?

Messari Enterpriseは、ユーザーにとって重要なイベントを表面化する高信号の情報プラットフォームになるように設計されています。従来のニュースフィードとは異なり、イベントはセクターの専門家のチームによって分析、要約、分類され、あなたやあなたのチームが行動を起こすのに役立つ重要な詳細とコンテキストを提供できます。そのプロセスの一部は、問題のコアイベントの良心の要約と評価を提供するために、開発と製品のマーケティングレンズを取り除くことです。イベントタイプの完全なリストは以下にあります。

Messariはイベント更新の情報をどのように入手しますか?

Messariは、フォーラム、テレグラム、Twitter、GitHubなどの公式ソースとサードパーティソースを組み合わせて、イベント情報を収集します。すべてのアセットが同じプラットフォームまたは情報チャネルを使用しているわけではありません。そのため、当社のカバレッジは、各固有のアセットで利用可能な最高の信号ソースに焦点を当てるように設計されています。当社は、公開されている情報または再配布を目的として提供された情報のみを使用し、利用可能な場合は常にソース資料または帰属へのリンクを含めます。

結論

Messariは、膨大な範囲の暗号プロジェクトとコインに関する高品質のデータと分析を提供するための優れたプラットフォームです。プラットフォームは完全に完璧ではなく、無料でもありません。したがって、Messariのサービスを使用したい場合は、それがあなたにとってお金の価値があるかどうかを評価してください。

🔺免責事項:投稿内の情報は財務上のアドバイスではなく、一般的な情報提供のみを目的としています。暗号通貨の取引は非常に危険です。あなたがこれらのリスクを理解し、あなたがあなたのお金で何をするかについて責任があることを確認してください。

続きを読む:LunarCrushとは| 暗号取引にLunarCrushを使用する方法

読んでくれてありがとう!

What is GEEK

Buddha Community

 iOS App Dev

iOS App Dev

1620466520

Your Data Architecture: Simple Best Practices for Your Data Strategy

If you accumulate data on which you base your decision-making as an organization, you should probably think about your data architecture and possible best practices.

If you accumulate data on which you base your decision-making as an organization, you most probably need to think about your data architecture and consider possible best practices. Gaining a competitive edge, remaining customer-centric to the greatest extent possible, and streamlining processes to get on-the-button outcomes can all be traced back to an organization’s capacity to build a future-ready data architecture.

In what follows, we offer a short overview of the overarching capabilities of data architecture. These include user-centricity, elasticity, robustness, and the capacity to ensure the seamless flow of data at all times. Added to these are automation enablement, plus security and data governance considerations. These points from our checklist for what we perceive to be an anticipatory analytics ecosystem.

#big data #data science #big data analytics #data analysis #data architecture #data transformation #data platform #data strategy #cloud data platform #data acquisition

Gerhard  Brink

Gerhard Brink

1620629020

Getting Started With Data Lakes

Frameworks for Efficient Enterprise Analytics

The opportunities big data offers also come with very real challenges that many organizations are facing today. Often, it’s finding the most cost-effective, scalable way to store and process boundless volumes of data in multiple formats that come from a growing number of sources. Then organizations need the analytical capabilities and flexibility to turn this data into insights that can meet their specific business objectives.

This Refcard dives into how a data lake helps tackle these challenges at both ends — from its enhanced architecture that’s designed for efficient data ingestion, storage, and management to its advanced analytics functionality and performance flexibility. You’ll also explore key benefits and common use cases.

Introduction

As technology continues to evolve with new data sources, such as IoT sensors and social media churning out large volumes of data, there has never been a better time to discuss the possibilities and challenges of managing such data for varying analytical insights. In this Refcard, we dig deep into how data lakes solve the problem of storing and processing enormous amounts of data. While doing so, we also explore the benefits of data lakes, their use cases, and how they differ from data warehouses (DWHs).


This is a preview of the Getting Started With Data Lakes Refcard. To read the entire Refcard, please download the PDF from the link above.

#big data #data analytics #data analysis #business analytics #data warehouse #data storage #data lake #data lake architecture #data lake governance #data lake management

Cyrus  Kreiger

Cyrus Kreiger

1618039260

How Has COVID-19 Impacted Data Science?

The COVID-19 pandemic disrupted supply chains and brought economies around the world to a standstill. In turn, businesses need access to accurate, timely data more than ever before. As a result, the demand for data analytics is skyrocketing as businesses try to navigate an uncertain future. However, the sudden surge in demand comes with its own set of challenges.

Here is how the COVID-19 pandemic is affecting the data industry and how enterprises can prepare for the data challenges to come in 2021 and beyond.

#big data #data #data analysis #data security #data integration #etl #data warehouse #data breach #elt

Macey  Kling

Macey Kling

1597579680

Applications Of Data Science On 3D Imagery Data

CVDC 2020, the Computer Vision conference of the year, is scheduled for 13th and 14th of August to bring together the leading experts on Computer Vision from around the world. Organised by the Association of Data Scientists (ADaSCi), the premier global professional body of data science and machine learning professionals, it is a first-of-its-kind virtual conference on Computer Vision.

The second day of the conference started with quite an informative talk on the current pandemic situation. Speaking of talks, the second session “Application of Data Science Algorithms on 3D Imagery Data” was presented by Ramana M, who is the Principal Data Scientist in Analytics at Cyient Ltd.

Ramana talked about one of the most important assets of organisations, data and how the digital world is moving from using 2D data to 3D data for highly accurate information along with realistic user experiences.

The agenda of the talk included an introduction to 3D data, its applications and case studies, 3D data alignment, 3D data for object detection and two general case studies, which are-

  • Industrial metrology for quality assurance.
  • 3d object detection and its volumetric analysis.

This talk discussed the recent advances in 3D data processing, feature extraction methods, object type detection, object segmentation, and object measurements in different body cross-sections. It also covered the 3D imagery concepts, the various algorithms for faster data processing on the GPU environment, and the application of deep learning techniques for object detection and segmentation.

#developers corner #3d data #3d data alignment #applications of data science on 3d imagery data #computer vision #cvdc 2020 #deep learning techniques for 3d data #mesh data #point cloud data #uav data

Uriah  Dietrich

Uriah Dietrich

1618457700

What Is ETLT? Merging the Best of ETL and ELT Into a Single ETLT Data Integration Strategy

Data integration solutions typically advocate that one approach – either ETL or ELT – is better than the other. In reality, both ETL (extract, transform, load) and ELT (extract, load, transform) serve indispensable roles in the data integration space:

  • ETL is valuable when it comes to data quality, data security, and data compliance. It can also save money on data warehousing costs. However, ETL is slow when ingesting unstructured data, and it can lack flexibility.
  • ELT is fast when ingesting large amounts of raw, unstructured data. It also brings flexibility to your data integration and data analytics strategies. However, ELT sacrifices data quality, security, and compliance in many cases.

Because ETL and ELT present different strengths and weaknesses, many organizations are using a hybrid “ETLT” approach to get the best of both worlds. In this guide, we’ll help you understand the “why, what, and how” of ETLT, so you can determine if it’s right for your use-case.

#data science #data #data security #data integration #etl #data warehouse #data breach #elt #bid data