Laravelで2つの日付間の日数を数える方法

このチュートリアルでは、Carbon ライブラリを使用して、Laravel で 2 つの日付間の日数をカウントする方法を学びます。2 つの日付の差を日、週、月、年で取得する方法について説明します。チュートリアルが終わるまでに、Laravel で 2 つの日付の差を簡単に計算できるようになります。

Carbon は、日付と時刻を操作するためのシンプルかつ表現力豊かな方法を提供する PHP ライブラリです。これは Laravel 開発者の間で人気のあるライブラリであり、あらゆる PHP プロジェクトで使用できます。

Laravel では、Carbon は自動的にインストールおよび設定されるため、すぐに使い始めることができます。Laravel で 2 つの日付の間の日数をカウントする例をいくつか示します。

例:

1. Laravel で 2 つの日付間の日数を数える

<?php
  
namespace App\Http\Controllers;
  
use Illuminate\Http\Request;
use Carbon\Carbon;
  
class DateController extends Controller
{
    public function index(Request $request)
    {
        $toDate = Carbon::parse("2022-11-20");
        $fromDate = Carbon::parse("2022-11-24");
  
        return $toDate->diffInDays($fromDate);  
    }
}

2. Laravel で 2 つの日付の間の月を数える

<?php
  
namespace App\Http\Controllers;
  
use Illuminate\Http\Request;
use Carbon\Carbon;
  
class DateController extends Controller
{
    public function index(Request $request)
    {
        $toDate = Carbon::parse("2022-01-01");
        $fromDate = Carbon::parse("2022-11-01");
  
        return $toDate->diffInMonths($fromDate);  
    }
}

3. Laravel で 2 つの日付間の年数を数える

<?php
  
namespace App\Http\Controllers;
  
use Illuminate\Http\Request;
use Carbon\Carbon;
  
class DateController extends Controller
{
    public function index(Request $request)
    {
        $toDate = Carbon::parse("2021-11-20");
        $fromDate = Carbon::parse("2022-11-24");
  
        return $toDate->diffInYears($fromDate);  
    }
}

4.Laravelで今日の日付から指定された日付までの日数を数える

<?php
  
namespace App\Http\Controllers;
  
use Illuminate\Http\Request;
use Carbon\Carbon;
  
class DateController extends Controller
{
    public function index(Request $request)
    {
        $buyDate = Carbon::parse("2021-11-20");

        return today()->diffInDays($buyDate);  
    }
}

ハッピーコーディング!!!

3.20 GEEK